{見せたくない}{判断を誤る}{危なかった}{考え出す}{Cμ の公開}{1日30分}{宣伝時間}{1日3時間}{頼らず}{おかしくない}...=}(98)

{希哲15年8月4日の日記 K#F85E/A-E74C-85D0}

新生デライト開発中の収益目標達成狙うことになり,第四次宣伝攻勢位置付け,引いてはデライト宣伝あり方について見直す必要を感じたため,今日は現状整理時間を費した

デライト高速化前の現状整理以来だが,この3ヶ月あまりの間にも数多くの出来事があり,ついこのあいだ脳爆発があったばかりなので,現在地よく分からなくなっていた。「新生デライト」というのも,そもそも何を意味していたのか忘れかけていた

第三次市場戦略以後,「新生デライト」は「理想的な完成度に達したデライト」に近い意味を持ってきた。その要件先月下旬まとまり,今月から「新生デライト開発」に入れるようになった。それも12ヶ月中の「完成」が視野に入っている。

意識の変化言葉の変化にも表れている。これまで「新生デライト宣言」という表現をよく使っていたが,これは明確な区切りのないものに「完成」の類を使うことに違和感を覚えていたことによる。「完成」が自然に使えるようになったのは,やはり要件がまとまり,新生デライト像明確になったからだ。

その完成を目指せるようになってはじめて,「新生デライト開発」という表現も出来るようになった。デライト開発新しい段階に入ったことは明らかだろう。

一方で,これまでの波状攻撃のようなデライト宣伝根底には,デライトの品質に対する不安があった。出来るだけ品質の高い状態で多くの人の目に触れるようにしたかった。逆に言えば,見せたくない状態が多々あった。それが今のデライトにも必要かというと,少なくとも明確な必要性感じていない

要するに,今のデライトはいつ誰に見せてもいいし,いつ飛当してもおかしくない。だとすれば,もう宣伝攻勢頼らずデライト宣伝日常的継続するべきかもしれない。具体的には,宣伝攻勢では1日3時間としていた宣伝時間1日30分にしてでも毎日する,といったことを考えた

いずれにせよ,新生デライトの完成まで宣伝待つことは出来ないので,新生デライト開発と宣伝は並行させざるをえない。並行させる以上,相乗効果を生むように作業優先順位などを調整していくことになる。

第四次宣伝攻勢をするかどうかは,結論を急ぐことでもないので保留とした。


からしばらくは良い調子だったが,昨年からのデライト開発駆け足振り返りCμ の公開まで考え出してしまったせいで,久しぶり分かりやすい脳疲労症状が出た夕食後には復調した)

しかし,ここで意識正しく更新出来て良かった。ぼんやりした意識のまま突き進んでいたら何かしら判断を誤っただろうし,危なかった

=}
{新生デライト}{第三次デライト市場戦略}{第二次デライト市場戦略}{一日一文}{希哲15年4月の月記}{デライト高速化}{自然の流れ}{計画通り}{希哲館事業の広告塔}{全ページ0.3秒以内表示}...=}(74)

{希哲15年4月9日の日記 K#F85E/A-E74C-2520}

昨日の激務デライト小理腑を終えた安心からか疲労感がどっと押し寄せてきた。日中はなかなか頭も手も動かず,調子が戻ってきた夜に小理腑や今後の方針についてまとめることで精一杯だった。

3日目にして一日一文休みだが,楽しもうと決めたばかりなので無理はしないでおくことにした。


小理腑後に残った時間では上旬中に出来ることも高が知れているため,今日で短期集中生活を終えようかと思ったが,振り返ってみると,短期集中生活に入った28日の開発待っ読ボタン実装理腑時間を充てることを決めていた。前後しただけで方向としては計画通りに進んでいるので,もう一日頑張り,待っ読ボタン実装までは上旬中に終わらせることにした。

中旬は,小理腑で得たものを最大限に活かし,新生デライトをこれまでの想定以上水準仕上げることを目指す

小理腑に時間をかけたことで第三次宣伝攻勢開始が遅れる可能性もあるが,『道草録』が多少は補完してくれるだろうし,調整はどうとでも出来る。


完成度勝負しようということ以外,まだ全体像明確ではなかった第三次デライト市場戦略についても,概ね考えがまとまった。

いわば「希哲館事業の広告塔」という本来の位置付け立ち返りありのまま希哲館事業の全てを自然に活かしていくことにした。新生デライトへの信頼感が高まるにつれ希哲館累新の動きも加速しているので,これも自然の流れだろう。

第二次市場戦略では宣伝上のにしようと思っていた「知能増幅」についても,隠さないまでも,必要以上に前面に出さないことを方針として決めた。先月からのデライト開発快調で,知能増幅デライトの姿で示せばいい,と思えるようになっていた。


小理腑でデライト高速化新鮮手応えを得て,調安が妙に楽しくなってきた。

当初,デライト高速化の目標全ページ1秒以内表示などとしていたが,これでは遅さが気にならないだけで速さを感じるには中途半端だ。目標は高く,全ページ0.3秒以内表示を目指すことにした。いっそのこと,速さで有名になるくらいにしたい。

