{勉強期}{希哲館草創期}{描出時代}{K9}{希哲紀元}{希哲X年代}{希哲1世紀}{2015年}{素描}=}(9)

{希哲9年 K#F85E/A-1F05}

2015年

細かい作業が多かった年。 開発,歴史研究も進み,希哲館事業構想が円熟した時期。

この頃,天皇に対する見方が変わり,それに伴い私の伴侶観も変わり始めた。

{勉強期}{希哲館草創期}{描出時代}{K7}{希哲紀元}{希哲X年代}{希哲1世紀}{2013年}{素描}=}(9)
{勉強期}{希哲館草創期}{描出時代}{K8}{希哲紀元}{希哲X年代}{希哲1世紀}{2014年}{素描}=}(9)

{希哲8年 K#F85E/A-DD0D}

2014年平成26年

宇田川が希哲紀元を私的に用い始める。希哲紀元は,希哲館事業構想に関する大きな仕事がほぼ終わったことを意味していた。

司組開発・設計などに関する勉強。

『文章読本』などを読み文章技術の向上に努め始める。

本年から希哲9年頃にかけて希哲館事業に関する歴史調査に多くの時間をかけ始める。

希哲館事業に関する人文的研究が充実した。

{勉強期}
{}