{小さな}{アイコン}=}(2)
{希哲15年8月30日の開発}{高解像度端末}{圧縮 SVG}{WebP 化}{小さいアイコン}{SVG 化}{試してみた}{デライトの WebP 対応}{希哲15年8月30日の進捗時限}{希哲15年8月30日の進捗}...=}(43)

{希哲15年8月30日9歩 K#F85E/A-E74C-D8F7}

デライト高速化SVG 対応再検討終了

WebP 対応を進める前に,中断していた SVG 対応について考えておく必要があった。

Illustrator書き出し怪しかったため,久しぶりInkscape を入れて試してみたが,やはり現時点SVG 化時期尚早かもしれない。

SVG 適性を考えていると品質管理煩雑になるというのもあるが,デライト小さいアイコン類では,圧縮 SVG でもサイズ不利場合がある。現時点では,画質はある程度割り切って,WebP 化で済ませておくのが現実解だろう。

もし SVG 化するとしたら,高解像度端末標準的になった時か。

=}
{遠象性}{目指している}{近象性}{引き出せる}{動物の脳}{近象的}{進化生物学}{重要度}{ピクトグラム}{雑音}...=}(49)

{近象的であることについて K#F85E/A-E74C-4C23}

近象的であることが良いというよりも,現象遠近適切利用した方が良いとは言えると思います。

進化生物学的に考えれば,動物の脳は,状況に合わせて生存最適行動を取るための情報処理を担っているはずです。要は,情報優先順位を付けて,重要度の高い情報をすぐに引き出せるように出来ています。重要な情報は近くに,瑣末な情報は遠くに置いているとも言えます。この情報遠近法を形にしたのがデライト輪郭法です。

この輪郭法は希哲社の「知機」開発プロジェクト核心ですが,一部です。

例えば,今の一般的なコンピューターUI では,何かの目的に対し,ユーザーがアプリを選んで対応します。これは十分に近象的ではなく,雑音が多すぎます。「○○がしたい」という時に,「○○を実現してくれる××を使う」のではなく,「○○を使う」と考えられるのが近象的な UI です。

具体的には,統一感の無い絵柄アイコン固有名詞ではなく,ピクトグラムのように体系化されたアイコンで,目的を直接的に表現します。コモディティ化したアプリの仕様の大枠はプラットフォームが決め,サードパーティーはその実装を競作するか,実験的なアプリの提供を行い収益を得ます。

こうした試みは無かったわけではなく,Apple も方向性としてはそれに近いことをやろうとしていますが,突き詰めればこういう形になっていくと予想しています。

CLI でも似たようなことが言えます。例えば,「ファイルを全文検索したい」という時に find と何々を組み合わせて……と考えるのは近象的ではありません。grep -r も grep が固有名詞なので近象的ではありません。理想を言えば find 'foo' と書けるべきでしょう。

知機 Unix 相互運用標準」として希哲館が策定している Synx では,同じことが交度英語fnd 'foo' と書けます。一般の Unix コマンドと区別するため kn fnd 'foo' とも書けます。

要するに,ユーザーが頭に思い描いたことと,UI の言語体系との間に距離が無いことが,工学における近象性です。この点で現在の多くの UI には課題があると感じています。

今の UI は迂遠なことが多いので主に近象性が課題になりますが,もちろん,より複雑・詳細な表現に対応する遠象性も適切に扱える必要があります。

UI が理想的な近象性を実現した時,物理的接続しなくても,十分に脳とシームレスに繋がるコンピューターが実現出来ることになります。これを「知機」と呼んでいます。デライトも含めて,それこそ私が目指していることです。

{電球}{アイコン}=}(2)
{デライト文書}{デラング文書}{書き進められる}{目立たせ方}{デラングとは?}{公式模動}{閲覧専用模動}{三重輪括弧}{多重輪括弧}{寝る前}...=}(77)

