{デラング}{稲妻形引用部区}{希哲15年3月8日の開発}{洒落た}{linear-gradient()}{引用記法}{左境界線}{稲妻形}{引用部区の装体}{引用部区}...=}(33)

{希哲15年3月8日5歩 K#F85E/A-E74C-8287}

デライト装体調整

途中で終了。

引用部区の装体修正

これまでは適当なマージンgray で太い左境界線を付けただけの装体改良前)だったが,ぱっと見何を意味するのか分かりにくかった。

二重括点を使った装体もよく見られるが,特定言語文化依存した表現は避けたい。

そこで,左境界線を稲妻形にする装体を考案デラング引用記法とも調和する。

背景色WhiteSmoke にし,左境界線を linear-gradient() を使った方法で gray稲妻形にしてみると,だいぶ視認しやすくなり,洒落た感じになった(改良後)。

{まずみ}{}{}{マージン}=}(4)
{マージン}{素描}=}(2)

{マージンの統一について K#F85E/A-C960}

絶対指定もフロートもないボックスの隣接マージンは相殺する。そのため,余白をとるには上か下かどちらかのマージンで統一するべき。

ブロック内の最初の要素以外に上マージンを使うべきでなく,下マージンに統一するべきというソースもあるが,理由は明記されておらず不明。

上マージンで統一する場合,当該ボックスの性質によって「前ボックスとの空白を調整できる」が,下マージンで統一する場合,当該ボックスの性質によって「後ボックスの位置が決定される」ことになる。割と柔軟性が高いのは前者 (A の後に続く B が余白を決められる),統一性が高いのは後者 (A が B の余白を決められる)。

=}
{マージン}
{}