{空想的な}{時間を充てる}{本格的に}{変えていなかった}{間違える}{初期設計}{月内達成}{急速に発展}{思えた}{導かれていた}...=}(136)

{希哲15年9月15日の日記 K#F85E/A-E74C-6D50}

昨日KNEST 隠し実装の再開決めたのが寝る頃で,消化不良だったため,今月中間まとめ兼ねて頭の整理をしておくことにした。再開によってデライト収益目標達成展望急に明るくなったような気がしたが,それが何故なのか理解出来ていなかった

そもそも今月に入ってから,新生デライト開発はまたもや不思議な軌道を描いていた。機能整備進めようという意識とは裏腹に,実際には高速化開発環境整備知機駒手整備手定め環境整備デバッグ環境整備多くの時間を割いた。また脱線しつつあるなと感じてはいたが,収穫大きかったので成り行き任せにしていた。これが KNEST 隠し実装の再開繋がったのは,単なる偶然ではなさそうだ。

いま思えば,8月頃からデライト収益目標達成に向けた具体的な道筋がこれまでにない鮮明さで見えてきて,具体的な数字掴めてくるにつれ,一つの不安浮上していた。それは,デライトにおける性能面の課題だった。現実装では,収益目標達成に必要握接量捌けないのは明らかだった。

ただ,これまでの自分なら,そんなことは気にせず問題が起きたらその時に乗り越えればいい,という感覚突き進んでいただろうし,意識の上ではまだそのつもりだった。無意識下でそれに反するような行動をしていたのは,日に日に増していくデライトの成功に対する現実感のせいでもあっただろう。空想的な見通しの甘さ許容出来なくなっていた。

今のデライトは,デライト高速化着実進展によって性能面でも健闘しているが,それは低負荷状態の0.1秒単位でのページ表示速度を上げていくようなもので,握接集中対策への突破口は見えていなかった。

その明らかな理由KNEST 隠し実装停滞であるということと,いまその再開最良の時期訪れていることに気付いた。この時,一気に展望明るくなったように感じた。これまでの不可解軌跡も,ここに導かれていたのだと思えた

現在,高速化機能整備文書整備同時進行させることにしているが,KNEST 隠し実装中断した5月から急速に発展展望が開けていた機能整備文書整備に対し,切り札を失ったままでいたのが高速化だった。ここでそれが復活したわけだ。

KNEST 隠し実装中断したのは,実装方針への迷いからだった。隠し初期設計間違える足枷になりやすく,早まった最適化になりかねない。しかし,7月から8月にかけて新生デライト像が固まったことで実装見通し劇的に改善している。これから機能整備文書整備を進めて集客本格化させようというところで,性能問題での機会損失極力避けたい確かに再開するとしたらこれ以上ない時期だ。


10月中のデライト収益目標達成に向けて組計調整することを決めたのは7日だったが,まだ月内達成可能性も見ていたため,ここまではあえて態勢変えていなかったKNEST 隠し実装の再開という大義名分も出来たところで,本格的に頭を切り替えることにした。

今月後半雑務処理をしっかりこなしたいので外出も多くなる見通しだが,とりあえず,中旬一杯は KNEST 隠し実装開発時間充て様子を見る

16日振り返り日記

{重苦しくなる}{気分が晴れなかった}{掴めた}{十分な睡眠を取る}{短くなっていた}{心理的負担}{誤らせる}{百害あって一利なし}{過度な緊張感}{一番苦しい}...=}(85)

{希哲15年9月12日の日記 K#F85E/A-E74C-69BB}

今週に入り,ますます状況良くなる一方……なはずなのに,妙に気分が晴れなかった理由について考えていた

やはり,デライトの早期成功,引いては希哲館事業の成功もはや夢ではない,というのがかえって重いのだろう。希哲館事業は「人類史上最大の事業構想」なのだから,営利事業として成功することなど歴史的偉業であって,そう簡単に行くわけがない……そんな言い訳開き直りももう出来ない。思えば気楽なものだった。

いまの希哲館事業は,努力次第で十分経営的軌道に乗る状態だ。それが出来ていないということは努力不足だということだ。最近,デライト運営状況に対する自分の見方厳しくなっているし,あれもこれもしなければと気持ちが逸り,それに追い付いていないことに,これまで感じたことのないような焦り悔しさ込み上げてくる

