{出振るい}{Aejs 整備}{第四次宣伝攻勢}{省けた}{小さくなかった}{設計面}{第四次生活習慣改善の再開}{暖かくなってきた}{大事を取っていた}{生活習慣の乱れ}...=}(156)

{希哲16年3月15日の日記 K#F85E/E74C-4AA3}

12日脳爆発引きずってまだ脳疲労感残っていた一ヶ月分にも相当するであろう収穫だったのだから仕方ないと,気分転換兼ねて半年ほど放置していた Aejs 整備再開してみることにした。

まずは交度見直し軽く違了修正程度出来ればいい始めたものの,驚くべきことに,作業の続きよく捗った。これだけ間があくと,作業方針思い出すのと再整理時間がかかるのではないかと思っていたが,むしろ中断前より捗った気がする。この半年間での環境整備設計方針洗練知見の蓄積がそれだけ大きかったのだろう。当時は,ゆとりがなく混沌とした状況でもあった。

金風中断してからなかなか再開出来ず中途半端な状態出振るい出来ず前縁周り作業非常に進めにくい状況ではあったが,この間の収穫考えれば仕方ない思っていた設計面仕様面での変化小さくなかったので,再修正手間省けた唯一懸念だった作業再開にかかる負担全くと言っていいほど無かったのだから,仕方ないどころか大正解だったと言うべきだろう。

Aejs 整備中断経緯について記録振り返っている内に,もう一つの放置課題だった KNEST 隠し実装についても再整理急速に進んだ

輪郭選り手抜控機能整備がなかなか進まなかったことで Aejs 整備入ったのが昨年9月9日だった。14日11歩最後にそれも止まり,代わりに HTML 隠し実装からの KNEST 隠し実装重点を移すことにした。頭の整理をしているうちに18日になり,金風起きた以後は何度か再開試みている継続出来ず,そのまま第二次快調期突入した。

金風があまりに大きい出来事だったので,このあたりで記憶分断されている感覚ずっとあった特に Aejs 整備KNEST 隠し実装は,第二次快調期でも置き去りになっていた部分心残りだった。第四次宣伝攻勢向けて新生デライト開発佳境というところで二つ強力な武器上手く取り戻せた言うまでもなく極めて大きな収穫だ。

ただ,結局どっちを向いても脳爆発で,脳疲労癒えなかった


今日疲労回復のため休みにしたが,次回陶練からランニング再開することにした。

これも第二次快調期からほとんど出来なくなっていた忙しさもあったが,生活習慣の乱れ寒さ重なり,1月には風邪を引いたりもしていたため,大事を取っていた最近は少しずつ生活習慣改善再開出来,暖かくなってきたので大丈夫だろう。

最近の生活習慣改善を「第四次生活習慣改善」とするかと考えたところで,すでに金風以後生活習慣改善して使っていたことを思い出した用語として考えた12月9日から間もなく第二次快調期入ったので,目まぐるしさ忘れていたのだろう。とりあえず第四次生活習慣改善の再開」としておくことにした。


16日振り返り日記

{『希哲日記』}{切っている}{口元の歪み}{ころころ変わる}{顔の歪み}{観察対象}{分かりやすく}{頭髪の調子}{整えていく}{増えている}...=}(159)

{希哲15年11月23日の日記 K#F85E/E74C-BA61}

ランニングサイクリング運動の機会増やした甲斐もあって生き生ききりっとした良い顔付き戻ってきた生活律動感も少しずつ戻ってきた感覚があり,気持ちよく過ごせた

13日色々なこといったん落ち着いてみると,鏡に映る自分がやけに老け込んだように見えた。このままでは老化加速していく一方だという危機感から生活習慣改善最優先にしていたが,それが正しかったことを強く実感した日だった。

特に運動の重要性再認識した。健康上の課題だった睡眠の質少しずつ改善している。

ランニングしっかり継続するため,ランニングシューズ買ってきた適当なスニーカーではアスファルトった時の衝撃が強く,足への負担気になっていた。これで快適走れるようになった。

健康状態総点検

ここで健康状態総点検した。現時点での問題意識は大体こんなところか。

睡眠の質

まず,睡眠の質については,深い眠りを得られることが多くなってきたものの,まだ中途覚醒多い。ここ数ヶ月ほど,就寝中尿意覚醒してしまうことがまた増えていたが,運動量が増えたここ一週間ほどは劇的に減った。どうも運動不足による血流の滞り原因だったようだ。しかし,尿意かゆみのような身体的な不快感がなくなっても,なぜか何度も中途覚醒してしまう。大抵夢を見ているので,眠りの深さがあるようだ。

こればかりは,精神的な問題以外考えにくい心当たりもないわけではない。金風以後,それまで抱えていたある種の問題一気に解消したものの,ゆとりが出来た分,より重い問題について考える時間増えた全体としての精神的負荷はむしろ高まっている。その点では雑務追われている方がまだマシだった。ただ,これもランニングサイクリングなどで発散する時間増え改善の兆しがある。

