{揺さぶられ方}{希哲15年9月3日のツイスト}{希哲15年9月3日}{石倉洋子}{世間}{ツイスト}{失望}{極端}{過度}{露呈}...=}(19)
{希哲15年7月の一日一文}{死ぬまで}{鳴かず飛ばず}{世に出た}{不思議な人}{数学の教科書}{数学塾}{特殊な環境}{助けられる}{特別な力}...=}(139)

{希哲館はなぜ潰れないのか? K#F85E/A-E74C-9EBB}

一日一文という日課再開して3ヶ月経ち,希哲館事業についてもだいぶ伝えやすくなったと感じている。

この希哲館事業も,11月1日14周年を迎える。もっと遡って,17歳の時の「閃き」を原点とするなら,もう20年近い歴史がある。今まさにデライト収益目標達成に向けて大詰めという時期だが,これだけ長い間,まともな収益がなく事業が存続してきたことには,いくつかの理由がある。

覚悟

まず,「日本はどう逆転するか」や「私の政治思想」などを読めば分かるように,希哲館事業構想は,「人類史上最大の事業構想」と言っても過言ではない無謀の極みであり,当然ながらその自覚絶望から始まっている。

希哲館事業の可能性気付いた17歳の私は,その過程にある,あらゆる困難想像し,絶望と戦うことになった。

この前年,アメリカ同時多発テロ事件があった。希哲館事業の根底には,あらゆる宗教,あらゆる思想を越えて世界連帯させうる“新しい価値観”への世界的要請があったように思う。

今となっては笑い話に近いが,そんな世界情勢もあり,私は,イスラム過激派にでも捕まって自分が生きたままを斬られたり,日本を追われて世界放浪したりするのではないか,そんなことまで想像していた。そんな極限状態でもこの事業を育てるために,あらゆることを考えた

閃きから5年後,私はあらゆる困難と戦う覚悟を決め,希哲館事業を始めた。全ての,自分以外の全ての人間敵に回すかもしれない,人生の全てをかけた努力が全く報われないかもしれない。それでも自分はこの事業尽力しよう。そういう覚悟だ。

希哲館館章竜胆蛍」は,この絶望的暗闇に飛び出す一匹を模したものだった。希望儚い光であり,滅びの美学のような,私の人生観覚悟象徴するものでもあった。

それから14年近く経つが,想像していたような貧苦迫害もなく,この日本社会ぬくぬく楽しくやってこれてしまった。稼げなくても大して困らず,あの覚悟のおかげで,むしろぬるま湯のように感じていた。

環境

希哲館事業を始めたばかりの20代の私には,自分の5年先の人生が全く想像出来なかった。20歳ちょっとの時は25歳くらいで死んでいるだろうと思っていたし,25歳くらいの時は30歳まで生きていないだろうな,と思っていた。いま私は36歳だが,健康そのものだ。

家族にも親戚にも見放され……というようなことも覚悟していたが,そんなこともなく,関係は割と良好だ。

もっと若い頃の私は,端的に言って「極度の世間知らず」だった。希哲館事業なんてものを始められる人間は,日本どころか世界を見渡してもまずいない。それが出来るのだから,何か自分には特別な力が宿っているのではないか,などと思っていた。自分は矢吹丈みたいなものだと思っているくらい,環境というものを無視していた。

散々周囲に助けられ世間について知るごとに,そういう考えは出来なくなった。どんなに覚悟があり性格が向いていても,この特殊な環境が無ければここまで来れなかっただろう。

性格

最近,父親と話すことが増え,に似た性格希哲館事業を続けていられる小さくない要因だなと思う。

父は子供の頃から数学が好きで,埼玉大学数学科に入ったものの学生運動ごたごた中退,その後は情技(IT)起業してみたり色々あり,いま70歳を越えているが,画期的数学の教科書を作って数学塾を開こうと奮闘している。

いつまで経っても金を稼ぐのが苦手で,ぼろぼろになりながら夢追い人を続けているような人だ。なけなしの貯金デライト出資してくれるような不思議な人でもある。

そんな父を見ていると,70歳80歳になっても希哲館事業を続けている自分が容易に想像出来てしまう。

私も,もう希哲館事業について考え始めてからの人生の方が長い。デライトで多少世に出た感はあるが,それはつい去年のことだ。仮にデライトがずっと鳴かず飛ばずだったとしても,死ぬまでこんなことを続けているのだと思う。

