{希哲16年4月6日の開発}{希哲16年4月6日の進捗}{領当てが崩れる}{足りず}{然るべき時期}{ごつい}{ボタン装体}{もともと}{過度に}{重々しく}...=}(101)

{希哲16年4月6日16歩 K#F85E/A-E74C-04AD}

進捗時限記録中略

フォーム部品装体調整デライト扉装体調整

一段落したため出振るい手定めして終了


まず,2日の開発思い付いた全知検索ボタン改良案導入した装体調整前

この検索ボタン装体は,もともと全知検索演算子連動させることを考えていたため,入力欄切り離したようなデザインになっている。一体感ボタンとしての分かりやすさ両立させたもので方向性としては悪くない。ただ,若干無駄があった2日の開発合体選り手同じ見せ方使えそうなことに気付き,これでまとめた

全知検索窓デライト最初期作り込んだ部分だったため,基本的にフォーム部品はこの装体間に合わせ継承していたが,全知検索窓以外では過度に重々しく見える問題があった先日描出ボタン改良好感触得たため,汎用的なボタン装体はそれに合わせてまとめることにした。

ボタン装体軽くなったことで全体的な釣り合い変わったため,一通り関連する装体調整行った設定ページ装体調整前だいぶ良い感じになったが,特に装体調整前大きく洗練されたこれまでの重々しくごつい印象が,だいぶ軽く柔らかく見えるようになった。スクリプト挙動おかしい所もいくつか修正した

新生デライト完成目前丁度良い然るべき時期出来て良かった


下見アイコンもここで出振るい出来た

足りず領当てが崩れることに気付いたため,幅狭領当てでは字数計をいったん非表示にすることにした。

{出力する}{漠然と}{こまごまとした問題}{キーボード操作}{簡潔な表現}{ダブルクリック操作}{意味が分かりにくかった}{誘導効果}{見えやすくなった}{戻り方}...=}(99)

{希哲16年3月31日の開発 K#F85E/A-E74C-FB1F}

こまごまとした問題片付けた


就寝前閲覧専用模動に関して閃きがあり,また脳爆発始まってしまった

漠然と中景部角丸周辺ボタンとして使えそうだとは思っていたが,これで吹き描き長方形にして前後景部し,さらに中景輪符波括弧角括弧変えれば吹き描き意味ともデラングとも調和する詳細はまだ練る必要があるが,かなりの有力案になりそうだ。

{デラング}{進捗記録}{交度}{デライト}{`whr_kw()`}{希哲15年8月23日の開発}{検索語変換}{どうとでもなる}{条件次第}{OR 検索}...=}(70)

{希哲15年8月23日7歩 K#F85E/A-E74C-ECC6}

全知検索整備についての検討終了

全文検索にはとりあえず pg_bigm採用しておくことにした。知名検索でも中間一致検索性能課題だったので,これも解決出来そうだ。後方一致検索に関しては,PostgreSQL 9.1 から reverse()組み込み函数として提供されるようになっているので問題ないだろう。

後縁実装どうとでもなるが,難しいのは用合いだ。全知検索窓をこれ以上ごちゃごちゃさせたくないので,まずは検索演算子として各種機能実装したい。これに関しても,だいぶまとまってきた

カンマAND 検索に使うという構想があったが,& ボタンとの兼ね合いもあるので,まずは無難&AND で AND 検索,|OROR 検索対応することにした。除外検索条件次第- を使えるようにしてもいいだろう。

部分一致検索については,省略記号 ...ダッシュ記法応用した ---対応する。

描写検索については,基本的には昨年7月27日3歩方針踏襲し,末尾に ?? を加える形で対応することにした。デラングとの兼ね合い検索寸片をどうするかという課題は残るが,デライトではそれほど多用するものではないので,まずは普通に引っかかるだけで十分だろう。

一つの可能性として,検索ボタンダブルクリックダブルクリック検索対象切り替える機能があってもいいかもしれない。

いずれにせよ,まずは既存の検索語変換交度whr_kw()まとめる作業から始めることになるだろう。

=}
{開発}{開発記録}{輪郭小窓}{慣れておく}{判別不能}{画像の種類}{グレースケール}{filter}{すぐに出来る}{定まった}...=}(61)

{希哲15年7月20日の開発 K#F85E/A-E74C-CC00}

一昨日閃きについて何とか考えがまとまった。

当初は「輪郭候補窓」とでも呼ぶべき内容だったが,機能拡張して「輪郭小窓」と呼んでおくことにした。昨日保留としたもう一つの思いつきは「換配編集支援」として,輪郭小窓は「換配編集支援」と位置付けることにした。

デライト設計最後の課題とも言える知番付けについての方針がようやく定まった

詳細については書く時間が足りないため,また後日


作業は少なかったが,不具合修正と,すぐに出来る作業を済ませておいた。

{開発}{開発記録}{`letter-spacing: 0.1em`}{デライト}{知番欄}{文字入力要素}{字間無しのプロポーショナルフォント}{プロポーショナルフォント}{字間無しの等幅フォント}{調和感}...=}(37)

{希哲15年7月3日の開発 K#F85E/A-E74C-E936}

デライト文字入力要素は,原則として字間無しの等幅フォント統一することにした。

描写選り手の字間調整知名欄描写欄字間無しの等幅フォントになったが,全知検索窓含め文字入力要素は原則 letter-spacing: 0.1emプロポーショナルフォントだったため,少し違和感があった。字間無しのプロポーショナルフォントでもいいかと思ったが,やはり細かい文字記号での視認性があった。

これで調和感が戻ってきた。引き入れ欄でも間延びしなくなり視認性向上した。

例外として,例えば録入りフォーム知番欄は一字毎の視認性のため letter-spacing: 0.1em くらいにしておいた方がいい。

もともと,WYSIWYG に近い感覚にするため統一していたフォント設定で,4月23日12歩でも極力残すように考えていたが,本格的に WYSIWYG を導入して,従来方式と共存させることを考えると,はっきり切り分けておいた方が良さそうだ。


将来的に導入する WYSIWYG のため,「見たまま方式」や「文字だけ方式」という極力分かりやすい用語も考えておいた。

=}
{進捗記録}{希哲15年4月23日の開発}{方針検討}{プロポーショナル}{フォント調整}{希哲15年4月23日の進捗時限}{希哲15年4月23日の進捗}{希哲15年4月23日}{希哲15年3月10日11歩}{描写選り手}...=}(24)

{希哲15年4月23日12歩 K#F85E/A-E74C-16C6}

描写選り手フォント調整

描写選り手は等幅フォントで良いとして,よく考えると,知名欄全知検索窓はどうするという問題があった。

描写欄が等幅で知名欄プロポーショナルというのも違和感があるため,両方が開いている場合は等幅で統一,知名欄だけが開いている場合は直感性を重視しプロポーショナルにしておくことにした。これなら全知検索窓がプロポーショナルでも整合的だ。

知名欄描写欄は同時に開いている場合合体させることを決めている3月10日11歩ため,これで自然に見えるだろう。

細かい調整は追い追いするとしてまずは方針検討のみで終了。

{全知検索窓}

{}