眼精疲労

眼精疲労の徴候であろう右目の三重瞼化・目の隈があるため,小休憩時間蒸しタオルなどを使ってしっかり目を休めることを意識し直すようにした。目薬しっかり継続出来ている。

ランニングサイクリング外出時間増えたことも目を休めるには好都合だろう。

乾燥

このくらいの時期になってくると毎年気になる手荒れ唇荒れだが,試しているハンドクリームリップクリーム自分に合っているらしく,今のところ問題ない

食事

粗食というほどのことはないが,先月はじめ頃まで頑張っていた三定菜がなかなか作れなくなり,代わりに栄養補給ゼリー飲料済ますことが増えている。少し家庭内状況が変わり自分で調理しにくくなっていたこともあるが,だいぶ落ち着いてきたのでまた整えていく

頭髪

この10日間ほどで薄毛化止まり,毛量増えている気がする。これは何度か経験しているが,それにしても不思議な感じだ。ここまで分かりやすく精神状態反映するものなら,胃腸の調子同様,頭髪の調子常時観察対象にすべきなのだろう。

白髪については,最近目立つものはよく切っているので,もう少し時間が経たないと分からない

顔の歪み

最近,顔の歪みも少し気になっていたが,これもだいぶ改善した気がする。特に口元の歪み治っているように見える骨格はそんなにころころ変わるものではないはずなので,表情筋脂肪問題なのかもしれない。

26日振り返り日記

=}
{デライト}{写真}{『希哲日記』}{散歩}{日中}{買う}{持つ}{思い立つ}{模体}{21VW-206G}...=}(219)

{希哲15年11月21日の日記 K#F85E/E74C-D3A2}

ついに自転車を買った前々からぼんやり欲しいとは思っていたが,なかなか模体モデル決まらず,大して必要にも迫られず踏ん切りがつかなかった

金風以後市内中心買い出し事務的な用事歩き回ることも増え自転車くらいは必要かと強く感じるようになっていた。散歩徒歩行ける所はほとんど行き尽くしてしまい,少し飽きつつある買い出しに関しては,ネットスーパー利用することも考えたものの,店舗には店舗の面白さ便利さがあり,篭りがち仕事合間良い運動気分転換になっているので,自転車さえあれば不満はない

実家にいくつかあった自転車は,盗まれたのか持って行ったのか,いつの間にか無くなっている最近惹かれていたのはダホン K3 だが,今のところそこまでの可搬性必要ない。となると走行性能費用対効果低過ぎる

もうこの際,実用性最低限見た目があればつなぎとしてシティサイクルでもいいかと思い立ち,昼前から散歩がてら自転車屋巡ってみることにした。最初近所でよく前を通る小さな自転車屋入ってみたが,品揃え少な過ぎたため,少し離れた大型専門店まで足を延ばした

ここは流石に品揃え豊富で,いくつか惹かれる模体見つかった一番気に入ったのは一通り装備が付いた20インチ折り畳み自転車だった。趣味用自転車特有面倒臭さがなく,適度お洒落感はある。

この系統だと2種類,かなり似た形状のものがあり,一方はフォルクスワーゲン2021年型 VW-206G本体価格3万円台半ば,もう一方は1万円ほど安い独自ブランド模体だった。そもそもつなぎなので最初は安い方でいいかと思ったが,よく見る細部美しさ価格なりの差があり,結構迷った。結局,ここで妥協するなら1万円くらいのシティサイクル大差ないことに気付いて VW-206G買った防犯登録保証保守サービス整備防犯用品一通り付け4万3千円ちょっとで,すぐに乗って帰れた。

最初は1年くらいつなぎってくれればいいかと思っていたものの,ってみると,意外にも自転車欲あっさり満たされてしまった。元々合理的移動手段として欲しかっただけで趣味として追求したいわけではなかったし,この模体自体の費用対効果期待以上高かった

走行性能は,ぶらぶら走る程度なら以前所有していたダホンSpeed P8変わらない印象で,10万円ちょっとまでの20インチ自転車ではどれと比べても大差ないだろう。都内で見かける自転車大半より見栄えも良い

外観に関しては,そもそもこの形状一番好みだったことに買ってから気付いた最低限装備しか付けていなかった Speed P8似ているとは初見では感じなかったが,後で写真見比べる骨格驚くほど似ていた愛嬌かっこよさ兼ね備えるこの感じ20インチ折り畳み自転車が元々ツボだったのかもしれない。新しい2022年型ではフレーム形状変わってしまっているので買わなかったかもしれない。そう思うとしばらくはこれでいいやという気もするし,後継車ハードル高そうだ。

見た目優先折り畳み機能使い道はあまり考えていなかったが,ってみると玄関置いておくのが最適という結論になり,結果的にこの点でも大正解だった。

およそ10年ぶり自転車には感慨深いものがあり,まであちこち走った自転車よく乗っていた時期長くないものの,平日日中でも毎日のように Speed P8都心走り回っていたので,想い出濃い天気は悪かったが,涼しくて好都合だった。

