{希哲15年6月22日の開発}{自動表示}{好きになれない}{行内引用記法}{q 要素}{quotes}{行内引用}{希哲15年6月22日の進捗時限}{希哲15年6月22日の進捗}{希哲15年6月22日}...=}(45)

{希哲15年6月22日16歩 K#F85E/A-E74C-E04E}

行内引用記法についてのまとめを終え終了。

行内引用は以下のように,任意の引用符内先頭に > (半角・全角)を置く形式で実装することにした。引用符は q 要素quotes を使って制御する。

"> 引用文"
「>引用文」

行内引用については自然かつ混同しにくい記法をずっと探していたが,なかなかこれといったものが見つからなかった。最近では既存の引用記法応用して >><< を使うかなどと考えていたが,まだすっきりしないものがあった。

そもそも引用符を勝手に追加する q 要素自体あまり好きになれなかった。稲妻形引用部区考案したのも,特定の引用符自動表示すべきではないと感じていたからだ。

やはり,どの引用符を使うかは書き手が指定出来るようにしたい,と考えた時,これに範囲指定を兼ねさせれば > 一つ置くだけで十分であるということに気付いた

最小限記号直感的理解しやすく,切り貼りもしやすく,意図も明らかだ。しいて欠点を挙げるなら,フランス語ギュメなど山形の引用符との相性が悪そうなことくらいだが,それも致命的な問題ではない。

気軽に使いやすいように,装飾最小限にする。

先日の出典記法に続き,これでデラング引用記法出揃った感がある。

=}
{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{日本脱出}{宗教的寛容}{日本を選ぶ}{国外脱出}{地政学的利点}{法的自由度}{政治的安定性}{良い思い出}...=}(61)

{なぜ日本なのか K#F85E/A-E74C-0142}

先日の一日一文でも書いたように,希哲館事業では「ジパング計画」を推進している。知能増幅(IA)技術による知識産業革命日本で起こし,日本主導新しい国際秩序を作っていこうという計画だ。

私自身も希哲館事業も一見して“日本人らしい”とは言えないが,どちらも,紛れもなく,現代日本の産物だ。だから,「なぜ日本なのか」という問いも本来はおかしい

私は日本生まれ日本育ちの日本人で,日本社会温かく育ててもらった。平気でこんなことをやっていられるくらいだから,甘やかされた,と言った方が正確かもしれない。家族親戚友人知人,みな良い人ばかりに囲まれて,日本にも日本人にも良い思い出しかない。

希哲館事業も,そんな日本から生まれて育った事業だ。散々日本人に助けられてここまでやって来れた。デライト用者ユーザーも,恐らくは日本人ばかりだろう。希哲館事業が日本で,日本の繁栄重視するのは自然なことだ。

もちろん,事業本拠地要件として「日本でなければならない理由」はいくつもある。政治的安定性法的自由度宗教的寛容地政学的利点社会基盤……どちらかといえば,今日はこういうことを書こうと思っていたのだが,書き始めてから,「なぜ日本なのか」という問い自体の悲しい面白さについて考えてしまった。

日本脱出”のような言説があまりにも普通になってしまった今の日本では,日本人日本を選ぶ理由を考えなくてはならない。

確かに,情技(IT)業界でも,最近は日本人が作った柔品ソフトウェアサービスが最初から英語表示で,英語版以外無いことも多い。見かけるたびに複雑な気分にさせられる。日本人自身が日本に目を向けなくなりつつあるのだ。

それでも私は,日本から世界史上最大の企業を生み出せるし,日本を世界史上最大の極大国ハイパーパワーにすることが出来ると思っている。そして,日本語がいまの英語をも凌ぐ世界の言語になるだろう。決してではない。それを現実にするジパング計画という地図がここにある。

{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{霞んで見える}{大きな画期}{新しい社会}{人間社会の縮図}{宗教指導者}{そぐわない}{知の可能性}{知の不可能性}...=}(95)

