{出振るい}{Aejs 整備}{第四次宣伝攻勢}{省けた}{小さくなかった}{設計面}{第四次生活習慣改善の再開}{暖かくなってきた}{大事を取っていた}{生活習慣の乱れ}...=}(156)

{希哲16年3月15日の日記 K#F85E/E74C-4AA3}

12日脳爆発引きずってまだ脳疲労感残っていた一ヶ月分にも相当するであろう収穫だったのだから仕方ないと,気分転換兼ねて半年ほど放置していた Aejs 整備再開してみることにした。

まずは交度見直し軽く違了修正程度出来ればいい始めたものの,驚くべきことに,作業の続きよく捗った。これだけ間があくと,作業方針思い出すのと再整理時間がかかるのではないかと思っていたが,むしろ中断前より捗った気がする。この半年間での環境整備設計方針洗練知見の蓄積がそれだけ大きかったのだろう。当時は,ゆとりがなく混沌とした状況でもあった。

金風中断してからなかなか再開出来ず中途半端な状態出振るい出来ず前縁周り作業非常に進めにくい状況ではあったが,この間の収穫考えれば仕方ない思っていた設計面仕様面での変化小さくなかったので,再修正手間省けた唯一懸念だった作業再開にかかる負担全くと言っていいほど無かったのだから,仕方ないどころか大正解だったと言うべきだろう。

Aejs 整備中断経緯について記録振り返っている内に,もう一つの放置課題だった KNEST 隠し実装についても再整理急速に進んだ

輪郭選り手抜控機能整備がなかなか進まなかったことで Aejs 整備入ったのが昨年9月9日だった。14日11歩最後にそれも止まり,代わりに HTML 隠し実装からの KNEST 隠し実装重点を移すことにした。頭の整理をしているうちに18日になり,金風起きた以後は何度か再開試みている継続出来ず,そのまま第二次快調期突入した。

金風があまりに大きい出来事だったので,このあたりで記憶分断されている感覚ずっとあった特に Aejs 整備KNEST 隠し実装は,第二次快調期でも置き去りになっていた部分心残りだった。第四次宣伝攻勢向けて新生デライト開発佳境というところで二つ強力な武器上手く取り戻せた言うまでもなく極めて大きな収穫だ。

ただ,結局どっちを向いても脳爆発で,脳疲労癒えなかった


今日疲労回復のため休みにしたが,次回陶練からランニング再開することにした。

これも第二次快調期からほとんど出来なくなっていた忙しさもあったが,生活習慣の乱れ寒さ重なり,1月には風邪を引いたりもしていたため,大事を取っていた最近は少しずつ生活習慣改善再開出来,暖かくなってきたので大丈夫だろう。

最近の生活習慣改善を「第四次生活習慣改善」とするかと考えたところで,すでに金風以後生活習慣改善して使っていたことを思い出した用語として考えた12月9日から間もなく第二次快調期入ったので,目まぐるしさ忘れていたのだろう。とりあえず第四次生活習慣改善の再開」としておくことにした。


16日振り返り日記

{進捗記録}{高い}{希哲16年1月31日の開発}{希哲16年1月31日14歩}{見送ってきた}{別の記法}{必要性に乏しい}{閲覧性}{重い強調輪符}{予想される}...=}(97)

{希哲16年1月31日13歩 K#F85E/E74C-0A95}

進捗時限記録中略

閲覧専用模動強調輪符多重輪括弧についての整理終了


多重輪括弧は,単純に外側の輪括弧をそのまま全て表示する仕様まとめていくことにした。この場合,閲覧専用模動でも輪結になる。役割を考えると,この場合の輪結先閲覧専用模動ではなく後景一覧あるいは重い強調輪符との組み合わせ輪郭ページにすべきか。

直近の検討では,全知検索における多重輪括弧(個数にかかわらず)輪括弧1対だけ表示し,閲覧専用模動における二重輪結化のみ,三重以上で輪括弧表示する,といったように模動によって表示仕方変えるつもりだった。

