{出し方}{希哲14年5月15日}{希哲14年5月15日のツイスト}{デライト}{ツイスト}{手抜き}{内の黒船}{日本}{実装}=}(9)
{希哲13年6月13日}{希哲13年6月13日のツイスト}{ツイスト}{黒船返し}{内の黒船}{アメリカ合衆国}=}(6)
{希哲13年5月16日}{希哲13年5月16日のツイスト}{ツイスト}{内の黒船}=}(4)
{希哲13年5月9日}{御厨人窟}{帰俗}{大ネット志向}{帰国子女}{子女}{内の黒船}{空海}{鞍馬寺}{還俗}=}(11)
{希哲13年5月6日}{希哲13年5月6日のツイスト}{ツイスト}{黒船返し}{ジパング}{内の黒船}=}(6)
{希哲13年5月6日}{希哲13年5月6日のツイスト}{ツイスト}{近世型日本人}{中世型日本人}{集団主義}{内の黒船}{黒船}{日本社会}{豊臣秀吉}=}(12)
{希哲13年5月6日}{希哲13年5月6日のツイスト}{ツイスト}{GAFA}{近世型日本人}{内の黒船}{黒船}{中国}=}(8)

{あれK#F85E/A-5B28-46AC}

これまでのいわゆる「黒船」式の変革というのは,その脅威によって国内の権威や制度が揺らぎ,その隙に新しい勢力が台頭してくるというものだった。ただ,これはどうも現代では起こりそうにない。GAFA の台頭も中国の台頭も,本来であれば「黒船」たりえたはずだが,日本人は変わっていない。これは近世型日本人の限界だからだ。

=}
{画一性}{希哲13年5月6日}{希哲13年5月6日のツイスト}{ツイスト}{内の黒船}{日本}{日本社会}=}(7)

{あれK#F85E/A-5B28-9B8A}

先日も書いたが,日本が劇的に変わる現実的な筋書はただ一つ。日本社会の画一性から抜け出したはぐれ者が,勝手に何か大きなことを成し遂げて,その衝撃が日本社会を変えていく。これを私は「内の黒船」と呼んできた。

=}
{希哲11年11月26日}{ジパング}{返し}{内の黒船}{黒船}{黒船来航}{宇田川の用語}=}(7)
{ジパング}{黄金の国}{産業結合}{希哲館黄金期}{知の黄金郷}{希哲11年6月21日}{日本累新}{中世型日本人}{知業}{内の黒船}=}(13)

{ジパング K#F85E/A-4686-61C9}

宇田川の用語。希哲11年6月21日基盤主義により達した超日本の中核的境地をこう呼んだ。

転じて中世的な新しい可能性を秘めた日本の異称,

ザナドゥ計画に対するデルンシンテキスト)の異称として使うようになった。