{超人を越えた凡人への旅 K#F85E/A-E74C-CC47}

私の人生観希哲館事業を貫く「凡人思想」については時々断片的言及してきたが,そろそろしっかり書いておきたい。

私の凡人思想は,ニーチェ超人思想を“克服”するように形成された。

19世紀後半活動現代思想大きな影響を与えた哲学者フリードリヒ・ニーチェが言う「超人」とは,「孤独虚無をも楽しめる創造力を持った人間」のことだ。

私が言う「凡人」とは,「自らの創造力によって“新しい普通の人間”であり続ける人間」のことだ。これを私は「まだ見ぬ凡人」などとも呼んできた。この凡人は,超人を越えたところにいる。“新しい普通の人間”になるということは,万人のためのを創るということでもある。

17歳輪郭法閃きを得た私は,この発明が“知の不可能性”を前提としてきた現代思想を終わらせるものであることにも気付いた知能増幅によって“知の可能性”が異次元に広がり,知識産業隆盛と結び付いて世界あり方を変えうる。この可能性が「新しい物語」の原点だった。

それは同時に,気の遠くなるような,超人を越えた凡人への旅予感させる出来事でもあった。


凡人思想について哲学的なことをあれこれ語り出すと一日一文にはそぐわない内容になりそうなので,具体的に考えてみよう。ちょうど良いがここにある。他でもない,デライトだ。

デライトは,輪郭法に基いた世界初知能増幅メモサービスだ。私は,これを KNS(knowledge networking service)として SNS対峙している。SNS はいわば人間社会の縮図だ。各国首脳宗教指導者,各界の権威著名人を含めた数十億人ともいう人々がひしめき合う世界だ。それでも,たった一人で始めた KNS には,SNS に勝る価値があると私は思っている。

実際の所,私は希哲館事業を始める時に,「全てのと自分以外の全人類を敵に回してもこの事業に尽くせるか」と自問自答した。その決意が出来たから今こうしている。これは超人以外の何者でもない,ニーチェもびっくり精神性だ。

しかし,この程度のことなら私にとって難しいことではなかった。「三つ子の魂百まで」というのは本当で,私のこういう性格は幼い頃からほとんど変わっていない。普通ならどこかで破滅していると思うが,環境のおかげで生きてこれてしまった「超人ネイティブ」なのだ。

本当に難しいのはここからだ。このデライトを多くの人に使ってもらうためには,単なる“超人”でいてはいけない。自分自身が,万人共鳴してもらえる模体モデルとならなければ,新しい技術に基く新しい人間新しい社会を創ることなど出来ない。これ以上に人間としての器量を試されることなどなかった。

新しい凡人」になること。これこそが,17歳の私を絶望させた重圧であり,超人が霞んで見えるほどの価値だった。


たまに,デライト思想臭くてとっつきにくいなどと言われることがある。

ただ,人類知のあり方を変えようという技術新しい思想を伴なわないわけもなく,全て必然であり自然なことなのだろうと思う。

もともと希哲館事業は「テクノロジーとフィロソフィーの結合」を掲げている。デライトの成功は,技術史のみならず,思想史にとっても大きな画期となるだろう。

{一日一文}{希哲館訳語}{希哲15年5月の一日一文}{デラング}{ルビ対応}{大枠}{ルビ記法整備}{デルン初期実装}{ルビ記法}{使いやすく}...=}(43)

{日本語におけるルビの重要性について K#F85E/A-E74C-5DDE}

ここのところ取り組んでいたデラングルビ記法整備がようやく一段落した見本

実はこのルビ記法デルン初期実装からあったもので,月庭でも一時期よく使っていた。デラングではその仕様大枠を受け継ぎ,細部洗練させた。

今のデライトには他にも多くの課題があるが,それでもこのルビ記法への思い入れは強く,後回しに出来なかった。

ルビ日本語柔軟性を与えてくれるものだ。実験的用語導入などにあたっては,これが使えるかどうかは大きな問題になる。私の場合は言うまでもなく,希哲館訳語使いやすくしたい,という動機が強かった。