考えてみれば,デルンの実用化引き換え自転車も自転車でぶらぶら走るゆとり失ったようなもので,デライト自転車組み合わせ新しい体験もたらしてくれそうだ。最近睡眠の質課題なので運動機会増えたのも嬉しいってぼんやり考え事をしているよりはサイクリングでもしていた方がいい。

22日振り返り日記

{『希哲日記』}{体調記録}{分かる}{書く}{同じ記述}{具体的なこと}{把握しにくい}{取り戻せた}{大きな追い風}{得ている}...=}(113)

{希哲15年11月5日の日記 K#F85E/E74C-B4DC}

今日も顔色気分ともにすこぶる良かったが,夕方近くまで作業集中出来なかった昨日から続いている不思議な感覚正体掴めず不安感じ始めた頃,身体感度の鋭敏化が見られたことから第三次黄金状態の回復自覚した。そうと分かったところで,焦らずじっくり調子を整えることにした。

6月7日にも似たことがあった。当時もやはり多少のゆとりが出来て生活律動矯正を続ける中,数日前から思考散漫になっていた。このあたりは何か法則性見出せそうだ。

7月に入った頃から生活律動乱れ始め,そのまま8月12日には律動的集中生活に入ってしまったが,それまでに生活律動進捗極めて高い水準両立出来るという経験得ている。当時よりずっとゆとりのある今ここで第三次黄金状態取り戻せたのは,「もう一つの金風」と言っていいほど大きな追い風だ。

これまでの経験からすると,やはり第三次黄金状態には規則正しい生活必要なのかもしれない。生活律動崩れている状態冷静認識するのが難しいということもある。

第三次黄金状態への移行はっきり分かるが,失ったことは麻痺に近い慣れもあり自覚把握しにくい明らかに調子が悪いという日はで,落ちても第一次黄金状態程度に調子が良いことが多い。これは前回の回復から課題感じていたため,「自覚があること」を定義加えることも考えたが,定義整理時間がかかりそうなので見送っていた

これに関しては,定義よりも記録仕方見直すことにした。これまで30日間観察をもって日常化とし,以後は異常自覚が無ければ特筆してこなかった。今後は毎日,「第三次黄金状態」などの状態名具体的なこと体調記録書いていくことにした。同じ記述繰り返しでも,「特に異常無し」よりは具体的な方がマシだろう。こうすれば状態をどう自覚しているかは記録に残せる

日記形式化したくないので何を書く厳密に決めはしないが,出来るだけ一日感想詳しく書いておくことにした。

ここからは,黄金生活をどこまで持続出来るかだ。そのままデライト収益乗軌化繋げられれば,まさに知の黄金郷ジパング樹立となる。

{デライト}{一日一文}{ばら成し}{希哲館事業}{『希哲日記』}{希哲16年1月}{見ていく}{極めて良好}{遅くとも}{大々成功}...=}(93)

{希哲15年11月1日の日記 K#F85E/E74C-5B91}

希哲館史上最高の環境希哲館創立14周年迎え15年目始めることが出来た。

5時前起床は出来ず,若干気怠さ感じることもあったが,9時からの8時間執務ばら成しよく作業進め日課それなりにこなし,終わってみれば気持ちの良い一日だった。朝の日課再開出来,久しぶりに一日一文書けた一日一文長引準備運動程度だったが,新生デライト開発の再開果せた


今日から,当面の目標をこれまでの「デライト収益目標達成」ではなく「デライト収益乗軌化」とすることにした。

思えば,「デライト収益目標達成」には,この水準環境を整える資金調達という意味もあり,必ずしも持続性求めていたわけではなかった。その目的金風果してくれた今,次に考えるべきことは,デライト成長軌道に乗せることだ。「デライト収益化」から「デライト収益目標達成」に表現変えた時同様,また一つ踏み込めるようになったということだろう。

金風によって長期的観点を持ちやすくなっているが,弛緩しやすい状況でもあるため,常に月内目標達成目指すという方針はまだ維持しておく。つまり,現在の目標11月中のデライト収益乗軌化だ。

金風以前でも,希哲館事業何十年でも耐えうる持続性確保していたが,問題開発生活ゆとりだった。そのゆとりももう尽きるか,という時に金風が起きてくれた。今のところ,来年中頃まではゆとりある開発生活を送れる見通しだ。

ゆとりのある内にデライト収益乗軌化を果せればそれに越したことはないので,「デライトの早期成功」の目安としている来年1月までの乗軌化大々成功遅くとも来年中頃までの乗軌化大成功といったところだろう。

金風直前の状況でも楽観的だったのは,極めて良好開発状況があり,収益目標達成への手応え感じていたからだ。いつ収益目標達成出来てもおかしくない思っていた。そこでこれだけのゆとりが出来たのだから,失敗想像する方が難しい状況にある。

あとは,毎日やるべきこと出来ているかどうかだけしっかり見ていく

{ゆとり}

{}