{希哲前109年没}{希哲前177年生}{日本のカント研究}{明六社}{西時義}{養老館}{貴族院議員}{現代日本語}{石見国津和野}{ライデン大学}...=}(13)

{西周 K#F85E/A-40A7}

にし あまね。石見国津和野出身。津和野藩。祖父は森高亮,父は西時義森鴎外従甥にあたる。

1829年3月7日生〜1897年1月31日没。

藩校・養老館で学ぶ。1862年から1865年まで,幕命でオランダライデン大学に留学した。

明治時代の啓蒙家であり,西洋の学術用語に対する訳語を数多く造った。現代日本語における学術用語の基礎部分は,西の訳語に依存するといっても過言ではない。

蕃所調所に所属,徳川慶喜の政治顧問を務め「軍人勅諭」の起草に関わった。貴族院議員でもある。

明治を代表する文学者である森鴎外の親戚にあたり,鴎外によって『西周伝』が記されている。

参考

(人物について)

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/denshi/g_works/gw02_nishi.pdf

{希哲館}{一日一文}{開発}{希哲館訳語}{英語}{握接}{明治時代}{デライト}{希哲15年5月の一日一文}{外来語翻訳}...=}(52)

{日本の第二次大翻訳時代に向けて K#F85E/A-E74C-9D63}

そろそろ希哲館翻訳事業についても何か書いておこうと思いデライトくぐっていると,6年以上前に書いた懐しい文章(「翻訳とは何か」)を見つけた。当時の私の「第二次大翻訳時代」への意気込みが伝わってくる。

当時はまだそれほど蓄積が無かった希哲館訳語も今や「日本語史上最大の翻訳語体系」と称するまでになり,自ら開発するデライト翻訳語研究にはこれ以上ない通類ツールになっている。ここで改めて,第二次大翻訳時代への思いを記しておきたい。


日本にも「大翻訳時代」と呼ぶべき時代があった。言うまでもなく,膨大な外来語翻訳された江戸時代後期から明治時代にかけてのことだ。この時代に生まれた翻訳語現代日本語に欠かせないものになっている。

そんな日本語も,どこで何を間違えたのか,カタカナ外来語で溢れかえるようになってしまった。時代の流れが速いから翻訳語なんか造っても意味が無い,とやってもみずに言う者が多い風潮に逆らって,私は翻訳活動を続けてきた。

そうしていると,「何で翻訳語なんか造ってるの?」と言われたりする。今我々が当たり前のように使っている日本語にどれだけの翻訳語が含まれているか,知らないわけではないだろう。ではカタカナ語満足しているのかというと,「カタカナ語の氾濫」はたびたび社会問題のように語られる。それでも,「なら翻訳してやろう」という運動は無いに等しい。

昔から,独自に翻訳語を造ってみようという人はいて,私もいくつか例を知っているが,その全てが世間には全く知られていない。そういう運動を誰かが始めてみても,一向に火が付かないのだ。そして自然消滅のように消えていく。これは面白いといえば面白い現象だ。

私もその運動を始めた一人だが,翻訳語についての話というのは本当にウケが悪い。ブログ記事のようなものを書いても握接アクセスが集まることは無いし,Twitter のような所でつぶやいてみても反応はほぼ無い。まさに「しーん」という感じだ。

ただ,私はそれもこの仕事のやりがいだと思っている。いかに現代日本人にとって外来語翻訳というのが難しいことか,それを思い知らされるほど,その難しいことをやってこれたことに対する自負誇りも大きくなる。

これからも希哲館は,この日本知識産業革命実現し,日本語英語に代わる「世界の言語」とすべく翻訳語整備を進めていく。そして,世界史を変えた「知恵の館バイト・アル=ヒクマにも劣らない翻訳事業にしたいと思っている。

=}
{整備}{翻訳語}{克服}{世界}{日本人}{日本}{重視}{開発者}{日本語}{問題}...=}(13)
{社会的距離}{ソーシャル ディスタンシング}{希哲14年4月1日のツイスト}{希哲14年4月1日}{翻訳文化}{ツイスト}{偉い}{翻訳語}{複雑}{翻訳}...=}(11)
{落語の名跡}{現代日本語}{言文一致}{広告付き}{落語家}{日本語}=}(6)

{三遊亭圓朝 K#F85E/A-CCC5}

三遊亭圓朝(さんゆうていえんちょう)は,落語家の名跡である。

初代は言文一致体を確立し,現代日本語に多大な影響を与えた。

=}
{現代日本語}

{}