{心地良い疲労感}{整理しておくべき}{怪しげ}{なりつつある}{大きな展望}{題して}{希哲館事業}{希哲16年5月14日}{希哲16年5月13日}{輪郭整備兼一日一文}...=}(63)

{希哲16年5月14日の日記 K#F85E/A-E74C-A07D}

{落として}{良い区切り}{果すべき}{不完全さ}{気もしている}{陥りつつある}{整理しやすくなった}{詰め込まない}{固まりつつある}{具体的なイメージ}...=}(72)

{希哲16年4月20日の日記 K#F85E/A-E74C-060F}

だんだん調子が上がってきた

時間的余裕のあった3日時点ではぼんやりしていたが,ここに来て第四次宣伝攻勢具体的なイメージ固まりつつある

新生デライトの完成6月目標にしているため,いずれにせよ不完全状態での第四次宣伝攻勢開始となる。機能追加に関してはある程度割り切り,開発組計予告しつつ同時進行させればいいとして,高速化文書整備はやはり十分に進めておく必要がある

高速化兼ねた Cμ 文字列処理改良までは予定通り進め高速化KNEST 隠し実装文書整備という順序行くことにした。余裕があれば描写渡括輪郭小窓公開設定機能といった機能整備着手したいが,そこはあくまでも加点要素として,無理に詰め込まない

第四次宣伝攻勢最初に果すべき目的は,完璧なデライト十分なデライト見せることではなく,デライトの可能性見せることだ。宣伝攻勢終わりについては決めていなかったが,そう考えると,新生デライトの完成良い区切りになるのかもしれない。その後は,ペース落として日常化か。

新生デライトの完成目指せるようになり当努整理しやすくなった面も大きいが,また悪しき完璧主義陥りつつある気もしている。もう少し不完全さ寛容にならないと無駄に疲弊するので,良い意味気楽に行く

{要素}

{}