{KNS}{デライト}{それなりにいる}{デライトの闘い}{創出出来る}{PKMS の次}{逆に言えば}{同じ問題}{保管している}{閉鎖的なサービス}...=}(157)

{希哲17年4月14日の日記 K#F85E/E74C-A703}

脳爆発おかげで検討作業では大きな収穫があったが,思考広がり過ぎたか。サイクリングそれなりに身体を動かしたにもかかわらず脳疲労感が強かった他にちょっとした幸運があり,少し気が緩んだことも影響しているかもしれない。


最近ちょくちょくKNS の経済的合理性」について考えている考えれば考えるほどKNSSNSPKMS相補的相乗的発展形であると同時に経済的合理性において唯一の解だと思えてくる

SNS経済的な問題は,「献典の質」にある。開放的にして人を集めると,どうしても粗悪な献典増えるそもそもSNS における投稿体験のための手段過ぎないことが多く献典としての情報価値が低い

日常的な挨拶から「バルス祭り」まで,情報としての意味はない出与え抱え過ぎている砂金のために土砂全部保管しているようなものだ。意味がないだけならともかく不法行為デマのようなものも誘発する構造持っているのも厄介だ。放っておけば広告主が減るし,監視を強めれば人件費が増えるかつての匿名掲示板同じ問題抱えていたが,文字という最も軽量情報でありながら維持費収益追いつかない理由だ。

他方PKMS では,知的関心献典蓄積され利用者自然と内省的になるので献典の質治安総じて良い

ただ,PKMSとにかく高コスト体質」になる。まともに開発しようとすれば,厳重な制危情報保護体制複雑な WYSIWYG 選り手自動保存編集履歴オフライン対応ゆとりのある譜類上信機能あたりは基本として,OCR人工知能くらい付いているのも当たり前なりつつあるデライトがこれらの機能上手く切り捨てられているのは,やはり KNS という根想によるところが大きいどれも SNS なら必要性が低い

しかもPKMS閉鎖的なサービスなので収益化手段限られ広告宣伝費まともにかかるEvernote にせよ Notion にせよ,SNS比べると規模的に伸び悩み状況にある。

そこで KNS たるデライト出番というわけだが,KNSKNS で「新し過ぎ理解してもらうのが難しい」という問題抱えている逆に言えば,ここさえ突破すれば SNS の次PKMS の次同時に創出出来るSNSメモ通類として使っているPKMS情報発信使いたいそれなりにいるので,突破口確実にある

これが目下デライトの闘いだ。

15日振り返り日記

{デライト}{希哲17年4月11日の副日記}{制御出来る}{拭えず}{立求が増える}{本質的な機能}{負荷対効果}{優先順位が低い}{最後の方}{利用しやすくなっている}...=}(203)

{希哲17年4月11日の開発 K#F85E/E74C-7F12}

新着確認機能実装一段落させた10日12歩修正ともに出振るい手定め済み

新着確認機能により輪郭一覧更新状況ぐっと把握しやすくなったサービス性質上自動更新など気が散る実装避けてきたが,あちこちページ画面切り替えながら作業していると,輪郭一覧鮮度気になることが多々あった必要以上に輪郭一覧更新する癖がつく問題もあった

実装要点次の通り

新生デライト開発当努としての新着確認機能実装優先順位が低く,最後の方になるかと思っていた最近になって,メニューアイコン使えること,輪数必要ないこと,交差監視使えること,と立て続け実装上気付きがあり,高い時間対効果負荷対効果望めるようになっていた。

マイクロブログなどの投稿数異なり1輪長文もあれば10輪知名のみの輪郭もあるのがデライト輪数なので,文脈限定せずましてや2桁程度表示幅では情報量尺度として機能しないことに気付いた

全知検索窓固定機能採用した交差監視使えることに気付いたのが駄目押しだった。無駄な再読み込み抑制する効果望めるとはいえ,多少なりとも立求が増える機能なので,悪影響懸念拭えずにいた。交差監視によって無駄なく効果的に待機状態制御出来る見通しが立った流石に高速化までは行かないにしても,十分な低負荷実装になった。

{機能}

{}