{デライト}{一日一編}{宇田川全集}{希哲15年4月7日}{希哲15年4月1日}{ポモドーロ法}{希哲13年5月26日}{希哲13年5月16日}{日課}{希求主義文学}...=}(17)

{一日一文 K#F85E/5B28-6184}

デルンデライト)上で毎日一つの文章を書くという日課

宇田川が希哲8年2014年から断続的に行ってきた。

これまでの一日一文

歴史

デルン実用化後の希哲8年9月26日,「一日一章」として始める。その後,「一日八章」などとして自分に重荷を課していくが,継続出来なかった。

希哲13年5月16日簡素に徹し「一日一文」と改めて再開を決め,27日からポモドーロ法を組み合わせる形で再開するが,デライト正式離立後からまた途絶えていた。

希哲15年4月1日新生デライト開発軌道に乗ったことでまた再開を考え始める。

希哲15年4月7日,再開(「一日一文『道草録』再開とデライト近状」)。

{希哲館事業}{デラング}{『希哲日記』}{希哲16年2月22日}{照らし出される}{強くなっている}{引き出されていく}{ここまで来た}{段階的に}{開こうとしている}...=}(61)

{希哲16年2月22日の日記 K#F85E/E74C-DF75}

{デラング}{『希哲日記』}{Google 検索}{強い}{分かる}{高い}{語感が良い}{作り込んだ}{裏目に出た}{検索に強い商標}...=}(126)

{希哲16年2月20日の日記 K#F85E/E74C-DA06}

日曜日なので半休にして,のんびり15日分のまとめでも片付けよう思ったが,想像以上に時間がかかった最後の24歩

よくあることだが,描き出してみて初めて膨大な思考量だったことが分かる


デラング的転回の後,デライト市場戦略におけるデラング重要性一気に高まったことで,「デラング」の検索語としての利点気付いた

いま Google 検索してみると,外国地図と「もしかして」が表示されてしまっているが,一応最上位になっている"デラング" の Google 検索結果この調子なら間もなく独占出来そうだ。さほど期待していなかったので棚から牡丹餅みたいなものだが,第四次デライト市場戦略への期待がさらに高まった

他方,もっと長く多用してきた「デライト」や「デルン」の方は完全に埋もれてしまっている

デライト」に関しては,「デライト メモ」のように検索すれば最上位に出てくる。そもそも普通のカタカナ英語なので,埋もれやすいことを想定して「なんでもメモ、デライト」という獲句考えたのだが,それにしても「デライト」単独での上昇思ったより遅い認知度高い固有名詞が無いからそこまで上位表示難しくないだろうと思ったが,中小規模用例意外に多い将来的にはともかく,立ち上がりには厳しい検索語だった。

デルン」の方は,あえて耳慣れないように造語したのだからすぐ独占出来るだろうと思っていたが,10年以上使ってい全く上位表示されなかった。よくよく検索結果観察してみると,どうも部分一致するページ多い耳慣れな過ぎて,そもそも単独として認識されていないようにすら見える短さ裏目に出たか。

サイト全体への検索流入良好推移してきただけに,逆効果になる可能性考える下手に作為的SEO出来なかった単純に Google 検索してみると,「デライト」で136万件,「デルン」で20万件弱,「デラング」で2,400件と,見事に桁が違う結局競合想定より多かった上に,雑多なページ膨大にあるせいで評価分散したのが原因だったのだろう。

デラング図らずも三度目の正直になったが,ここまで検索に強い商標作るのが難しいことだとは思わなかった市場戦略的なことを考えて作り込んだデルン」や「デライト」よりも,語感が良使いやすいというだけで使い始めたデラング」の方が強いのも皮肉だ。


21日振り返り日記

{進捗記録}{希哲16年2月18日の開発}{あれ}{文章の流れ}{左右矢印}{下矢印}{上矢印}{使うべきではない}{右矢印}{使われない}...=}(171)

{希哲16年2月18日13歩 K#F85E/E74C-E223}

進捗時限記録中略

前後記法」として検討していた記法を「前次記法」に改め仕様再検討して終了

<- 前 | 次 ->

<- 前
次 ->

<- 前のみ

次のみ ->

以上のように,<- 前 | 次 ->基本形とし,改行区切り<- 前次 -> のみでの記述可能にすることにした。


デルンにあった類似機能から,「時間(時印)的な前後関係」を表現する記法として「前後記法」と呼んでいたが,文書では新旧にかかわらず読ませたい順序指定出来る方が便利なので,より汎用的な前次記法」と位置付け直した

新旧表すのに「」や「」というのはよく考えるおかしいという意見もあり,私も何か良い代替表現はないかと考えていたが,慣用表現として定着しているのでこれは仕方ない前ページ次ページというように,左開きページめくっていく感覚なのだろう左開き右開き書字方向との相性問題なので,ウェブになることが多いのは一応合理的ではある)


前回の検討では,以下のように書いていた

前 <|> 後
前 <|
|> 後

これは他記法区別しやすく簡潔ではあるが,見本はともかく少し長い文字列が入ると記号埋もれがち直感的とも言い難い視認性考えると,行頭行末分かりやすい記号があってほしい。

また,<|>タグ記法使う予定</>紛らわしい|始まる長い文字列があると,初心者には表組み記法誤認される恐れもある。


他記法との区別しやすさ簡潔性直感性などを総合的に考慮した結果最も素直な記法であろう <- 前 | 次 ->落ち着きつつある

雑多な考慮点列挙しておく。

=}
{デルン}

{}