{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{高度非言語思考}{真似する}{追い込まれた}{至難の業}{普通に生きる}{精神的混迷}{危険な行為}{思考の自由}...=}(41)

{高度非言語思考の落とし穴 K#F85E/A-E74C-E202}

昨日,高度非言語思考について書いたが,これには落とし穴がある。

言語を伴う思考というのは,いわば他人との“キャッチボール”だ。意思疎通出来る範囲内で,他人に伝わるように考えを組み立てていく。それは制約でもあるし,社会生活をしていく上で必要なことでもある。

高度非言語思考は,そういった社会性放棄して思考の自由手に入れる手段だ。出家するならまだしも,普通に社会生活を送ろうとする者にとっては危険な行為でもある。

私はそれによって輪郭法を手に入れているが,それからしばらく精神的混迷に陥った。世間の人とは全く違う精神を持ってしまうと,まず「普通に生きる」ということが不可能に近くなる。かといって,これを活かして生きるというのも至難の業だ。その狭間んだ挙句,自殺寸前まで追い込まれた

もっとも,こうして語る人間がいてそれを真似するのと,何の手掛かりもなく一人で抱えてしまうのとでは危険性も大分違うだろう。希哲館灯台のようなものだ。

一応,経験者として,安易に真似することはおすすめしない。

=}
{世間}=}(1)
{KNEST 隠し実装}{一日一文}{日中}{希哲15年5月の月記}{全知検索について}{理想の一日}{理想の睡眠時間}{10歩台後半}{活動内容}{考えた}...=}(105)

{希哲15年5月8日の日記 K#F85E/A-E74C-872A}

今日は普通に執務をこなすつもりだったが,昼頃になってもいまいち調子が上がらず,息切れ感を覚えたため半休にした。一昨日の半休と合わせて今週分休養とする。

単純に疲労の蓄積もあるだろうが,KNEST 隠し実装作業範囲想定以上に広がり,かなり大掛かりになりそうなこと,朝の一日一文重い題材を選んでしまったこと,ちょっとした事務上問題発生したことなどが重なり,頭の中渋滞していた気がする。


昨日朝の一日一文は,頭の準備運動にもなり非常に感触良かった

しばらく夕方頃に気分転換のつもりでやってみた一日一文だが,ちょうど開発宣伝切り替え時であまり落ち着ける時間帯ではなかった。気分転換どころか,詰め込みがちになり気持ち乱れてしまうことが多い。

頭の準備運動と,一日の行動を変えうる思考の整理を兼ねて朝の一日一文を書き,その一日を日記振り返る,というのが一番合理的かもしれない。

ただ,今日は「全知検索について」という比較的重い題材から入ってしまったせいか,書き切れなかった。途中で題材を変えようとしたが,この日記が長くなりそうなので止めておいた。


晩の散歩中,なんとなく子供の頃によく通っていた模型店に入ってみた。店の前は散歩などでよく通っていたが,入るのはいつぶりか分からない。最後にはっきりとした記憶があるのは20年ほど前のことだ。

ずいぶん懐かしいのだろうなと思って入ってみたが,不思議と,ここに遊びに来ていたのがついこの間のことのように感じられた。4日の散歩でも,子供の頃によく遊んでいた神社境内を久しぶりに歩いてみたが,似たような感覚だった。

童心に返っているのか,返りたがっているのか,これがどういう心境の変化なのか,自分でもよく分からなかった。

店を出て,そんなことを考えながら歩いていると,乱為ランダム再生していたスマートフォンからちょうどその当時流行っていた曲が流れ出し,妙に楽しい気分になってきた。

ここで,その頃が自分にとって世間から離れる“岐路”だったことに気付いた。そして,デライトの成功というのが,このおよそ半世紀に渡る長い長い旅から意味持って帰る帰路”であることにも気付いた。帰りたいし,帰っているのだ。

そう思えることがとても嬉しく,持ち辺にまた潤いが与えられたような気がした。今はまだ「成功確実」の状態に過ぎないが,これを名実ともに「凱旋」にしたい,という思いが溢れてきた。

