{進捗記録}{表示させたい}{大分類}{最初から}{記法的}{強調度}{希哲16年1月26日の進捗時限}{希哲16年1月26日の進捗}{希哲16年1月26日}{注意記法}...=}(42)

{希哲16年1月26日18歩 K#F85E/A-E74C-5EC9}

補足記法注意記法拡張性について検討して終了

この手の記法最初から役割細分化し過ぎると気軽に使いにく応用が効かず,記法的統一感もなくなりがちであるため,大分類として補足注意に分け,強調度任意ラベル指定出来るように設計している。

ただ,将来的に役割応じてアイコン表示させたいといった要求が出てくる可能性もあり,その拡張性確保しておきたい。

とりあえずアイコンを指定する記法考えておくことにした。それと例えば !! 注意 -- のように所定ラベルを同時に指定した時に注意書き用のアイコン表示する,といった拡張考えられる

=}
{進捗記録}{文字装飾記法}{`<small>`}{置き換えられる}{補足部区}{注意部区}{一段階目}{希哲16年1月24日4歩}{強調度}{注意記法}...=}(73)

{希哲16年1月24日16歩 K#F85E/A-E74C-1FEF}

注意記法補足記法についての再検討終了

4歩を以下のように修正した。強調度に応じて三段階となる補足記法同様

!--
小さな注意書き
--

!!--
通常の注意書き
--

!!!--
重要な注意書き
--

装体は,23日2歩下敷きに,境界線背景色無しで font-size: 0.8em 程度にした小書きのものを加える。この場合,一段階目注意部区補足部区装体的に区別出来なくなるが,そもそも小さな注意書き補足違い曖昧なものなので自然といえば自然だ。


そもそも注意書き目立つように書かれるものばかりではない,というところに引っかかっていた

二段階三段階かは迷ったが,二段階にして後から追加出来なくなるよりは,三段階にして一段階目無用の長物になる後悔の方が小さい


当初,記号の数で「重要度」を表すことにしていたが,内容重要性装体目立たせ方は必ずしも一致しないので,「強調度」程度の意味合いにしておくべきかもしれない。


ダッシュ記法への応用考えた

例えばデラング文書では,目次項目末尾<small>----輪郭記法</small> などと書いているが,これを ?----輪郭記法置き換えられるかもしれない。

23日12歩書いた小書き括弧記法を使わずに文字を小さくしたいと思うことはたまにあった」とはこのことだったが,あくまでも文字装飾記法の一種である文字サイズ記法フォント記法<small> 相当の表現完全に代替は出来ない。

=}
{進捗記録}{デライト市場戦略}{握接}{デライト}{デライト宣伝}{希哲14年9月16日の開発}{使いにくい}{整備不足}{パスワード再設定}{流入元}...=}(106)

{希哲14年9月16日6歩 K#F85E/A-5B28-89EF}

急遽当面の作業方針を見直し,短期集中生活前倒しで今日から始め,入門者目線でのデライト用合い改良傾注することを決めて終了。

新規利用者登録順調に増えているにもかかわらず,一度も描き出ししない登録者や,描き出ししても知名描写空欄のまま一つだけ,というような不思議な登録者が多いことが気になっていたが,13時過ぎ,あるツイートを見つけて理由が分かった。想定以上に諸場から登録してくれる人が多いらしい。

現状,デライトタッチ操作はかなり等閑状態であり,初見ではまず十分に使えない。

デルンがもともと個人機主要な対象にしていたこと,個人知識管理サービス市場調査スマホアプリ不満を抱える用者が多い(つまり主要な環境ではない)と気付いたこと,「使い方」や主要な流入元@Dlt_jp では個人機向けの説明だけにしていたことなどで,大半の登録者個人機で使うことを想定して来たのだろう,という完全思い込みがあった。

しかし,すでにデライトは市場戦略から宣伝手法まで多数派向けに舵を切っており,当然ながらスマートフォン等からの流入を想定しておくべきだった。この不整合は見落しだった。時間節約のため握接状況は最低限の指標把握しており,握接録分析不足痛感した。

かといって個人機での用合い完璧なわけでもなく,入門者目線で見るとあちこちに落とし穴がある。いずれにせよ総見直しが必要になる。

8年以上ものあいだの経験で,開発者自身が個人知識管理熟達していることはデライト長所だと思っていたが,これが驕りになっていた気もする。なまじ使えている人間がいるせいで「分かりにくい」とは言えても「使いにくい」と言えない雰囲気を作ってしまっていたかもしれない。

急遽当面の作業方針を見直し,アイコンの設定,パスワード再設定までは実装するつもりで作業中だった利用者設定中断諸場用合いも含めたデライト用合い改良最優先で取り組むことにした。幸い,引き入れボタンの活用で諸場用合い全体像は出来ている。ボタン式引き入れ方式実装を終えれば,細かい調整がほとんどだろう。

18日から始める予定だった3日間短期集中生活を今日から前倒しで始め,この期間で入門者目線障害になる用合い上の問題を全て取り除くことを目指す

使い方」など文書整備不足もあるが,いずれにせよ画面撮りなどを考えれば用合いから着手する以外にない。

この間,デライト宣伝一時停止することにした。注意書きした上での宣伝も考えたが効果は疑わしく,この短期間なら用合い改良集中した方がいいだろう。

手痛い気付きではあったが,ぼんやりしていた最後の壁正体が掴めたのは大収穫だった。これを乗り越えればデライトの成功はすぐそこだ。

{注意書き}

{}