これは,輪括弧輪結化する“水準”を表すものと考えれば自然な記法思えたが,模動にかかわらず輪括弧表示させたいという時にわざわざ {{{あれ K#XXXX/XXXX}}}書かなければならないなど,実際には煩雑紛らわしくなることが予想される。現に,こう説明してみても分かりにくい

この複雑な仕様必要なことがあるとすれば,閲覧専用模動強調輪括弧表示もせずに輪符輪結化したいという場合だが,閲覧専用模動用途全知検索との使い分け考える必要性に乏しい相応しい別の記法がありそうだ(これは次歩方針解決か)


二重輪符」や「多重輪符」という用語考えたが,このあたりは将来的に輪符の入れ子にもかかわりそうなので,もう少し整理したい。

輪符の入れ子から検討しているものの,必要性に対する複雑化懸念から見送ってきた。ただ,あれば表現の幅広がるのは間違いないので,将来的に対応する可能性高い


強調輪符閲覧専用模動でも輪結化するという方針維持する

最近全知検索では重い強調輪符のみ輪結先後景一覧ではなく輪郭ページにする方針固まり,より文書として読みやすい形で表現出来るようになるだろう。

閲覧専用模動構想初期に比べて,まず全知検索閲覧性十分なものにするという方向軌道修正している昨年12月6日の開発における輪結装体調整もその一環だった)ため,全知検索閲覧専用模動での表現差異必要最小限留め全知検索読みやすいように書いた文書自然に閲覧専用模動にも適したになるようにしたい。

{進捗記録}{希哲15年7月9日の開発}{編集用注釈コメントを入れる}{編集者注}{備忘注}{隠し注}{覚え注}{非技術者}{込め注}{編集用注釈}...=}(36)

{希哲15年7月9日16歩 K#F85E/E74C-0200}

デラング整備文書整備

編集用注釈コメントを入れる」をざっとまとめて終了。

非技術者向けに「コメント」という概念をどう説明するかんだ結果,「編集用注釈」略して「編注」という翻訳語暫定的採用することにした。「コメント」は簡易マークアップ言語用語としては紛らわしい場合が多々ある。

込め言」の応用で「込め注」を採用しかけたが,見出しを見ただけでは意味が分かりにくく,結局「編集用注釈」と説明せざるをえない,というところで断念した。

「編注」は辞典にこそ見当たらないが一般に「編集者注」の意で使われている。見せるか見せないかの差はあるものの,その一種とは言えるので理解はしやすいかもしれない。

裏注隠し注覚え注備忘注……などいくつか他の翻訳語も考えたが,まだ決め手に欠ける。

=}
{デライト}{開発}{開発記録}{letter-spacing: 0.1em}{知番欄}{文字入力要素}{字間無しのプロポーショナルフォント}{プロポーショナルフォント}{字間無しの等幅フォント}{調和感}...=}(37)

{希哲15年7月3日の開発 K#F85E/E74C-E936}

デライト文字入力要素は,原則として字間無しの等幅フォント統一することにした。

描写選り手の字間調整知名欄描写欄字間無しの等幅フォントになったが,全知検索窓含め文字入力要素は原則 letter-spacing: 0.1emプロポーショナルフォントだったため,少し違和感があった。字間無しのプロポーショナルフォントでもいいかと思ったが,やはり細かい文字記号での視認性があった。

これで調和感が戻ってきた。引き入れ欄でも間延びしなくなり視認性向上した。

例外として,例えば録入りフォーム知番欄は一字毎の視認性のため letter-spacing: 0.1em くらいにしておいた方がいい。

もともと,WYSIWYG に近い感覚にするため統一していたフォント設定で,4月23日12歩でも極力残すように考えていたが,本格的に WYSIWYG を導入して,従来方式と共存させることを考えると,はっきり切り分けておいた方が良さそうだ。


将来的に導入する WYSIWYG のため,「見たまま方式」や「文字だけ方式」という極力分かりやすい用語も考えておいた。

=}
{用語}

{}