{文字装飾記法}{逆に並べる}{希哲16年1月23日の進捗時限}{希哲16年1月23日の進捗}{希哲16年1月23日}{開始記号}{終了記号}{悪く}{組み合わせ}{検討}...=}(18)
{デライト}{考えて}{思うべき}{音楽に浸る}{聴き過ぎ}{休憩時}{長時間運転}{恋しくなる}{いくらでもある}{関係ない}...=}(189)

{希哲15年11月30日の日記 K#F85E/A-E74C-4D72}

昼頃Galaxy S21 5G届いたので早速出与え移行回線切り替え作業済ませた出与え移行前回の経験もあり円滑だった。ほぼ同時届いたスマホケース6155GS21BO良い感じだった。

手定め撮影出かけてみたが,S21 のカメラ噂に違わず素晴らしかった美しい風景適当にでも撮った写真見返すと,肉眼見た時の感動しっかり蘇ってくる。これまで使ってきたカメラではなかなか味わえなかった感覚で,撮るのが純粋に楽しいS8そこそこ綺麗に味気無い写真撮れるという印象だったし,CX1撮影者技術大きく依存するカメラだったので気楽さがなかった。

S8 より少し大きいものの取り回しの良さ理想的で,スマホケースとの相性想像以上に良い手帳型増す大きさ計算に入れていなかったので,尚更小さめ機種にしておいて良かった4年近く使って何度も落とした S8無傷だったのはケースおかげ感じていたため,また同じようなもの欲しかった


自転車ぶらぶら走りながら写真を撮るという一見素朴な行為が,このになると最先端かつ極めて贅沢体験なのだと気付いた

立地の良い希哲荘があり,気持ち良く乗れる自転車があり,ぶらぶらしていられる時間的精神的余裕があり……といったことは勿論,よく考えると技術的にも難しいことだ。最新のスマホカメラでなければ画質手軽さをこの水準両立させることは出来なかっただろうし,保存配信効率観点から WebP でなければデライト多量写真を扱うことも難しかっただろう。対応環境十分な普及率達してデライトの WebP 対応進められるようになったのはつい3ヶ月ほど前のことだ。

そして何よりデライトがなければここまでの意義感じることも出来なかった。私にとって,デライトという個人知識管理における最高級サービス以上の贅沢品はない,ということも再確認出来た


この勢いで,また自転車音楽が聴けるように骨伝導イヤホン注文しかけたが,これはやめておいた

よく考えてみると,最近運転中はかなり敏感になっている悪くないとはいえ安物部類に入る折り畳み自転車なので異音がないか気になるということもあるし,最近の風潮手伝って安全運転への意識が高まっていることもある。ちょうど Speed P8手放した頃からここ10年弱の間,自転車への視線厳しくなる一方だ。責任の重さ考えれば,注意力削ぐ要素わざわざ増やしたくない。その点でイヤホンの種類関係ない

私の場合,作業中などに音楽を聴く機会いくらでもあるし,聴き過ぎ感すらあるので,ちょっとしたサイクリングなら耳休めだと思えばいい。音楽恋しくなるほどの長時間運転なら,折角イヤホンケース買ったのだから持って行って休憩時けばいい。音楽に浸りながら自転車に乗る,なんてことはもはやファンタジーだと思うべきなのかもしれない。

ここまで考えて,少し調べてみると,どうも骨伝導イヤホン都道府県の条例的に怪しいらしいということを知った。特に千葉県の条例骨伝導イヤホン含めて禁止解釈出来るようになっている。無駄遣いせずに済んだ

12月7日振り返り日記

=}
{highlight.js}{Bash}{ハッシュ}{認識}{プロンプト}{シェル スクリプト}{解釈}{コメント}{CLI}{シェル}=}(10)
{デライト}{希哲15年3月5日の開発}{味気無い}{希哲15年3月5日の進捗時限}{希哲15年3月5日の進捗}{希哲15年3月5日}{煮詰める}{面白み}{輪括記号}{& ボタン}...=}(26)