{希哲15年6月26日の開発 K#F85E/A-E74C-F080}

ここからデラング文書整備最優先にすることにした。

デラング文書の導入

デラングとは?」が大分良い感じまとまってきた。

軽量マークアップ言語に関する予備知識の無い入門者にもその意義を伝えつつ,デラング特徴表現する難しさがあった。

ここで「軽量マークアップ言語」という翻訳語の限界を感じ「簡易マークアップ言語」を使うことにした。

前日に思いついた時は,独自用語のようになるとかえって理解が難しくなるかもしれないと思ったが,英語版 Wikipedia では〈simple markup language〉〈lightweight markup language〉同義語として掲げられていることもあり,こちらの翻訳語として採用することにした。

閲覧専用模動多重輪括弧

寝る前になって閲覧専用模動についての考え急速まとまった

輪郭を,閲覧専用に余計な装飾機能無し輪郭であることを意識せずに読めるような形)表示出来るようにする。デライト文書のために考え始めたが,広く有用なものなりそうなので汎用的設計にしておく。

(「公式模動」や「正装模動」という名前も考えたが,翌日のまとめ時点で,平たく「閲覧専用模動」とした)

いまデラング文書を K#F85E の描出として書いているが,これをどう公式文書として見せるかという課題があった。

kind() の技法で描写埋め込むこと自体は簡単だが,輪符の扱いが面倒だった。

ここで,デルン最初期構想ってきた。もともと,デルンでは通常の輪括弧二重輪括弧輪符目立たせ方を変え,ズームするようにボタンで表示水準切り替えられるようにする,という機能の構想があった。アイコンには {} や {{}} といった記号を使うことを考えていた。

この考え方が閲覧専用模動にそのまま使えた。この時のために取っておいた二重輪括弧をようやく使える。閲覧専用模動では,通常の輪符無視し,強調輪符多重輪括弧のみを輪結にする。

最近,輪符輪括弧を表示させる記法として二重輪括弧を使おうかと考えていたが,全知検索では二重輪括弧を括弧付きで表示する。閲覧専用模動でも括弧付きで表示したい場合のために三重輪括弧も使えるようにし,これを「多重輪括弧」と呼ぶことにした。

さらに,輪結先も閲覧専用模動にしたい自我指定出来るようにしたり,特定知番を別 URL に変換出来るような仕組みがあれば,任意の自我で描いた輪郭を違和感なく公式文書にすることが出来る。

全知検索から閲覧専用模動への移行は,各輪郭中景部丸みのある部分に三角形アイコン輪結を置くのが分かりやすそうだ。

これで K#F85E で心配せずデライト文書を書き進められる

{一日一文}{民主主義}{お目汚し}{世にも珍しい}{人気サービス}{有名サービス}{デライト収益目標達成}{デライトの現状}{安定拡大戦略}{超低経費}...=}(147)

{ネットサービスにおける「成功」とは何か K#F85E/A-E74C-A43E}

ネットサービスで「成功」と聞くと,有名で,人気があって,という感じにイメージする人が多いだろう。ただ,サービス開発現実はそこまで単純ではない。企業は,顧客投資家の手前,明るい側面ばかり見せようとするものだ。世の大抵のサービスは,何らかの意味で「火の車」だと思って間違いない。

デライトも一応ネットサービスに含まれるし,今は収益目標達成に向けて邁進しているところだ。利用者の方から色々な助言を頂くこともある。その中で,外から見た「成功」と内から見た「成功」の違いについて考えさせられることが多い。


デライトは,「安定拡大戦略」と呼ぶ戦略を取っている。その名の通り,急拡大を避け,制御可能な範囲で安定的拡大を続けていく,という戦略だ。つまり,世間でイメージされるような,バズって有名になって上場するなり売却するなりして大儲け,というような「成功」は,元よりデライトの目指すところではない。それどころか,避けたいとすら思っている。

これは,デライトが希哲館事業一環として開発されているからだ。希哲館事業は,知能増幅(IA)技術による民主主義資本主義革新目的とした事業であり,その性質上,独立性生命線にも等しい。