今日は疲れ癒やすだけで終わる日になるかと思ったが,思いがけず大きな収穫を得て,充実した一日となった。


睡眠時間についても少し考えた

最近は7時間睡眠程度を目標調整していたが,やはり少し足りないのかもしれない。8時間睡眠と比べて寝起き顔色が優れず,日中眠気に襲われることが多い。

経験からいっても,8時間睡眠が自分には向いているのではないかという気はしていた。睡眠時間は個人差に加えて一日の活動内容によるところが大きい。しいて「理想の睡眠時間」があるとすれば,「理想の一日」に調和するものだろう。

概ね今の生活律動10歩台後半進捗維持することを理想とするなら,8時間睡眠が最適解に近いと言えそうだ。

早速,今晩から調整に入る。

=}
{希哲15年5月の月記}{希哲15年5月4日}{デライト宣伝}{デライト高速化}{黄金週間}{年度始め}{問題ない}{15歩}{希哲15年5月1日}{デライト収益目標達成}...=}(41)

{希哲15年5月4日の日記 K#F85E/A-E74C-83C6}

17時前に11歩まで終え,22時前に一日のまとめに入ることが出来た。何とか目標15歩にも届き,昨日の今日でここまで理想生活律動に近付ければ上出来だ。

そろそろ黄金週間後も見据えなければならないが,基本的にはこのまま良好な生活律動を保ち,高速化を中心としたデライト開発宣伝攻勢車の両輪で進めて問題ないだろう。いずれにせよ,総合的にこれ以上生産性の高い態勢は考えにくい。

このあいだまで収益目標達成必達期限5月1日としていたから黄金週間重視していたが,今となってはそこに拘る必要は無い。重要なのは,世間年度始め慌しさから落ち着くことであって,その節目が黄金週間だったというだけのことだ。

デライト宣伝初期調査とこれまでの経験から,平日休日の差は頂帯の広さ以外ほとんど無いと考えている希哲14年9月12日の日記13日の日記。恐らく黄金週間後に宣伝の効果が落ちることは無いだろう。

=}
{新生デライト}{一日一文}{希哲15年4月の月記}{発信媒体}{デライト収益目標}{デライト一日一文}{一日一文の再開}{希哲15年4月下旬}{黄金週間}{年度始め}...=}(65)

{希哲15年4月1日の日記 K#F85E/A-E74C-646E}

寝不足も続き,いつ疲労感に襲われてもおかしくない状況だが,絶好調だった。

先月20日頃まで,この日にはデライト収益目標を達成し,デライトの春希哲館の春にしたいなどと思っていた。収益目標未達だったが,ここ一週間,美しい桜並木を見ながら,思い描いた通りのの訪れを感じていた。代わりに得たものがそれだけ大きかったということだろう。

今を仮に「希哲館累新期」と呼び始めた1月にそれほどの確信は無かったが,希哲館本館構想具体化を経て,今まさに「希哲館累新」が起きていることを確信した。竜力竜虎計画など初期の構想についても久しぶりに思い出していた。

希哲館事業構想は,輪郭法閃きから生まれたものだ。その輪郭法をに変えるデライトによって希哲館事業可能性が広がるのは必然なのだろう。

10日までに新生デライトをある程度の形にし,20日までに諸調整仕上げを終え,年度始めから黄金週間に向けて世間が少し落ち着く下旬第三次宣伝攻勢を仕掛けたい。

第三次宣伝攻勢も,先月デライト開発快調を受けて変容した。短期間集中して,印迫最大化することを考えるようになっている。これは一夜革命そのものだ。「デライト一夜革命」を第三次宣伝攻勢の定問とすることにした。一夜城たるデライトの品質自信が持てなければ考えられないことだった。


デライト一日一文」として一日一文の再開も考え始めた。

一日一文デライト正式離立から間もなく完全に途絶えていた。単純に忙しかったということもあるが,発信媒体としてのデライトがあらゆる意味で不安定貧弱だったということも大きい。今のデライトなら効果的発信出来るだろう。

