{進捗記録}{`dlt.kitetu.com`}{kitetsu.com}{希哲14年8月22日の開発}{dlt.kitetsu.com}{希哲14年8月22日の進捗時限}{希哲14年8月22日の進捗}{希哲14年8月22日}{deln.conf}{進捗時限記録}...=}(16)
{進捗記録}{待欄}{握接}{知番}{自我アイコン}{希哲14年8月22日の開発}{あれ}{希哲14年8月22日の進捗時限}{希哲14年8月22日の進捗}{希哲14年8月22日}...=}(47)

{希哲14年8月22日4歩 K#F85E/A-5B28-9223}

K#9-D657,K#9-EDD2 両氏との対話から,全知検索窓横の自我アイコン役割について整理

暫定的に,アイコンからは自輪郭検索へ,名前知番)からは自我ページへ飛べるようにし,メニューの末尾に「設定」の項目を置いて自我設定へ飛べるようにした。

元々,アイコンからは自我設定に飛ぶようにすることを想定していたが,しばらく実装出来なかったため,一時的に全輪郭検索/)に飛ぶようにしていた。最近,自我設定実装の見込みが立ったことで,輪郭一覧邪魔だった録落ちボタンの置き場にし,輪結を復活させていた。

ただ,アイコンから待欄に飛ぶという挙動直感的でもあり,このあたりの仕様には迷いが生じていた。

K#9-EDD2 氏ののように,アイコンから自我ページに飛ぶのも直感に適っており,Twitter などでもプロフィールとして採用されていることから慣れやすい。

しかし,現状,自我ページは自我知番での検索結果で代用している都合上,検索窓に知番が入ってしまい再検索邪魔になるという問題がある。

そこで,アイコンからは自輪郭検索に輪結しておき,自我ページへはアイコン下の名前知番の表示部分から輪結することにした(後者は従来案)。

用者が増えてきたとき,全輪郭検索に素早く握接する機能にどこまで需要があるか分からないが,必要になった時は左端のデライトのロゴ濁点にあたる輪っか活用出来そうだ。

{希哲14年8月22日の進捗}

{}