現状,HTML でも汎用的標記マークアップ言語でも,ルビはあまり重要視されていない。一部日本語サービス通類ツールの“独自記法”としては散見されるものの,冗長過ぎたり簡潔だが紛らわしかったり,どれも一長一短あり,集約される気配は無い。

デライトデラングルビ対応は,個人知識管理一般で使えるように自然簡潔かつ明示的であることを重視した,割と革新的なものだと思う。

よりよい日本語探求のため,これからもルビ最大限活用していきたい。

{自然}=}(1)
{希哲15年4月23日の開発}{方針検討}{プロポーショナル}{フォント調整}{希哲15年4月23日の進捗時限}{希哲15年4月23日の進捗}{希哲15年4月23日}{希哲15年3月10日11歩}{描写選り手}{整合的}...=}(24)

{希哲15年4月23日12歩 K#F85E/A-E74C-16C6}

描写選り手フォント調整

描写選り手は等幅フォントで良いとして,よく考えると,知名欄全知検索窓はどうするという問題があった。

描写欄が等幅で知名欄プロポーショナルというのも違和感があるため,両方が開いている場合は等幅で統一,知名欄だけが開いている場合は直感性を重視しプロポーショナルにしておくことにした。これなら全知検索窓がプロポーショナルでも整合的だ。

知名欄描写欄は同時に開いている場合合体させることを決めている3月10日11歩ため,これで自然に見えるだろう。

細かい調整は追い追いするとしてまずは方針検討のみで終了。

{第二次デライト市場戦略}{一日一文}{希哲15年4月の月記}{デライト高速化}{自然の流れ}{計画通り}{希哲館事業の広告塔}{全ページ0.3秒以内表示}{全ページ1秒以内表示}{希哲15年4月9日}...=}(74)

{希哲15年4月9日の日記 K#F85E/A-E74C-2520}

昨日の激務デライト小理腑を終えた安心からか疲労感がどっと押し寄せてきた。日中はなかなか頭も手も動かず,調子が戻ってきた夜に小理腑や今後の方針についてまとめることで精一杯だった。

3日目にして一日一文休みだが,楽しもうと決めたばかりなので無理はしないでおくことにした。


小理腑後に残った時間では上旬中に出来ることも高が知れているため,今日で短期集中生活を終えようかと思ったが,振り返ってみると,短期集中生活に入った28日の開発待っ読ボタン実装理腑時間を充てることを決めていた。前後しただけで方向としては計画通りに進んでいるので,もう一日頑張り,待っ読ボタン実装までは上旬中に終わらせることにした。

中旬は,小理腑で得たものを最大限に活かし,新生デライトをこれまでの想定以上水準仕上げることを目指す

小理腑に時間をかけたことで第三次宣伝攻勢開始が遅れる可能性もあるが,『道草録』が多少は補完してくれるだろうし,調整はどうとでも出来る。


完成度勝負しようということ以外,まだ全体像明確ではなかった第三次デライト市場戦略についても,概ね考えがまとまった。

いわば「希哲館事業の広告塔」という本来の位置付け立ち返りありのまま希哲館事業の全てを自然に活かしていくことにした。新生デライトへの信頼感が高まるにつれ希哲館累新の動きも加速しているので,これも自然の流れだろう。

第二次市場戦略では宣伝上のにしようと思っていた「知能増幅」についても,隠さないまでも,必要以上に前面に出さないことを方針として決めた。先月からのデライト開発快調で,知能増幅デライトの姿で示せばいい,と思えるようになっていた。


小理腑でデライト高速化新鮮手応えを得て,調安が妙に楽しくなってきた。

当初,デライト高速化の目標全ページ1秒以内表示などとしていたが,これでは遅さが気にならないだけで速さを感じるには中途半端だ。目標は高く,全ページ0.3秒以内表示を目指すことにした。いっそのこと,速さで有名になるくらいにしたい。

{自然}
{}