{希哲15年3月5日8歩 K#F85E/A-E74C-2DEC}

title 要素に使う区切り文字について検討して終了

今のところデライトでは「C / B / A」のように無難スラッシュを使っているが,これがいつ見ても味気無いというか面白みに欠けると感じていた。

かといって,月庭のように「C {= B {= A」というのもデライトでは独特過ぎる。輪括記号用法に似わない場面もある。

少し個性的で,デライトらしく,かつ一般的にも解釈しやすいという点で「C & B & A」が良いのではないか,とふと思い付いた。& ボタンからの連想だ。

急ぐことではないので,もう少し煮詰めてみる。

=}
{デライト}{世界最大の金脈}{1円を稼ぐことの難しさ}{デライト収益目標達成}{収益目標達成}{希哲15年2月12日}{安定稼動}{デライト文書整備}{最適化}{不具合修正}...=}(51)

{希哲15年2月12日の日記 K#F85E/A-E74C-29FE}

このところ,デライト課題するする解決し,気付いてみれば理想に限りなく近い状態になっている。安定稼動を続けているのも大きく,あとは文書整備並行して最適化不具合修正,その他調整を積み重ねていけば良い段階に来ている。

デライト収益化」と呼んでいた目標も,文字通りに解釈すれば実はとっくに達成している。微々たるものではあるが,デライト金を稼ぐようにはなっている。黒字化というのも微妙に意味合いが異なるため,今後は「デライト収益目標達成」と表現することにした。

このあたりの表現にはあまり細かくこだわっていなかったが,最近,収益化,つまり1円でも稼ぐことと収益目標を達成することにはそれぞれ違う意義があると感じるようになった。

それは,金脈を見つける難しさ掘り出す難しさが違うことにも似ている。誰も見つけていない金脈を見つけることはその大きさ,埋蔵量に応じて難しい。これが俗に言う「1円を稼ぐことの難しさ」だ。

デライトはいわば世界最大の金脈であり,今はそこから少しずつが採れ始めた,というところだろう。しかも時間たっぷりある。この達成はすでに,とてつもなく大きい

そんなことを考えていたら感慨というより神妙な感じになってしまい,ここ最近麻痺したように無かった疲労感がどっと押し寄せてきた。

ちょうどいいので,予定していた作業中止し,昨日取れなかった半休にした。少し過熱気味だったを冷やせて良かった。

{希哲14年10月10日の開発}{画像補完}{nil.png}{遅延読み込み}{2x}{ダミー画像}{二重読み込み}{data-src 属性}{noscript 要素}{希哲14年10月10日の進捗時限}...=}(49)

{希哲14年10月10日17歩 K#F85E/A-5B28-AF96}

デライト用合い改良

途中で終了。

.hl_b.x2_b を使った画像補完(今日から仮命名)について,微妙な欠陥発見試行錯誤していた。

src 属性を元に後から srcset 属性を追加するのは,いくら DOMContentLoaded でも間に合わず,二重読み込みが発生する。

src 属性省略しても事実上問題は無さそうだが,仕様上必須とされているため,どうも気持ち悪い。つまり,何らかの画像を読み込ませることは避けられない。

単純な img 要素noscript 要素で囲んでおき,スクリプト解除するという方法を思いつき,理論的には一番美しい気がしたが,レンダリング領当てが事前確保出来ないという致命的欠点があり断念。スクリプト側では noscript 要素の内容をテキストとしてしか取得出来ないのもすっきりしない。

スクリプト依存はいまさら仕方ないとして,ダミー画像を用意することにしたが,埋め込み画像保守性の観点から使いたくない。/img/nil.png あたりの名前を使うことにした。HTTP/2 も導入したことだし立求負担は軽い。

目的とする画像data-src 属性 に書いておくか,まだブラウザ解釈しやすい srcset 属性にするか少し悩んだ。2x だけを記述しておけば,場合によっては src 属性を無視してくれることも期待出来るが,記述がやや煩雑になる。遅延読み込みにも応用出来る data-src の方を使っておくことにした。

=}
{希哲14年7月11日のツイスト}{希哲14年7月11日}{世間}{「第二の頭脳」}{ツイスト}{距離}{解釈}=}(7)
{解釈}
{}