{出振るい}{進捗記録}{分かる}{希哲16年2月15日24歩}{希哲16年2月9日の開発}{確信が持てなかった}{領当て}{ずらせない}{他要素}{空間的に}...=}(122)

{希哲16年2月9日15歩 K#F85E/E74C-ABAC}

進捗時限記録中略前後

デライト装体調整昨日7歩に関する整理終了

見出し段落よりも横幅両端0.5remずつ広げ区切り線<hr>段落よりも0.5remずつ狭めることにした見出しと区切り線装体・幅調整後

当初見出し下線区切り線見分けやすくするために,区切り線両端1emずつ狭める形にしかけたが,試しに出振るいしてみたこの形が想像以上しっくり来たので,基本方針として採用してしまうことにした。

文書構造視覚的にぐっと把握しやすくなった


段落に対して僅かに字上げするような見出し装体昔から気に入っていて,現状でも「はじめに」などのデライト文書<h2>1em<h3>0.5em字上げされている長らく更新していないため描写内見出しとは全体的に乖離している)月庭でどうしていたか忘れたが,特に理由がなければ似たような装体採用していたはずだ。

やはり,見出し直感的に把握しやすいのが大きな利点だが,描写内見出し採用出来なかった理由として,無駄な余白生じやすいという領当て上の問題大きかった。特に,諸場対応から強く意識するようになった幅狭領当てでは小さくない問題だった。

今回実験意外だったのは,全ての描写内見出し0.5remずらすだけでも十分な視覚効果得られたことだった。これなら,他の装体そのままに,見出し装体マージン削るだけで一応実現出来る。

そのうち領当て上の問題起きたとしても,幅狭領当てでは0.25emにするとか区切り線だけ調整するとか,調整やりよういくらでもあるので,基本方針としては問題ないだろう。


これだけ見出し分かりやすくなれば,区切り線短くする必要はないかとも考えたが,これはこれであった方がメリハリが付いて良い従来の他要素同じ長さだと,やはり直感的に区切りの大きさ把握しにくい

新装体なら,見出し見比べるまでもなく,見出し未満小さな区切りであることが分かる

空間的に見出しずらせない場合の備えにもなる。


昨日眠気が強い時間帯思い付いたのでこの新装体良さ確信が持てなかったが,認知機能低下している時に分かりやすい思ったのだから,分かりやすさに関しても間違いないだろう。

{進捗記録}{高い}{希哲16年2月7日の開発}{表示された}{0.1em刻み}{狭まってしまう}{滅多に使わない}{階層の深さ}{変わってしまう}{4階層}...=}(87)

{希哲16年2月7日16歩 K#F85E/E74C-5EF4}

{HTML}{::after}{文字サイズ}{進捗記録}{目立ってしまう}{制御しにくい}{double}{果した}{調整余地}{font-weight}...=}(121)

{希哲16年2月6日12歩 K#F85E/E74C-06F4}

デライト装体調整終了

見分けにくかった見出し装体視認性大きく向上した修正前修正後

見出し装体固定化

まず,これまで中景輪符<h1>始まる<h2> で始まる前後景輪一覧かで描写内見出し装体1階層ずつずれていたが,これはいったん固定することにした。

ずれるのも HTML文書構造からみれば間違った表現ではなく,中景輪符表現も少し変えるべきかと考えていたが,これもなかなか難しい中景輪符知名部は,現状 <h1> でも <h2> でも font-size: 1.4emfont-weight: boldletter-spacing: 0.05em という装体になっている。輪郭という情報単位粒度考えた時,これ以下は小さ過ぎ,これ以上は大き過ぎという所だ。

他の要素も,要素同士の対比考えて細かく装体調整しているため,それらまで見出し装体変化合わせる保守性悪影響を及ぼす。将来的にどうかはともかく,現時点でそこまでする利点は無いだろう。

CSS では h1 ~ .dln h2, h2 ~ .dln h3 のように兄弟結合子使えば簡単に実装出来る。

装体調整

あくまでも描写内での見出し階層装体固定することにした上で,第1階層から第4階層までの描写内見出しには二本線一本線破線点線4種類下線を付けることにした。これまでは第1階層2px第2階層1px一本下線のみだった。

