{希哲15年9月11日の開発}{将来的な}{必要なさそう}{噛み合っていない}{数MB}{数十kB}{上手く動いていた}{現行方式}{`tee -a`}{希哲15年9月11日の進捗時限}...=}(83)

{希哲15年9月11日4歩 K#F85E/A-E74C-BFAF}

デルン出力録整備deln出力録保存機能調整

昨日時点では「間に合わせ」に近い感覚だったが,調整を続けてみると機能性能ともに十分なものになったため,4月デルン出力録整備作った現行方式をいったん正式採用出力録保存機能に関しては一段落とすることにした。

deln.log 肥大化問題最終的解決したといってよさそうだ。

deln_log実装将来的な選択肢の一つとして保留しておく。


昨日の時点でも概ね上手く動いていたが,一つだけ気にかかることがあった。

watchdeln.log変化観察してみると,tail切り詰める一瞬合間に,数十kBから数MBサイズ極端増えることがあった。しかも大きい方のサイズは減ることなく,微増を続けている様子だった。

以前の deln.log 肥大化問題に比べればずっと緩やかなもので,直ちに問題があるほどではなかったが,時限爆弾のような気持ち悪さがあった。

挙動からして,tail譜類置換した後も tee累積した出力再作成し続けているとしか考えられなかった。最初はバッファか何かが上手く噛み合っていないのかと思い stdbuf調整してみたが変わらず,結局,tee -a を使うことで問題解消した。

これは tee仕様なのか,もっと基本的な譜類司組司組呼応の問題なのかは分からない


まずは速度改善してみようと tail -n 1000tail -c 50kB に変えてみたりもしたが,文字交度して Bashcommand substitution: ignored null byte in input という警告を出すので止めておいた。そこまでの性能必要なさそうだ。

=}
{希哲15年9月6日の開発}{急がない}{希哲15年9月7日}{まとめて}{やりやすくなった}{5時前起床}{5時台}{6時台}{早朝出振るい}{希哲15年9月6日の進捗時限}...=}(46)

{希哲15年9月6日4歩 K#F85E/A-E74C-F11E}

出振るい作業についての検討終了

最近,断帯を伴う出振るいタイミング迷うことがく,結果的にまとめて行うことも多くなっていた。今後,急がない出振るいについては意識的まとめて行うことにした。

保守作業中ページへの切り替え機能再整備違了処理整備輪郭選り手抜控機能整備を経て出振るい作業もずいぶんやりやすくなったが,機会損失に繋がる断帯最小化したい。

時間帯も,深夜にまとめようかと思ったが,生活律動との兼ね合いがあるため5時台の「早朝出振るい」を心がけることにした。朝のデライト宣伝6時台最適考えてきたため,流れとして丁度良いだろう。

これに伴い,明日から5時前起床目指すことにした。最近,夜更かし目立つようになってきたためこれも丁度良い

=}
{希哲15年8月23日の開発}{検索語変換}{どうとでもなる}{条件次第}{OR 検索}{AND 検索}{組み込み函数}{希哲15年8月23日の進捗時限}{希哲15年8月23日の進捗}{希哲15年8月23日}...=}(70)

{希哲15年8月23日7歩 K#F85E/A-E74C-ECC6}

全知検索整備についての検討終了

全文検索にはとりあえず pg_bigm採用しておくことにした。知名検索でも中間一致検索性能課題だったので,これも解決出来そうだ。後方一致検索に関しては,PostgreSQL 9.1 から reverse()組み込み函数として提供されるようになっているので問題ないだろう。

後縁実装どうとでもなるが,難しいのは用合いだ。全知検索窓をこれ以上ごちゃごちゃさせたくないので,まずは検索演算子として各種機能実装したい。これに関しても,だいぶまとまってきた

カンマAND 検索に使うという構想があったが,& ボタンとの兼ね合いもあるので,まずは無難&AND で AND 検索,|OROR 検索対応することにした。除外検索条件次第- を使えるようにしてもいいだろう。

部分一致検索については,省略記号 ...ダッシュ記法応用した ---対応する。

描写検索については,基本的には昨年7月27日3歩方針踏襲し,末尾に ?? を加える形で対応することにした。デラングとの兼ね合い検索寸片をどうするかという課題は残るが,デライトではそれほど多用するものではないので,まずは普通に引っかかるだけで十分だろう。

一つの可能性として,検索ボタンダブルクリックダブルクリック検索対象切り替える機能があってもいいかもしれない。

いずれにせよ,まずは既存の検索語変換交度whr_kw()まとめる作業から始めることになるだろう。

=}
{希哲15年8月16日の開発}{画面分割機能}{副窓}{分かりやすくなる}{タブの複製}{望ましくない}{難しそう}{窓管理}{窓複製ボタン}{窓複製機能}...=}(45)

{希哲15年8月16日5歩 K#F85E/A-E74C-FC86}

窓複製機能検討終了

マウスオーバーでの捕活など,複数窓使い勝手向上させることを考えたが,これは止めておいた。

副窓なら window.focus() などを使ってなんとか出来そうな気もしたが,単純な実装難しそうで,出来たとしても応司窓管理干渉することは可使性の観点から望ましくない

最近の Windows ではマウスオーバーアクティブにする設定も出来,その手の通類もあるので大きな問題ではないだろう。


可使性を考えればデライト画面分割機能を持たせるのも手だが,やはり複雑化懸念されるので見送り


それとは別に,窓複製ボタン追加することにした。

タブの複製と違い,現在のページを新窓で開くという機能は一般的でなく,デスクトップ PWA でも面倒だ。

複数窓で使えるように設計されていることも分かりやすくなる

=}
{機能}
{}