短期集中生活中に無理をしてやることでもないので,余裕の出来た時期に始めたい。

2日振り返り日記

{新生デライト}{気分的}{希哲15年4月下旬}{黄金週間}{年度始め}{年度末}{希哲15年3月25日}{希哲15年3月24日}{希哲15年4月中旬}{希哲15年5月1日}...=}(45)

{希哲15年3月25日の日記 K#F85E/A-E74C-DB96}

気分的4月1日を一つの節目にしたいと思っていたが,考えてもみれば,世間では年度末忙しい人が多い時期だ。気持ちゆとりが無ければデライトのようなものを試せるはずもなく,宣伝攻勢には全く適していなかった。

奇しくも,デライト収益目標達成努力期限を単純に1ヶ月延期しただけの5月1日ゴールデンウィーク3日目で,開発集中することにしていた4月中旬までを過ぎれば年度始め慌しさが落ち着き始める。このことにも気付いていなかった。

4月中旬までに新生デライト完成させ,下旬までには第三次宣伝攻勢開始5月1日までには結果を出す……これが計らずも最適組計になっていたわけだ。黄金循環から黄金週間へ,というのも出来過ぎている感があるが,まあ持ち辺のために青写真は出来過ぎているくらいで良い。

寝不足気味が続いている上に昨日目まぐるしい進展があり,若干の気疲れを感じていたため,今日は今週分の休日にした。状況もよく整理出来たので,ここでいったん呼吸を整えたい。

{デライト宣伝}{希哲14年9月の月記}{希哲14年10月25日の日記}{あれ}{その時}{「関心はあるけど買わないよ」}{「面白そうだけどやらないよ」}{希哲14年9月9日}{面白そう}{Roam Research}...=}(62)

{希哲14年9月9日の日記 K#F85E/A-5B28-9398}

今日からデライトの開発宣伝を半々で進めるつもりだったが,宣伝で試したいことが溜まっていたのと思ったより体力が残っていなかったことで開発作業にはほとんど時間を割けなかった。

とはいえ,これまで開発に想定以上の時間をかけ宣伝期間を圧迫してきたのだから,結局釣り合いは取れたのかもしれない。今やっておきたいことは概ね出来たので,明日は利用者設定自我設定)の作業に入れるだろう。

デライトへの反応は相変わらず悪くないが,その反応に十中八九含まれる「面白そう」という言葉がやはり引っかかっている。むしろこれが面白いくらいに決まって使われる言葉になっている。これまでのデライトと世間との隔りを考えれば,これはこれで大きな達成であり,嬉しくもあるが,今のデライトの中途半端さを象徴する言葉のようにも思えてきた。

面白そう」を「面白い」に変えられなければデライトに成功は無い,と思うと,両者の間にはまだまだ距離がある。そういう意味では,新規利用者登録自我登録)からの動線整備に時間をかけ,徹底的に始めやすくしたのは正解だったのだろう。

こういう事を考える時によく思い出すのは,吉野彰氏がリチウムイオン電池経験したという「関心はあるけど買わないよ」という現象だ。今のデライトにもまさに「面白そうだけどやらないよ」という実質的に同じ現象がある。新規利用者登録はそれなりにあるが,登録者はほとんど描き出ししていないし,たまにあってもまず継続定着しない。

リチウムイオン電池に起きたような「神風」がデライトに起きるとしたらそれは何か,ということもよく考えるようになった。

奇しくも,数年前から希哲館事業をとりまく機運の高まりを「神風」と表現していたくらいで,思い当たることなら枚挙に暇がない。世界全体がデライト成功させるために動いているのではないかと思うことすらある。ただ,まだ決定的な何かが見えているわけではない。

デライト周辺調査から,Roam Research流行すればそれに乗じてデライトを一気に普及させられると見ていたが,このところ Roam も伸び悩みに入っている感があり,乗れるは来ていない。

楽観的に考えれば,「その時」との待ち合わせに早く着き過ぎてしまったようなもので,遅れて永久機会を失うよりはずっと良い状況であるとも言える。

いずれにせよ,粘り強く開発宣伝を続けながらその時を待つしかない。

{ある程度評価する}{希哲14年9月4日}{希哲14年9月4日のツイスト}{世間}{ツイスト}{全否定}{安倍政権}{賞賛}{過半数}{少数派}...=}(13)
{世間}
{}