{希哲15年3月12日の開発}{縦線}{C 部区込め言}{利用頻度}{HTML 込め言}{全角アスタリスク}{台録記法}{strong 要素}{em 要素}{希哲15年3月12日の進捗時限}...=}(60)

{希哲15年3月12日6歩 K#F85E/A-E74C-114F}

デラング整備記法選定で終了。

細々とした記法について進展


強調については,Markdown 式のアスタリスクを使った方法を採用する。

ただ,欧文和文斜体位置付けが異なるといった問題があるため,アスタリスク1つで em 要素による「軽い強調」,2つで strong 要素による「重い強調」とし,表示については場合とフォントによる,としておくことにした。斜体どころか太字に対応していないフォントもあるため,ここは割り切る

斜体を表現するために Org-Modeスラッシュによる記法導入も検討したが,台録記法などいくつか干渉する可能性があるため見送り

ここで,全角アスタリスク重い強調に使えるようにすることを思い付く。

もともと DIL 0.2 では半角・全角のアスタリスクで囲んだ文字列を strong 要素にする機能があり,和文中で適度に目立つという理由で個人的にはよく全角を使っていた。これなら自然に和文での斜体を避けられる。


下線については アンダースコアを使った方法が分かりやすいので Org-Mode 方式を採用する。


込め言については HTML 込め言を採用する。

Org-Mode のようにハッシュを使った記法は利用頻度に対して混同可能性が高い。

多少冗長でも明確な方がいいということで C 部区込め言の採用を検討したが,HTML が使えるのだから HTML 込め言十分だろう。


定表記法については,どの言語も整列の指定方法があまり美しくないので,独自記法を考える。

左寄せなら左縦線にくっつけ,右縦線との間に1つ以上のスペースを空ける,右寄せならその反対,中央寄せなら両側に1つ以上のスペースを空ける,という記法考案した。

{デラング}{希哲15年3月3日の開発}{希哲15年3月3日の進捗時限}{希哲15年3月3日の進捗}{希哲15年3月3日}{デラング整備}{デライト文書整備}{使いやすい}{描写記法}{検討}...=}(34)

{希哲15年3月3日4歩 K#F85E/A-E74C-0AB7}

今後のデラング方向性について検討して終了

そろそろ本格的デラング整備必要時期だと感じているが,ここで位置付けが明確ではなかった「デラング」を正式名称として採用積極的に使っていくことにした。

個人的には使いやすいのでよく使うようになったが,公式文書などでは「描写記法」を主に使う方針だった。

デライト文書整備にあたって,Markdown のような一つの標記言語として認識しやすいこと,「デライト」から連想しやすいことなどの利点重視した。

将来的には Markdown よりも普及させたい。

=}
{希哲14年7月30日8歩}{輪括内検索}{希哲14年7月30日}{吊るし検索}{仕様検討}{領当て}{全知検索窓}{位置付け}{廃案}{懸案}...=}(16)

{希哲14年7月30日の開発 K#F85E/A-5B28-3893}

主に仕様検討など。

特に,懸案だった全知検索窓機能領当て方針がまとまった(8歩)。

吊るし検索でしばらく考えていた,検索窓を最上部・吹き描き内2箇所に表示する案はいったん廃案とし,輪括内検索位置付け整理優先順位を下げた。結局,最も単純な形で落ち着いた。

{希哲14年2月4日}{利用者登録}{悪戯書き}{希哲14年2月3日}{希哲14年2月3日のツイスト}{ツイスト}{おまけ}{新規登録}{位置付け}{匿名描出}...=}(12)
{台録}{希哲13年12月14日の開発}{ライブラリ名}{libxpo.Pg.kn.so}{xpo.Pg}{libxpo.Pg.so}{希哲13年12月14日の進捗時限}{希哲13年12月14日}{希哲13年12月14日の進捗}{xtd.DB.RDB.Pg.be}...=}(28)

{希哲13年12月14日7歩 K#F85E/A-5B28-DB89}

xtd.DB.RDB.Pg.be を独立させることを決めたところで,XPO/Pg位置付けについて再検討。

当初,位置付けが明確ではなかったため,ハガネHgn/)ではなくドロDro/)に分離していたが,最近の交度統合で違和感を覚えることが多くなった。

現状の xpo_Pg.so というライブラリ名も,汎用的なものではないため意図的に lib 接頭子を使わない,独立性を表現するため xpo.Pg.so ではない,など一応の理由があったが,一見して位置付けや役割が分かりにくい,という問題があった。

そこで,libxtd との関係が分かりやすいように,libxpo.Pg.so に改称することを考えた。これは,XPO 考案当初の libxpo.so に近いものになる(当時は XPO 自体が PostgreSQL 向けインターフェイスだった)。

Cμ 標準模従に合わせ,これを xpo.Pg と呼べるようにしたい。XPO/Pg という呼び方は,現状の作業台録構造との親和性も考慮したものだが,xpo.Pg/ という台録にして,ハガネに移動することも検討する。

将来的に,libxpo.Pg.so 内で模従を独立させたくなったら libxpo.Pg.kn.so のようにすればいい。

通称作業台録は後からどうとでもなるため,とりあえずはライブラリ名だけ適当な時期をみて変えておくことにした。

途中で終了。

=}
{位置付け}
{}