{老い先短い}{寂しさ}{冒険の終わり}{破滅前提}{必要としていない}{粘れる}{いくらでも}{背負っていく}{踏み外す}{手堅く}...=}(113)

{希哲15年9月19日の日記 K#F85E/A-E74C-8EF8}

一昨日は一昨日で,久しぶりによく身体を動かして気持ち良かったもののまだ筋肉痛残り昨日は昨日でくらくらするような環境激変があり,肉体的にも精神的にもかなりの消耗感じた。今日も定休通りに休んだが,まだ回復した気がしない。

この変化デライト希哲館事業盤石安泰かという心境になりかけ,律動的集中生活を終えることも考えた。しかし,それもこれまでの適度な緊張感があってのことなので,収益目標達成までは引き続き新生デライト開発極力集中する生活続けることにした。もう油断さえしなければいくらでも粘れる

つい一週間前の日記には,否が応でも気分重苦しくなる状況だから意識的利楽しようと書いていたわずか一週間後には否が応でも気が緩む状況になっているのだから,まだ頭が混乱している。

本来なら喜ぶべきことのはずが,なぜか明るい気分というわけでもない。半分くらいは疲れのせいかもしれないが,希哲館事業安定してしまうことに対する複雑な心境もある。

そもそも,希哲館事業は,「どう頑張っても万に一つも成功しない仕事」として始めたものだ。楽しかった破滅前提大冒険が,千に一つ百に一つ十に一つ成功近付くにつれ,つまらない事務処理になっていくような気が薄々していた。いまやデライト希哲館事業も,手堅くやってさえいれば成功約束されたも同然だ。

もっと若い頃の自分なら,あえて踏み外すようなことをしたかもしれないが,もうそれが許される年齢でもない。失敗して自滅するだけなら何のことはない。周囲に対する責任重過ぎる老い先短い両親家庭を持った達,散々世話をかけたり世話してやれなかったりした親戚達のがいちいち浮かんでしまうことなんては無かった。友人にもデライト用者にも社会にもがある。何より,希哲館事業がそこまでの冒険必要としていない以上,もはや冒険に“物語”が無い。

この冒険の終わり寂しさ乗り越えつまらなさ背負っていくことが大人になるということなのか,などとぼんやり考えたり,KNEST 隠し実装小手調べをしたりして過ごした一日だった。

=}
{向いている}{あれ}{希哲15年9月5日}{希哲15年9月5日のツイスト}{自動保存}{メモサービス}{ツイスト}{中途半端}{無意識}{成否}...=}(17)
{大きく依存}{希哲15年9月3日}{後から付いてくる}{広さより深さ}{十分な収益}{収益が上がる}{動かしようがない}{一見}{寄り付く}{捨て切れない}...=}(125)

{希哲15年9月1日の日記 K#F85E/A-E74C-7706}

実装作業もそれなりに捗ったが,頭の整理もだいぶ進んだ一日だった。幸先が良い

組計整理み,当面組計見通しはさらに改善気持ちにも落ち着きが出てきた。

デライト市場戦略にも大きな進展が見られ,より一貫性が高まった。

なんとなく対 Facebook 戦略について考えていると,用者数30億人に迫る Facebook勝つのに50億人100億人目指すのはあまり賢くないな,という思い沸き起こってきた。

大きな風船量的大国には小さな弾丸質的大国ぶつけるしかない,というのはジパング計画考えてきたことだが,デライトに関しては,量より質という考え方徹底出来ず,まだ爆発的流行による成功という可能性捨て切れずにいた。

超高効率経営があり,安定拡大戦略があり,書き手読み手能力大きく依存する文字献典重視し,日本日本語重視し……と,全体として量より質志向すべき環境整っていた。現に,いまデライト運営なのは,異常なまでに知的好奇心旺盛リテラシー高い日本人用者しか寄り付いていないからだ。国内外から無闇に用者をかき集めていたら,いまごろ破綻している。

輪郭一覧にあるデライト広告も,どちらかといえば一見よりも描き手向けになっている。初期配置を決めてから何度再検討はしたが,ほとんど動かしようがなく,結果的にこうなっている。輪郭そのものに対して広告を付けると,単純描き手読み手双方にとっての快適性損うという問題もあるが,扇情的内容が増えれば増えるほど収益が上がる構造になり,信頼性モラル低下きかねない。

これだけの条件揃っていながら,まだ揺らぎがあった。問題は,こんな広告十分な収益を上げることが可能なのか,確証が掴めていないことだった。これについては先月実証され,最近では,全知検索使い込んでくれる重用者をいかに増やしていくか,という意識が高まっていた。これが最後のピースだった。

ここからは,デライト市場戦略でも,量より質広さより深さという考え方徹底していくことにした。デライト知能増幅メモサービスとしての完成度高めていけば,用者必ず後から付いてくる日本語圏限界に達する時には,世界中の人が日本語ばざるをえないだろう。

2日振り返り日記3日加筆修正

=}
{対応}{環境}=}(2)
{希哲15年8月2日の開発}{私的複製}{パクりサイト}{サービス全体}{引用の主従関係}{著作権的}{公開設定機能}{未公開非共有}{公開設定}{希哲15年8月2日の進捗時限}...=}(41)

{希哲15年8月2日15歩 K#F85E/A-E74C-8EB5}

公開設定機能公開範囲設定機能についての検討終了

描写埋め込みでは,公開設定無視出来ることにした(ただし,自輪郭に限ってなど何らかの制限必要だろう)

一つの動機として,引用などの著作権的問題回避出来そうということがあった。

引用の主従関係については,文書としての輪郭特異性から何とも言い難いところがあったが,引用文だけの輪郭が増え過ぎれば NAVER まとめ二の舞になりかねないという危惧もあった(もっとも,サービス全体としては独自性のかたまりなので単なるパクりサイトとは言われないだろうが)

とはいえ,引用文輪郭として保存して再利用したいというのは自然の流れで,法的な問題なくそういう活用が出来る環境を整えたいと思っていた。

公開設定機能描写埋め込みが出来るようになれば,引用文だけの輪郭未公開非共有にして私的複製扱いにしつつ,公開輪郭に埋め込んで利用するといったことが可能になる。

=}
{技術}{環境}=}(2)
{環境}
{}