希哲館事業が負っている社会的責任のようなこともよく考えるようになった。これまで全くと言っていいほど利益を生み出さなかった事業にこれだけの時間注ぎ込んでこれたには,身内はもちろん,間接的にも社会にかけてきた多大負担迷惑がある。その歴史も,元を辿れば,かれこれ四半世紀になる。希哲館事業の成功以外では返せない借りだ。

そんなことを考えていれば,否が応でも気分重苦しくなるし,無意識のうちにも自分を追い込みがちになる。ここからデライト収益目標達成までが一番苦しい過渡期なのかもしれない。

ただ,過度な緊張感百害あって一利なしだ。無駄な心理的負担能率が落ち,判断誤らせる。ここからは休息もしっかり取り,意識的心身利楽させることにした。この状況適度な緊張感保つにはそれくらいで丁度良いだろう。睡眠時間平均的短くなっていたため,まずは十分な睡眠を取ることから意識していく。

なんにせよ,得体の知れない感情正体掴めたことは大きな収穫だった。

=}
{向いている}{あれ}{希哲15年9月5日}{希哲15年9月5日のツイスト}{自動保存}{メモサービス}{ツイスト}{中途半端}{無意識}{成否}...=}(17)
{大きく依存}{希哲15年9月3日}{後から付いてくる}{広さより深さ}{十分な収益}{収益が上がる}{動かしようがない}{一見}{寄り付く}{捨て切れない}...=}(125)

{希哲15年9月1日の日記 K#F85E/A-E74C-7706}

実装作業もそれなりに捗ったが,頭の整理もだいぶ進んだ一日だった。幸先が良い

組計整理み,当面組計見通しはさらに改善気持ちにも落ち着きが出てきた。

デライト市場戦略にも大きな進展が見られ,より一貫性が高まった。

なんとなく対 Facebook 戦略について考えていると,用者数30億人に迫る Facebook勝つのに50億人100億人目指すのはあまり賢くないな,という思い沸き起こってきた。

大きな風船量的大国には小さな弾丸質的大国ぶつけるしかない,というのはジパング計画考えてきたことだが,デライトに関しては,量より質という考え方徹底出来ず,まだ爆発的流行による成功という可能性捨て切れずにいた。

超高効率経営があり,安定拡大戦略があり,書き手読み手能力大きく依存する文字献典重視し,日本日本語重視し……と,全体として量より質志向すべき環境整っていた。現に,いまデライト運営なのは,異常なまでに知的好奇心旺盛リテラシー高い日本人用者しか寄り付いていないからだ。国内外から無闇に用者をかき集めていたら,いまごろ破綻している。

輪郭一覧にあるデライト広告も,どちらかといえば一見よりも描き手向けになっている。初期配置を決めてから何度再検討はしたが,ほとんど動かしようがなく,結果的にこうなっている。輪郭そのものに対して広告を付けると,単純描き手読み手双方にとっての快適性損うという問題もあるが,扇情的内容が増えれば増えるほど収益が上がる構造になり,信頼性モラル低下きかねない。

これだけの条件揃っていながら,まだ揺らぎがあった。問題は,こんな広告十分な収益を上げることが可能なのか,確証が掴めていないことだった。これについては先月実証され,最近では,全知検索使い込んでくれる重用者をいかに増やしていくか,という意識が高まっていた。これが最後のピースだった。

ここからは,デライト市場戦略でも,量より質広さより深さという考え方徹底していくことにした。デライト知能増幅メモサービスとしての完成度高めていけば,用者必ず後から付いてくる日本語圏限界に達する時には,世界中の人が日本語ばざるをえないだろう。

2日振り返り日記3日加筆修正

=}
{御しやすい}{希哲15年8月24日}{考え尽くした}{救われてきた}{何度となく}{上手く行っている}{追いつかない}{乗っている}{良くなっている}{気持ちのゆとり}...=}(75)

{希哲15年8月23日の日記 K#F85E/A-E74C-979F}

開発では全知検索整備についての検討急進展し,新生デライト全文検索など一通り検索機能盛り込める見通しとなった。

新生デライト開発デライト収益目標達成も,日に日に展望明るくなり,期待感も高まっているが,一方で,不思議な不安もある。

これは恐らく,意思思考齟齬の大きさによるものだろう。今月は,先月まとまった新生デライトの要件実装する作業没頭するつもりだった。ところが,実際にはここまで検討作業がやたら捗るばかりで,実装作業はほとんど進んでいない

