{革新的}{個人知識管理ツール}{集約}{応用}{マインドマップ}{開発}{概念地図}{概念地図法}=}(8)
{希哲13年3月14日}{概念網}{希哲13年3月14日のツイスト}{ツイスト}{概念}{ドライブ}{概念地図法}{デルン}{輪郭法}=}(9)
{希哲13年3月14日}{希哲13年3月14日のツイスト}{ツイスト}{情報処理}{概念地図法}{アルベルト・カナス}{デルン}=}(7)
{希哲13年3月14日}{希哲13年3月14日のツイスト}{ツイスト}{概念地図法}=}(4)
{希哲13年3月14日}{希哲13年3月14日のツイスト}{ツイスト}{コーネル実在論}{概念地図法}{コーネル大学}{輪郭法}=}(7)
{コーネル実在論}{概念地図法}{学問}{公開}{広告付き}{時記}=}(6)
{概念地図法}{広告付き}{コスタリカ}=}(3)
{輪郭法}{閃き}{新しい思考様式}{理想化認知モデル}{輪法}{事実上の特許}{新現代思想用語}{輪郭論}{全体論}{輪郭主義}...=}(28)

{輪郭法 K#F85E/A-57E2}

輪郭法」(りんかくほう,英語:delinigraphy)は宇田川の用語。略称は「DG」である。綜術の一つ。

人間の知識の整理方法を体系化したもの。応用範囲は哲学・数学から,情報技術にまで及ぶ。

もともと英語名は delinography であったが,デルンの接頭辞(delno-)と区別するために変更した。

余談であるが,「DG」はラテン語「Dei gratia」(神の恩寵により)の略でもある。また,初期の名称は「森羅法」(しんらほう)であった。

{概念地図法}
{}