二本線border-styledouble では制御しにくいため ::after使い,1px2px間隔をあけた。また,点線舞覧によって破線より目立ってしまう場合があるため,調整することにした。

最初は,第1階層二本線第2階層一本線があれば十分かと思ったが,結局文字サイズだけの変化ではぱっと見分かりにくい。各描写内見出し図形的特徴があった方が良い。

文字サイズは,これまで 1.3em1.2em1.1em1.05em1em だったのを 1.3em1.2em1.15em1.1em1.05em とした。

1.3em から 1.1em まで0.05em刻みの方が数字的には綺麗かと思ったが,下線特徴を付けても,特に第1階層第2階層一見して見分けにくかった画面撮り。それ以下は使用頻度も低いので0.05em刻みでも大きな問題はないだろう。

letter-spacingfont-weight調整余地はもう少しありそうだが,視認性改善という目的十二分果したのでここで一段落とした。

2px一本線よりも1px二本線の方がすっきりした印象になるのが意外だった。

{デライト}{HTML}{開発}{開発記録}{AsciiDoc}{デラング 0.03}{デラング 0.02}{デラング 0.01}{Markdown}{<h1>}...=}(84)

{希哲15年5月15日の開発 K#F85E/E74C-16DE}

デラング整備見出し記法実装

見出し記法一段落

見出し記法実装に関しては一段落したデライト公式での解説

結果的に,Org-Mode,主要なウィキ実装AsciiDocMarkdown の方式に幅広く対応出来ることになり,当初想定よりずっと洗練されたものになった。

見出しの扱いは簡単なようで意外に複雑で,デルン初期実装では早期に実装していたものの,デライトに合わせた再実装がなかなか難しかった。出来てみれば,時間をかけただけのことはある。

昔の輪郭には見出しを使ったものも少なくないため,これらの可読性向上し,SEO にも寄与してくれることが期待出来る。

仕様

見出し記号には,当初予定していた星号に加え,要望による等号,実装途中で条件付きで取り入れられることに気付いた番号記号採用した。半角全角区別は無い。

実装しながら,最初の見出し記号の数も任意にした方が都合が良いことに気付き,最初の見出し記号の数を基準とすることにした。最初の見出し記号の数を下回る見出し記号が現れた場合は,それを新たな基準にする。

いずれにせよ,HTML見出し階層を飛ばすのは良くないとされているため,こうせざるをえないのだが,中景輪符の捉え方で,見出し記号2つで始めた方が直感的と感じる人もいるだろう。この仕様利用して,見送るつもりだった番号記号採用出来た。

装体

見出し装体に関しては,文字を適当な大きさ・太さにして,h3 要素までは下線を入れるという,特筆すべきことはあまり無いものに落ち着いた

見出し記号多様化したこともあり,3月30日9歩で作った見出し装体素案から星号部分を除いた形になった。

実際試してみると,これくらいあっさりしていた方が気軽に使いやすい。これ以上装飾すると目障りになりそうだ。

当初,HTML 上で見出し階層がずれても装体を維持するように調整するつもりだったが,これはいったん保留とした。現状,中景輪符h1 でも h2 でも同じ装体になっていることに合わせようとしたが,本来これは変わった方が自然なので,後でまとめて調整した方がいいだろう。

デラングの版存を確定

見出し記法実装の一段落(10歩)をもって DIL 0.2 にあった主要な記法を全て取り込んだため,長らく定まっていなかったデラングの版存0.03 と定めた。

デラングの版存に関しては,時印を元に適切な版存自動適用するという方向検討するようになっている3月7日14歩。それはそれとして,管理上版号も欲しいと考えていたが,なかなかまとまりが付かなかったこともあり,特に版号を与えていなかった。

キリの良いところでデラング 0.01 とするか,などとぼんやり考えていたが,これだけ長いこと弄っていて 0.01 というのも出し惜しみが過ぎると感じていた。

この見出し記法実装をもって旧デルン実装で主に利用していた DIL 0.2 を取り込み終え,開発予定のまま棚上げになっていた DIL 0.3置換することになるため,点零記法でこれに相当する 0.03 が丁度良いのではないかと気付いた。

デラング 0.01DIL 0.1 の,デラング 0.02DIL 0.2別名としておく。

{<h2>}

{}