振り返ってみれば,無闇手を動かすより考えるべきこと多かったのも確かだ。それによって困っているかというと,まだ気持ちのゆとりもあり,総合的状況はむしろ良くなっているようにすら思える

結局,意識出来ないほど膨大情報を,意識が追いつかない速さ処理させているということなのだろう。これだけ想定外のことをしていながら,なぜ上手く行っているのか,もはや自分でも分からない

今日の全知検索整備検討にしても,やろうと思って始めたわけではなく,なんとなく考え始めたするするまとまった。本当は輪郭選り手整備を進めたかったが,結果をみれば確かにこれで良かったと認めざるをえない。

こんなことは過去にも何度となくあったし,それに救われてきた。しかし,景色がどれだけ良くなっていようと,何度経験していようと,全く自分言うことをきかない乗っているのは不安なものだ。ましてやこれまでにない山場でだ。とにかく心臓に悪い

そろそろ考えるべきことはほぼ考え尽くしたはずなので,明日にはもう少し御しやすいになっていることを願う

=}
{増えた}{作業時間}{然るべき休養}{減った}{見込んでいた}{時間を割いた}{雑務整理}{希哲15年8月上旬}{よくあること}{よく当たる}...=}(46)

{希哲15年8月10日の日記 K#F85E/A-E74C-4E1E}

昨日の体調危険な兆候感じたため,今日は半休にして少し利楽しながら過ごした夕方頃に疲労の蓄積によるものと思われる症状が出始めた。よくあることだが,この手のは本当によく当たるようになった。

結局,上旬実作業よりも頭の整理や今月分の雑務整理に多くの時間を割いた。ただ,整理結果として5日以上を見込んでいた雑務処理時間0日2日程度に圧縮出来ているので,実作業時間もさほど減ったわけではない。加えて,然るべき休養も取れた。

結果的作業時間よりも思考時間増えたが,この10日間で,いかに早く新生デライトを完成させるかという意識から,新生デライト開発過程でいかに早く収益目標達成を果すかという意識への転換があったため,一定合理性はある。

=}
{見せたくない}{判断を誤る}{危なかった}{考え出す}{Cμ の公開}{1日30分}{宣伝時間}{1日3時間}{頼らず}{おかしくない}...=}(98)

{希哲15年8月4日の日記 K#F85E/A-E74C-85D0}

新生デライト開発中の収益目標達成狙うことになり,第四次宣伝攻勢位置付け,引いてはデライト宣伝あり方について見直す必要を感じたため,今日は現状整理時間を費した

デライト高速化前の現状整理以来だが,この3ヶ月あまりの間にも数多くの出来事があり,ついこのあいだ脳爆発があったばかりなので,現在地よく分からなくなっていた。「新生デライト」というのも,そもそも何を意味していたのか忘れかけていた

第三次市場戦略以後,「新生デライト」は「理想的な完成度に達したデライト」に近い意味を持ってきた。その要件先月下旬まとまり,今月から「新生デライト開発」に入れるようになった。それも12ヶ月中の「完成」が視野に入っている。

意識の変化言葉の変化にも表れている。これまで「新生デライト宣言」という表現をよく使っていたが,これは明確な区切りのないものに「完成」の類を使うことに違和感を覚えていたことによる。「完成」が自然に使えるようになったのは,やはり要件がまとまり,新生デライト像明確になったからだ。

その完成を目指せるようになってはじめて,「新生デライト開発」という表現も出来るようになった。デライト開発新しい段階に入ったことは明らかだろう。

一方で,これまでの波状攻撃のようなデライト宣伝根底には,デライトの品質に対する不安があった。出来るだけ品質の高い状態で多くの人の目に触れるようにしたかった。逆に言えば,見せたくない状態が多々あった。それが今のデライトにも必要かというと,少なくとも明確な必要性感じていない

要するに,今のデライトはいつ誰に見せてもいいし,いつ飛当してもおかしくない。だとすれば,もう宣伝攻勢頼らずデライト宣伝日常的継続するべきかもしれない。具体的には,宣伝攻勢では1日3時間としていた宣伝時間1日30分にしてでも毎日する,といったことを考えた

いずれにせよ,新生デライトの完成まで宣伝待つことは出来ないので,新生デライト開発と宣伝は並行させざるをえない。並行させる以上,相乗効果を生むように作業優先順位などを調整していくことになる。

