{希哲15年8月31日の開発}{上手く解決}{残さない}{元画像}{転送効率}{保存効率}{又出与え}{希哲15年8月31日の進捗時限}{希哲15年8月31日の進捗}{添付画像}...=}(42)

{希哲15年8月31日12歩 K#F85E/A-E74C-722D}

譜類添付機能における添付画像仕様検討終了

保存効率転送効率観点から,原則として,画像WebP変換することにした。元画像参照出来た方がいいかもしれないとも思っていたが,効率を大きく犠牲にしてまでやる意義はないだろう。

また,Exif も原則として削除することにした。これも迷っていた所だが,無闇情報残さないという考え方の方が描出公開原則調和することに気付いた

cwebp出放り又出与えを削除するため,一石二鳥実装単純化出来る。

また一つ課題上手く解決した。

{あれ}{不思議な道程}{9年後}{再組織化}{回復機能}{9年前}{脳任せ}{間違ったこと}{勝手なこと}{起こりうる}...=}(93)

{希哲15年8月24日の日記 K#F85E/A-E74C-501C}

そろそろ新生デライト実装作業本腰を入れないとまずい,と今後の組計をざっと見通してみて,少し驚いた

9月中に決着をつける10月延長戦持ち込むかを9月10日に決めるとして,残り17日間今月雑務処理明日1日使うため,実質16日間ある。今月初めから実装作業没頭して9月中頃に新生デライトの完成という見通しだったことを考えるとずいぶん圧迫されたようだが,不思議とまだゆとり感じている

作業方針組計整理開発環境整備や諸検討大きな進展等々によって,月初とは比べ物にならないほど新生デライト開発見通しが良くなっているからだろう。今月の雑務処理にしても,月初には5日程度を見ていたが1日短縮出来た。ちょうど過ごしやすい季節になりつつあり,これまでが良い夏休みだったような気さえしてきた。

この状況なら,今後16日間での新生デライトの完成収益目標達成にも十分期待出来る。多少の計算違いがあっても吸収出来る程度のゆとりもある。現状を踏まえると,完璧に近い組計だ。これを無意識下整えていたと思うと,やはり不思議な気分だ。

多少の懸念はある。ただの事故無視するとしても,まだ脳の暴走起こりうる。とはいえ,勝手なことはよくしても,間違ったことはほぼしなかっただ。想定外方向走るとしたら,それがより良いだからだろうと思える。

最近の「脳任せ」ぶりについて考えていたら,デルンの実用化を果した頃のことを思い出した9年前の今頃も,もう意識的整理出来ない情報詰め込み,「決壊」させ,生理的回復機能利用して再組織化させようとしていた。

その混沌からデルン誕生したわけだが,9年後にこんな形で希哲館事業発展しているとは想像出来なかった。そういう意味では,ずっと不思議な道程で来ている。想定外なんて今更な話だった。

かつての成功体験思い出したことも,良い兆候だと思っておこう。

{最新}{情報}=}(2)
{御しやすい}{希哲15年8月24日}{考え尽くした}{救われてきた}{何度となく}{上手く行っている}{追いつかない}{乗っている}{良くなっている}{気持ちのゆとり}...=}(75)

{希哲15年8月23日の日記 K#F85E/A-E74C-979F}

開発では全知検索整備についての検討急進展し,新生デライト全文検索など一通り検索機能盛り込める見通しとなった。

新生デライト開発デライト収益目標達成も,日に日に展望明るくなり,期待感も高まっているが,一方で,不思議な不安もある。

これは恐らく,意思思考齟齬の大きさによるものだろう。今月は,先月まとまった新生デライトの要件実装する作業没頭するつもりだった。ところが,実際にはここまで検討作業がやたら捗るばかりで,実装作業はほとんど進んでいない

振り返ってみれば,無闇手を動かすより考えるべきこと多かったのも確かだ。それによって困っているかというと,まだ気持ちのゆとりもあり,総合的状況はむしろ良くなっているようにすら思える

結局,意識出来ないほど膨大情報を,意識が追いつかない速さ処理させているということなのだろう。これだけ想定外のことをしていながら,なぜ上手く行っているのか,もはや自分でも分からない

今日の全知検索整備検討にしても,やろうと思って始めたわけではなく,なんとなく考え始めたするするまとまった。本当は輪郭選り手整備を進めたかったが,結果をみれば確かにこれで良かったと認めざるをえない。

こんなことは過去にも何度となくあったし,それに救われてきた。しかし,景色がどれだけ良くなっていようと,何度経験していようと,全く自分言うことをきかない乗っているのは不安なものだ。ましてやこれまでにない山場でだ。とにかく心臓に悪い

そろそろ考えるべきことはほぼ考え尽くしたはずなので,明日にはもう少し御しやすいになっていることを願う

=}
{VCS}{相性が悪い}{希哲15年8月20日のツイスト}{希哲15年8月20日}{デライト}{ツイスト}{管理}{開発}{Git}{情報}=}(10)
{遠象性}{目指している}{近象性}{引き出せる}{動物の脳}{近象的}{進化生物学}{重要度}{ピクトグラム}{雑音}...=}(49)

{近象的であることについて K#F85E/A-E74C-4C23}

近象的であることが良いというよりも,現象遠近適切利用した方が良いとは言えると思います。

進化生物学的に考えれば,動物の脳は,状況に合わせて生存最適行動を取るための情報処理を担っているはずです。要は,情報優先順位を付けて,重要度の高い情報をすぐに引き出せるように出来ています。重要な情報は近くに,瑣末な情報は遠くに置いているとも言えます。この情報遠近法を形にしたのがデライト輪郭法です。

この輪郭法は希哲社の「知機」開発プロジェクト核心ですが,一部です。

例えば,今の一般的なコンピューターUI では,何かの目的に対し,ユーザーがアプリを選んで対応します。これは十分に近象的ではなく,雑音が多すぎます。「○○がしたい」という時に,「○○を実現してくれる××を使う」のではなく,「○○を使う」と考えられるのが近象的な UI です。

具体的には,統一感の無い絵柄アイコン固有名詞ではなく,ピクトグラムのように体系化されたアイコンで,目的を直接的に表現します。コモディティ化したアプリの仕様の大枠はプラットフォームが決め,サードパーティーはその実装を競作するか,実験的なアプリの提供を行い収益を得ます。

こうした試みは無かったわけではなく,Apple も方向性としてはそれに近いことをやろうとしていますが,突き詰めればこういう形になっていくと予想しています。

CLI でも似たようなことが言えます。例えば,「ファイルを全文検索したい」という時に find と何々を組み合わせて……と考えるのは近象的ではありません。grep -r も grep が固有名詞なので近象的ではありません。理想を言えば find 'foo' と書けるべきでしょう。

知機 Unix 相互運用標準」として希哲館が策定している Synx では,同じことが交度英語fnd 'foo' と書けます。一般の Unix コマンドと区別するため kn fnd 'foo' とも書けます。

要するに,ユーザーが頭に思い描いたことと,UI の言語体系との間に距離が無いことが,工学における近象性です。この点で現在の多くの UI には課題があると感じています。

今の UI は迂遠なことが多いので主に近象性が課題になりますが,もちろん,より複雑・詳細な表現に対応する遠象性も適切に扱える必要があります。

UI が理想的な近象性を実現した時,物理的接続しなくても,十分に脳とシームレスに繋がるコンピューターが実現出来ることになります。これを「知機」と呼んでいます。デライトも含めて,それこそ私が目指していることです。

{〜料}{情報}=}(2)
{書誌}{情報}=}(2)
{情報}
{}