{道手}{JavaScript の客体}{客体初期化}{ECMAScript 2015}{JavaScript}=}(5)
{JavaScript の客体}{〈console〉}=}(2)
{JavaScript の客体}{JSμ}{JSμ の客体}{広告付き}{素描}=}(5)

{_ 客体 K#F85E/A-CEF1}

JavaScript において特殊な用途で使用されることが多い客体。_ は $ と並んで問題なく使える識別子であるため,$ 客体 の代替として使われる場合がある。Underscore.js が有名。

$ 客体同様,主要なライブラリでは競合を避けるための手段が用意されている。Underscore.js の _.noConflict() など。

JSμ では「_.」を蛇頭と呼ぶ。

=}
{JavaScript の客体}{広告付き}{素描}=}(3)

{$ 客体 K#F85E/A-15B1}

JavaScript において,フレームワーク ライブラリの類が使用することが多い客体。

$ は JavaScript において識別子に使えるそれ自体に特別な意味はない記号だが,簡潔かつ特殊な客体であることが分かりやすいという{利点 #F85E/A-71F8}があり,{prototype.js #F85E/A-22A2} や {jQuery #F85E/A-9566} といった代表的なライブラリが利用している。

その反面,競合の原因になるため,主要なライブラリでは $ の使用を避けるための手段が用意されているjQuery.noConflict() など)

=}
{JavaScript の客体}{〈window〉}{広告付き}{素描}=}(4)
{JavaScript の客体}
{}