第四次宣伝攻勢をするかどうかは,結論を急ぐことでもないので保留とした。


からしばらくは良い調子だったが,昨年からのデライト開発駆け足振り返りCμ の公開まで考え出してしまったせいで,久しぶり分かりやすい脳疲労症状が出た夕食後には復調した)

しかし,ここで意識正しく更新出来て良かった。ぼんやりした意識のまま突き進んでいたら何かしら判断を誤っただろうし,危なかった

=}
{希哲15年7月15日}{希哲15年7月上旬}{室温調整}{無理せず}{考えさせられること}{状況の急激な変化}{微妙な蒸し暑さ}{希哲15年7月7日}{バリバリ}{新生デライト宣言}...=}(29)

{希哲15年7月7日の日記 K#F85E/A-E74C-6639}

今日からバリバリ仕事を進めようと思ったものの,少しぼーっとしてしまう時間帯が多かった。

ここ数日,状況の急激な変化があったり,考えさせられることが多かったりするせいかもしれない。たまには必要なことでもあるので,無理せず仕事そこそこにして休むことにした。

蒸し暑い日が増えたこともありそうだ。冷房をつけるまでもないような微妙な蒸し暑さだったが,そろそろ意識的室温調整必要か。


少し頭の中ごちゃごちゃして目標意識も薄れてきているため,上旬中にデラング整備一段落させること,15日までに新生デライト宣言第四次宣伝攻勢開始を実現することを目安として意識し直す。

{デライト文書}{デラング文書}{書き進められる}{目立たせ方}{デラングとは?}{公式模動}{閲覧専用模動}{三重輪括弧}{多重輪括弧}{寝る前}...=}(77)

{希哲15年6月26日の開発 K#F85E/A-E74C-F080}

ここからデラング文書整備最優先にすることにした。

デラング文書の導入

デラングとは?」が大分良い感じまとまってきた。

軽量マークアップ言語に関する予備知識の無い入門者にもその意義を伝えつつ,デラング特徴表現する難しさがあった。

ここで「軽量マークアップ言語」という翻訳語の限界を感じ「簡易マークアップ言語」を使うことにした。

前日に思いついた時は,独自用語のようになるとかえって理解が難しくなるかもしれないと思ったが,英語版 Wikipedia では〈simple markup language〉〈lightweight markup language〉同義語として掲げられていることもあり,こちらの翻訳語として採用することにした。

閲覧専用模動多重輪括弧

寝る前になって閲覧専用模動についての考え急速まとまった

輪郭を,閲覧専用に余計な装飾機能無し輪郭であることを意識せずに読めるような形)表示出来るようにする。デライト文書のために考え始めたが,広く有用なものなりそうなので汎用的設計にしておく。

(「公式模動」や「正装模動」という名前も考えたが,翌日のまとめ時点で,平たく「閲覧専用模動」とした)

いまデラング文書を K#F85E の描出として書いているが,これをどう公式文書として見せるかという課題があった。

kind() の技法で描写埋め込むこと自体は簡単だが,輪符の扱いが面倒だった。

ここで,デルン最初期構想ってきた。もともと,デルンでは通常の輪括弧二重輪括弧輪符目立たせ方を変え,ズームするようにボタンで表示水準切り替えられるようにする,という機能の構想があった。アイコンには {} や {{}} といった記号を使うことを考えていた。

この考え方が閲覧専用模動にそのまま使えた。この時のために取っておいた二重輪括弧をようやく使える。閲覧専用模動では,通常の輪符無視し,強調輪符多重輪括弧のみを輪結にする。

最近,輪符輪括弧を表示させる記法として二重輪括弧を使おうかと考えていたが,全知検索では二重輪括弧を括弧付きで表示する。閲覧専用模動でも括弧付きで表示したい場合のために三重輪括弧も使えるようにし,これを「多重輪括弧」と呼ぶことにした。

さらに,輪結先も閲覧専用模動にしたい自我指定出来るようにしたり,特定知番を別 URL に変換出来るような仕組みがあれば,任意の自我で描いた輪郭を違和感なく公式文書にすることが出来る。

全知検索から閲覧専用模動への移行は,各輪郭中景部丸みのある部分に三角形アイコン輪結を置くのが分かりやすそうだ。

これで K#F85E で心配せずデライト文書を書き進められる

{意識}
{}