{制危}{希哲14年1月9日のツイスト}{希哲14年1月9日}{ツイスト}{無理解}{商売}{普及}{セキュリティ}{オープンソース}=}(9)
{制危}{DataTransfer.getData()}{希哲13年8月31日のツイスト}{ドラッグイメージ}{希哲13年8月31日}{輪郭}{ツイスト}{セキュリティ}=}(8)
{希哲館訳語}{注陶}{駒手}{希哲館訳語例文}{希哲13年6月12日のツイスト}{ツイスト}{コマンド}{チュートリアル}{接渉}{セッション}...=}(11)
{制危}{翻訳}{セキュリティ}{時記}{学問}{技術}{公開}=}(7)

{セキュリティを「制危」と訳す K#F85E/A-E773}

セキュリティという言葉,特に算機コンピューター分野のそれには定訳がない。そのため普通は「セキュリティ」と書かれている。

昔からこの問題については考えていたが,さっき瞬間的に思い浮かんだ訳語が妙に良い。「制危(せいき)だ。読んで字のごとく,「危うきを制する」という意味だ。

算機関連の日本語文書で書かれる「セキュリティ」は,大抵「制危」あるいは「制危性」に置換するのが妥当だろう。例えば,「セキュリティを高める」は「制危性を高める」と表現出来る。「セキュア」は「制危的」と訳せる。

また一つ,文書を明晰かつ美的にする言葉を得た。

=}
{セキュリティ}

{}