{定数}{論組}{定数}=}(3)
{進捗記録}{希哲15年8月13日の開発}{見つけた}{求めていた}{知っていた}{交度量}{初回使用時構築}{xt C}{希哲15年8月13日の進捗時限}{希哲15年8月13日の進捗}...=}(39)

{希哲15年8月13日13歩 K#F85E/A-E74C-2061}

類型化正規表現に関して,xt C だけではまだ不安が残るため,当面は安全性重視初回使用時構築利用することにして終了依存関係単純なうちはまだいいが,将来的複雑性予見出来ない。交度量にもさほどはなく,書き換え容易だろう。

この手法自体は知っていたが,いまいち説明納得出来ず,この場合に適用していいものか迷いがあった。『ストラウストラップのプログラミング入門』求めていた単純説明見つけたので採用することにした。

事実上定数であれば,函数であっても the_ 接頭子を使っていいことにした。

=}
{進捗記録}{HTML::Tpl::var_T}{希哲14年1月18日の進捗時限}{希哲14年1月18日の進捗}{希哲14年1月18日}{SQL::clm_T}{テンプレート変数}{進捗時限記録}{進捗時限}{KNEST}...=}(14)
{希哲13年12月10日のツイスト}{希哲13年12月10日}{放任函数}{ときめく}{ツイスト}{美しさ}{返し値}{定数}{変数}=}(9)
{the_n_kt}{希哲13年12月4日の開発}{the_cap_kt}{希哲13年12月1日}{kno::}{知番節}{親和性}{配列}{上限}{定数}=}(10)

{the_sz_arr_kt K#F85E/A-5B28-4177}

知番節上限を表す定数。知番節の数を単純に数えたもので,現在の値は3。

やや直感性に乏しいため希哲13年12月1日廃止,上限の意を明示し0から始まる番節番号に対応した the_cap_kt への移行を決定,交度には残したまま様子見,としていたが,12月4日の開発配列との親和性が重要であることに気付き中止した。

希哲13年12月5日the_n_kt から the_sz_arr_kt へ改称。

{定数}

{}