{希哲16年11月23日}{日記}{Twitter アカウントの削除}{今まで以上に}{低質な情報}{開いたら開いたで}{集積場}{戻ってみる}{始める前}{見ていない}...=}(92)

{希哲16年11月23日の日記 K#F85E/E74C-A0BE}

最近気が乗らなくなっていたツイストだが,重い腰を上げ一つ書いてみて面白い心境の変化気付いたもう宣伝目的ですら Twitter使い続ける意味見失っているかといってMastodon をまた使うにもなれない。想像以上に気持ち冷めていたことに少し驚いた

輪郭整備生産性重要性上がったことで,ツイスト役割を終えたのかもしれない。世の中状況も,いま必要なこと把握し切った感があり,情報収集というでもあまり必要性を感じない

主観的情報価値集積場だったデライト客観的情報価値繋げることを強く意識するようになり,献典拡充のことを考えると,とにかく時間が足りないTwitter開いているないし,開いたら開いたで低質な情報今まで以上に気になって精神衛生上良くない

今はデライト開発輪郭整備ひたすら進めるのみだ。出来れば一日一文再開したい

というわけで,時期尚早かと思っていた Twitter アカウントの削除急速に傾いている告知してから少し時間を置いてとか,更新停止だけにするとかも考えていたが,それでずるずる引きずってしまうのも良くないここまでのデライト宣伝本当にデライト興味を持ったTwitter しか見ていないということも考えにくい

一度ツイストMastodon始める前戻ってみるのも良さそうだ。最新のデライトというこの上ない土産もある。

{希哲16年11月14日}{希哲16年10月中旬}{希哲16年9月}{振り返り日記}{日記}{傾向の把握}{手を抜いていた}{観察していく}{こうなると}{顕著な}...=}(153)

{希哲16年11月14日の日記 K#F85E/E74C-87D0}

考え事が多かった。そのせいか,やや脳疲労感があった。

GAFAM の停滞Twitter の混迷中間選挙にも表れた米国政治世界情勢の膠着世界の行き詰まり誰の目にも明らかとなり,その突破口である希哲館事業デライトにとってはこれ以上ない舞台整いつつある

デライトの現状からすると,完全な成功デライト3周年来年2月13日までに果せるかどうかだろう,と考えてみてまだ正式離立から3年経っていないことに愕然とした67年経っているような気分だった。意識先走り過ぎていたのかもしれない。

大輪郭整備では初期ツイスト見直し始めたが,ちょうどデライト構想出来たばかりツイスト群で,何かと感慨深かった当時はデライトの離立全てだった。当然,それでは何も終わらなかった結局,「完全な成功」も通過点一つ過ぎず,また新しい課題立ちはだかるのだろう。これからもずっと,それが私の日常なのだと思うかえって気が楽になった


最近輪郭整備意識しなくても自然と丁寧な描出出来るようになり,良い傾向だと感じている

輪郭整備無計画やっているキリがなく,迷子になりやすいので副日記専用記録加えることにした。「輪郭整備記録」というのも煩わしいので,「整輪」を造語し「整輪記録」とした。傾向進捗の把握中断再開容易になり,開発との釣り合い取りやすくなるだろう。

最近輪郭整備強く意識するようになった現実的な理由一つに,SEE による検索流入伸び悩みがある。検索流入極めて緩やかに増え続けているが,デライト市場戦略補完する役割十分に果せていない

デルンデライト自体前例のない司組である上に変化が激しかったため,SEO 効果測定難しかったが,9月までの開発司組上の課題ほぼ全て解消したことで,献典不足という問題向き合わざるをえなくなった特に9月輪郭情報取得改良による高速化サイトマップ改良後は検索流入にも顕著な好影響見られたものの,10月中旬頃からまた停滞してしまっている。こうなるとページ数対する献典不足以外問題考えられない

整輪記録併せて検索演心による評価変化観察していく


乾燥気になってきたため,梅雨頃から手を抜いていたスキンケアまた意識することにし,品物揃えた

15日振り返り日記

{希哲16年11月6日}{振り返り日記}{日記}{定休日}{喜んでもらえない}{開けそう}{新しい道}{二方面}{考えていたこと}{デライトの革新性}...=}(125)

{希哲16年11月6日の日記 K#F85E/E74C-5CA2}

定休日なので輪郭整備をしながらのんびり過ごした

非常に収穫の多い気分転換として輪郭整備時間を割くようになったが,やっているうちにむしろこれこそやるべきことなのではないかという気がしてきた

もともと輪郭量対して輪括量描写量少な過ぎるという問題があったが,優先順位問題でなかなか本格的な輪郭整備進まなかった第二次快調期経て描出効率発信能力飛躍的に向上し,十分な時間対効果期待出来るようになっている。

もう一つ他用者への波及効果意外と大きい感触がある。やはり,私自身活発に描出しているかどうかで他用者賑わい違う気がする。この用者の少なさ一番重用者なので,当然といえば当然だ。

開発に没頭していた期間大きな収穫があっても用者の反応乏しいということがよくあり,違和感を覚えていた一つの理由として,そういう時期待欄進捗記録などの事務的な記録埋まりがちで,献典として面白くないということがあったのかもしれない。


デライト市場戦略についての面白い気付きもあった。

先日の日記では,Twitter騒動利用することに関して消極的な見方をしていたが,よく考えるとそもそもTwitter ではない Twitter のようなもの」が失敗してきた理由は,Twitter との差別化出来ていなかったからだ。この場合,KNS としてのデライトの革新性は,障害ではなく近道として機能するかもしれない。積極的に利用することを考えるべきか。

面白いのは,デライトのキャズムについて最近考えていたこととの対比だ。個人知識管理通類用者層意外と保守的であり,大きな変化望んでいない多い。それはメモ自己保存欲求相性の良さから来ているのではないか,と考えていた。先述の用者の反応乏しい問題にも通じるが,新機能追加しても意外と喜んでもらえない。こうした向けには,印迫よりも安心感与える施策必要なのだろう。

この二方面への売り込み方上手く使い分け組み合わせることで新しい道開けそうだ。

7日振り返り日記

{希哲16年11月}{希哲16年10月31日}{希哲16年10月}{日記}{感じざるをえない}{時代の壁}{世間が求めている}{感じてしまう}{大金が動く}{時間が止まっている}...=}(79)

{希哲16年10月31日の日記 K#F85E/E74C-4111}

詰め込んだ雑務なんとか片付き,今月結局上手く乗り切れてしまった。これで来月からは時間的なゆとり出来る

デライト宣伝については,まず「ツイスト回帰」で様子を見ることにした。デライトの蓄積にならないことを極力避ける


最近他人に対する興味の無さについてよく考えているつくづく自分他人に興味が無いのだと感じさせられることが増えた例えばデラング引用記法にしても,自分あまりにも使わないので,他用者使用頻度驚くことがある。世間話題一応追っているが,共感出来ることがあまりにも少ないどうしても退屈さ感じてしまう

Twitter 買収騒動にしても,10年以上前から KNS構想していたからすれば,まだ Twitter時間が止まっているのか,という感想だったが,現実に世間注目するのも大金が動くのもそんな Twitter だ。はるかに革新的なデライトの方ではない。いま世間が求めているのは Twitter 程度のものなのだと思う時代の壁感じざるをえない

この性格は,新しいものを作ることには向いていても,新しいものを広めるとか,広まるように作るということにはやはり向いていないのかもしれない。自分世間関心重ならないのだから。もちろんなんとかするしかないのだが。

{最近}

{}