{開発}{デラング}{開発記録}{`letter-spacing`}{Android}{iOS}{倍角ダッシュ}{倍角ダッシュ問題}{希哲15年6月19日の日記}{複数段落引用記法}...=}(72)

{希哲15年6月19日の開発 K#F85E/A-E74C-A3FD}

デラング整備

とりあえず細かい記法実装から済ませてしまうことにし,かねてから考えていたダッシュ記法出典記法実装,概ね満足出来るものになった。当初はそれほど期待していなかったが,想像以上表現の幅が広がりそうだ(公式解説)。

ダッシュ記法

ダッシュ記法は,特に扱いにくい倍角ダッシュが簡単に扱えるようになったのが想像以上に大きい。

この問題は,昔,『道草録』記事名に使おうとしてから認識していた(「Org-Mode の機能、組み込み LaTeX — その1」)が,いまだにこれといった解決策が無く,日本語電子文書課題になっているので,それなりの宣伝効果もありそうだ。

最初,エムダッシュU+2014を2つ繋げて,CSS で何とか調整しようと考えたが,フォントによって太さ長さ統一感がなく,負の letter-spacing で間が開かないようにすると短過ぎて倍角ダッシュに見えなかったりした。しかも,環境によっては重なった部分が濃く見えて結局綺麗な倍角ダッシュにならないという問題に気付き,これは断念した。

最終的に,罫線素片U+2500を使うことにした。罫線を作るための文字である性質上,letter-spacing が 0 であれば隙間が出来ないことはほぼ保証されている。SLFSAndroidWindowsmacOSiOS確認した。

罫線素片による倍角ダッシュの表現はよく見られるものだが,同時によく指摘される問題点として,これがダッシュであるという意図表現出来ないというものがある。例えば,縦書き表示した時に横棒のままになってしまうことがある。

これを踏まえて最初にエムダッシュを利用しようとしたのだが,よく考えると,デラングであれば,ダッシュ記法という仕様によって意図保存しつつ,表示上最適化に徹することが出来る。

出典記法

ダッシュ記法と引用記法の組み合わせとも言える出典記法も実装出来た。

複数段落引用記法の終了記号との兼ね合いをどうするかと思っていたが,これは単純に,出典記法を終了記号としても扱うことで上手く解決した。

ここも意外に他の軽標記言語では面倒だったりするので,デラングの小さな売りになりそうだ。

その他

成果想像以上だったが,これらを実装するのに想像以上に多くの障害があった。

特に,正規表現周りで躓くことが多く,正規表現の扱い方について見直す良い機会にもなった。

{希哲館事業}{希哲元年}{一日一文}{デライト開発}{希哲8年}{デライト}{勝負の月}{文章訓練}{発信媒体}{一日一文の再開}...=}(50)

{一日一文『道草録』再開とデライト近状 K#F85E/A-E74C-297F}

広く読んでもらうための文章を毎日一つ書く習慣一日一文」を,今日からデライト再開することにした。

文章訓練も兼ねた献典コンテンツ拡充のため,希哲8(2014)年頃から断続的にやってきたことだが,昨年デライト正式離立リリース以後はまともに出来なかった。単純にデライト開発に追われてそんな余裕が無かったということもあるし,多少なりとも時間を費す以上は効果的発信したい,という気持ちに応えられるデライトでもなかった。

最近開発が自分でも信じられないような快調ぶりで,デライトは日々着実に進歩している。発信媒体としても十分な信頼性機能性を有するようになってきた。機運が熟したということだろう。

一日一文は1時間以内を目安に書くことにしているので,あまり凝ったものにはならないと思うが,デライト希哲館事業について知ってもらうための文章を少しずつ書いていきたい。書いた文章は,よほどまずくなければ『道草録』という随筆集収録していくことにした。

『道草録』はもともと,希哲元(2007)年希哲館事業発足と同時に始めたブログ名前だった。途方もなく巨大な事業構想を前に,全てが手探りで,何でも試してみるしかなかった当時の私の心境をよく表している。初心思い出すという意味でも良いのではないかと思った。

さて,デライトは,快調な開発状況背景として収益目標達成必達期限11月1日から5月1日に早めた。つまり,今月勝負の月だ。個人知識管理大革新を起こそうというデライトの挑戦をぜひ一緒に楽しんでほしい。

{希哲館事業}{一日一文}{『希哲日記』}{希哲8年}{睡眠}{希哲15年4月の月記}{涙ぐむ}{途方もない}{呼吸を整える}{小休養}...=}(68)

{希哲15年4月6日の日記 K#F85E/A-E74C-8087}

少し気持ち落ち着いてきたため,利楽しながら作業を進めた。それでも程度の進捗ぶりではあった。

短期集中生活とはいえ小休養必要は感じながらも,連日興奮気味でまともに睡眠も取れないということが続いていた。ここで少し呼吸を整えたい。


一日一文準備も進めた。

一日一文の歴史を遡っていて,久しぶりにブログ『道草録』思い出した希哲館事業最初期から WordPress運営していたブログで,ある面でデルン前身と言えなくもない。この「道草」という言葉は,希哲館事業途方もない大きさを前に全てが手探りだった当時心境をよく表している。色々な想い出が蘇えり,少し涙ぐんでしまった。

題名も気に入っていたので,希哲8年頃に私の随筆集として『道草録』再始動させようと考えたこともあったが,何となく立ち消えになっていた。一日一章を始めて間もない頃だったので,いずれ関連させようとは思っていたのだろう。

ここで,一日一文『道草録』素材にすることを思い付いた。これも一つの希哲館累新だ。

考えてみれば,月庭・デライト転送の開始以後,kitetu.com から窓口になるような献典が無くなっていた。ほぼ毎日書いている文章といえば『希哲日記』だが,これは当時の心境事実記録することに主眼を置いたもので,人に読ませることを意識したものではない。『希哲日記』に書き切れないことを書いておく所としても『道草録』という題名好ましい

読み手意識した文章として,メリハリを付けるためにも一日一文には敬体を使おうかと思ったが,気を使い過ぎて書きにくくなってしまう恐れがある。多少ぶっきら棒なくらいが良さそうなので,まずは常体で書き始めることにした。

続けるのが難しかった最大の理由は,書き始めるとついつい凝り過ぎてしまうということにあった。1時間以内で書こうと思っていても,結局数時間かけてしまうことが多かった。それが普通になると書き始めるのにも気力が必要になってしまう。

{一選万集}{希哲13年1月19日}{希哲13年1月19日のツイスト}{ツイスト}{道草}{『道草録』}{デルン}=}(7)
{『道草録』}

{}