{overflow: hidden}{進捗記録}{希哲16年3月2日の開発}{希哲16年3月2日の進捗}{希哲16年3月2日}{position: relative}{overflow: clip}{調整していく}{揃わなくなる}{縦位置}...=}(83)

{希哲16年3月2日10歩 K#F85E/E74C-FDA9}

=}
{デライト}{進捗記録}{line-height}{希哲15年3月10日の開発}{便利さ}{希哲15年3月10日の進捗時限}{希哲15年3月10日の進捗}{希哲15年3月10日}{稲妻形引用部区}{装体調整}...=}(15)
{進捗記録}{margin}{引用部区}{line-height}{稲妻形引用部区}{希哲15年3月8日の開発}{一工夫}{複数段落}{background-size}{稲妻形}...=}(24)

{希哲15年3月8日10歩 K#F85E/E74C-260C}

引用部区稲妻形の山をに合わせる方法を思いつき試行

background-sizeline-height を合わせれば出来た(再改良後)。複数段落でも line-height 分の margin を設定すれば合うが,等間隔になるので若干段落間の隙間が気になる。ここはもう一工夫必要か。

しかし,より整然として見え,単なる飾りではなく本当に > の役目を果しているので,この装体はちょっとした発明かもしれない。

{line-height}{素描}=}(2)

{line-height の単位指定に関する注意 K#F85E/3532}

line-height では,単位は無指定が好ましい。

○ line-height: 1.5;
× line-height: 1.5em;

REC-CSS2 によれば,継承に関して,前者は指定値がそのまま適用され,後者では子要素との関係などで算出値が用いられる。

この結果,継承先の子要素でフォント サイズなどを変えた場合,文字が重なるなどの不具合がおこる可能性がある。

=}
{line-height}

{}