{輪結}{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{ツイスト}{リンク}{リンケージ}{翻訳}=}(7)

{あれK#F85E/A-5B28-8C5C}

ちなみにリンクというのは「鎖の輪」という意味なので,「輪を(で)結ぶ」で「輪結」というのはそれなりに原義を捉えた訳語ではある。さらに捨てがたいのは,これがリンケージをよく音写している点。

=}
{輪結}{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{ツイスト}{リンク}{連鎖}{翻訳}=}(7)

{あれK#F85E/A-5B28-ED88}

しかし,例えば「このページに連鎖させる」が日本語的に直感的かというとやはり微妙だ。ならまだ「このページに輪結する」の方が良い。

=}
{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{ツイスト}{連環}{連鎖}{翻訳}=}(6)

{あれK#F85E/A-5B28-842B}

もっと単純な案では「連鎖」があるが,これも「連環」に近い問題がある。あれとこれが連鎖する,とは言っても,あれをこれに連鎖する,とはあまり言わないので直感性という観点からどうか。素直に「連鎖させる」でもいい気も。

=}
{輪結}{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{ツイスト}{連環}{リンク}{翻訳}=}(7)

{あれK#F85E/A-5B28-1E45}

連環」は一応辞書にもある言葉なのだが,状態を表現する語感なので「リンクする」をこれで自然に訳そうと思うと「連環させる」になりちょっとまどろっこしい。だったら「輪結する」の方が分かりやすいか,と昔判断した記憶がある。

=}
{輪結}{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{ツイスト}{リンク}{連結}{リンケージ}=}(7)
{希哲13年4月29日}{魔頭}{希哲13年4月29日のツイスト}{マジック ヘッダー}{ツイスト}{}=}(6)
{希哲13年4月29日}{脚書}{頭書}{希哲13年4月29日のツイスト}{暫定訳語}{頭譜}{ツイスト}{フッター}{ヘッダー}{翻訳}=}(10)
{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{ツイスト}{織豊}{ベンチャー企業}{豊臣秀吉}{織田信長}=}(7)
{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{日本人の精神性}{ツイスト}{日本社会}=}(5)
{希哲13年4月29日}{希哲13年4月29日のツイスト}{ツイスト}{日本社会}=}(4)

{あれK#F85E/A-5B28-86F5}

要は,いまの日本社会の問題って「みんなで頑張れば結果が出た時代」からどう転換するかという問題なのだと思う。

=}