{食事記録}{飲食記録}{進捗時限法}{希哲14年6月18日}{飲食量管理}{ポモドーロ法}{時間厳守}{輪郭ページ}{時間配分}{『希哲日記』}=}(34)

{希哲14年6月18日の日記 K#F85E/A-5B28-5342}

進捗時限法時間配分を見直すなどした。

昨年5月24日ポモドーロ法を試し始めてから,進捗時限法でも25分作業5分休憩基本にしてきたが,特に休憩部分で無理を感じていた。

進捗時限法の最大の特徴はデルン利用した記録にあり,作業内容をまとめる作業が発生する。25分の作業を終えた後の5分間にこれと休憩を詰め込むのは結局無理なので,形骸化してしまいやすい。休憩時間の制限が無ければ,進捗時限厳守しようと意識すればするほど,心の準備が必要になって作業に戻りにくくなってしまう。やはり,準備が出来ていなくてもとりあえず作業を始める,ということが重要なのだろう。

そこで,まとめ5分使えるようにすることを考えたが,25分・5分・5分では計35分でキリが悪いため,作業時間を短くして20分・5分・5分で試してみることにした。

ついでに,タイマーの使い方も変え,キッチンタイマーを20分用と5分用に2つ使うことにした。結局,スマートフォンでは画面切り替えの問題などもあり常に意識しにくかったり,操作が煩わしかったりする。

今日はこんなことを考えてから開発作業に入ったので進捗こそ多くなかったが,感触は悪くなかった。輪郭ページの整理も遅いようで着実に進んでいて,継続は力なりというか,毎日一歩ずつでも進み続ければ成果は見えてくるものだと思った。

昨日から飲食量管理のため飲料についての記述も増えているため,今日から食事記録は「飲食記録」に改称した。


=}
{希哲14年6月18日}{5分間}{ポモドーロ法}{希哲13年5月28日}{進捗時限}{希哲13年5月24日}{〜法}=}(7)

{進捗時限法 K#F85E/A-5B28-C09A}

希哲13年5月24日に試し始めたポモドーロ法から28日に「進捗時限」という用語を考案。

希哲14年6月18日から作業時間と休憩時間の間に5分間の記録時間を作ることにした。最初は25分5分・5分で考えたが,全体としてキリが良くないので20分・5分・5分で試してみることにした。


{希哲14年6月9日}{希哲14年6月9日のツイスト}{高級椅子}{ポモドーロ法}{集中法}{ポモドーロ・テクニック}{小休憩}{ツイスト}{25分}{健康的}=}(15)
{高級椅子}{ブルーライトカット}{希哲14年5月6日のツイスト}{希哲14年5月6日}{ポモドーロ法}{ポモドーロ・テクニック}{健康管理}{ツイスト}{25分}{有効}=}(11)
{進捗時限法}{ポモドーロ法}{希哲14年3月6日}{希哲14年3月6日のツイスト}{ツイスト}{実感}{調整}{進捗管理}{進歩}{デルン}=}(10)
{ポモドーロ法}{希哲14年3月6日}{希哲14年3月6日のツイスト}{デライト開発}{ツイスト}{功労者}=}(6)
{ポモドーロ法}{希哲13年9月の月記}{窮地は好機}{希哲13年9月15日}{『希哲日記』}{デライト開発}{精神衛生}{悲観的}{窮地}{緊張}=}(16)

{希哲13年9月15日の日記 K#F85E/A-5B28-12B6}

最近,眠気に勝てない,ということがよくある。朝から気合いを入れて仕事をしようとしても,眠気で頭が冴えず,調子が出るのを待っているうちに一日が終わってしまう。こういう時のためのポモドーロ法ではあるが,それ以前に頭が働かない。

ここ数日で生活の見通しが変わり,少し緊張緩和したことも原因にあるのかもしれない。こういうことは定期的にあり,精神衛生上必ずしも悪いこととは言えない。

まだ窮地から脱したとは言えないが,「窮地は好機」という感覚も日増しに強くなっていて,不思議と悲観的な気分ではない。どこかで最良瞬間を待っている自分がいる。

少し迷って,20日まではこのままデライト開発に専念することを決めた。


{進捗時限法}{ポモドーロ法}{希哲13年7月1日}{あれ}{あれ}{希哲13年7月1日のツイスト}{ツイスト}=}(7)
{ポモドーロ法}{希哲13年6月12日のツイスト}{ツイスト}=}(4)
{ポモドーロ法}{希哲13年6月8日}{デスクワーカー}{希哲13年6月8日のツイスト}{ツイスト}{デスク}{アーロンチェア}{健康}=}(8)