ソクラテスが何と闘い,何に殺されたのかを引き合いに出すまでもなく,権力権威大衆は,どれもが従ってはならないものだ。出資に頼ることも寄付に頼ることも出来ない。となれば,自分で稼げる範囲で運営していくしかないわけだ。

投稿で賑わっているのが成功しているサービスかというと,それも難しいところがある。閑古鳥が鳴くような状態も困りものだが,低質悪質な投稿であふれ返っているような状態がデライトにとって望ましいとも言えない。特に恐れているのは,よくいう「コミュニティ空洞化」だ。悪貨が良貨を駆逐するような状況に陥いることは何としても避けたい。

個人開発サービスによくあるのが,何かの拍子に爆発的人気を得たものの,運営費などが捻出出来ず,どこかの企業売却あるいは譲渡せざるを得なくなった,という例だ。それなりの金額で売却出来れば成功と見る人もいるが,デライトでは最悪の失敗として想定している。

デライトは,希哲館事業心臓のようなものであり,万が一にも手放すことはない。手放すくらいなら心中するという覚悟開発している。


デライトは,今のところ,有名サービスでもなければ人気サービスでもない。では上手く行っていないのかというと,面白いことに,世にも珍しいほど上手く行っているサービスなのだ。

世界初の実用的な知能増幅技術を実現した輪郭法という基礎理論は,私が17歳の頃に考案したものであり,デライト実装も全て私の手によるものだ。周辺技術もオープンソース基礎として独自開発最適化したものを応司(OS)から論組プログラミング言語範枠フレームワークにいたるまで整備している。

例えば,用合い(UI)設計語体ロゴタイプアイコン制作といったことから,論組プログラミングサーバー管理広報経営まで,とにかく何でも一人でやっている。デライト上にある中核的献典コンテンツも私が書いている。

別に自慢話をしているわけではない。これが意味することは,デライト驚異的高効率開発運営されているということだ。普通の開発現場というものを知らなければなかなか想像出来ないことかもしれないが,サービス開発者にとっては喉から手が出るほど欲しいような環境を,すでに手にしているのだ。こればかりは,GAFA のような超大企業が金を積んで手に入れられるものでもない。

人件費がかからないのは言うまでもないが,中核となる全ての権利権限開発者が保有しているので,組織ならどんなに早くても3日かかるような意思決定が,目を瞑って3分で出来たりする。

サービスそのものも,利用者の方々のおかげで,開発快調治安良好トラフィックは安定的に成長しているという理想に近い状態にある。

収益目標達成というのは,まともに稼げていないという点以外はほぼ完璧デライト完全無欠にするための挑戦だ。それも,決して非現実的目標ではなく,見通しは明るく,時間は十分にある。しかも,超低経費のおかげで,仮にずっと稼げないままでも開発者が生きている限り潰れる心配は無い,ときている。

華々しく成功しているように見えるサービスのほとんどは,人間的金銭的技術的な何らかの問題を抱えながら運営されている。それを考えれば,まだ成功と言うには早いが,「デライトが目指す成功に最も近付いているのはデライトである」とは言える。


……昨日,早くも3日目にしてサボってしまった一日一文だが,今日は取り返そうと少し長めに書いた。

気合い空回り疲労のせいか,思っていたよりくどく,何が書きたかったのか分からない文章になってしまった。お目汚しだが,開発者デライト現状をどう見ているかの参考までに残しておく。

{希哲15年3月24日の開発}{公開範囲設定機能}{公開範囲}{非公開機能}{希哲15年3月24日の進捗時限}{希哲15年3月24日の進捗}{希哲15年3月24日}{描き直し}{検討}{中景部}...=}(23)

{希哲15年3月24日7歩 K#F85E/A-E74C-F654}

非公開機能一般化した「公開範囲設定機能」を検討して終了。

中景部左上に公開範囲を表すアイコンを表示し,描き直し時に押すと選択肢が出る。無制限,登録利用者のみ,指定利用者のみ,自分のみ,を想定しておけば十分だろう。

新規描出フォームでは最後に選択したものを記憶させ出放りとして機能させる。

=}
{アイコン}
{}