{需要がある}{地味ながら}{厳密に考える}{見分けが付く}{開いている時}{実装出来た}{現仕様}{万能ではない}{`resize: vertical`}{高過ぎず}...=}(115)

{希哲16年3月30日の開発 K#F85E/A-E74C-7061}

描写欄高さ問題きっかけ自動リサイズ機能字数計実装出来た。ほか装体調整など。

出振るい済み

自動リサイズ機能

旧輪郭選り手では,描写欄出放り高さ新規描出フォーム10em再描出フォーム15emとしていたが,新輪郭選り手ではたまたま15em統一されていた画面撮り10emでは長文書きにくいのでこれはこれでいいかと思ったが,やはり新規描出フォーム一言だけや知名だけの描出使うことも多いためこの高さでは邪魔臭い

ここで,予てからぼんやり検討していた自動リサイズ機能導入考えた一応 resize: vertical設定してあるが,万能ではない10emから20em程度までの範囲で,改行毎に自動リサイズさせる。導入予定字数計では字数情報必要になるため,一緒に行数保持させることにした。

実際に試してみると,1em刻みでも2em刻みでも違和感があったため,10emから19emまで1.5em刻みリサイズするようにした画面撮り初期状態最大自動リサイズ19emだと個人機でも低過ぎず高過ぎずスマートフォン縦向き柔品キーボード表示させてもちょうど収まる程度の高さになる。折り返し多い1行もありうるため,厳密にするなら字数考えるべきだが,とりあえずはこれで様子を見ることにした。

再描出フォームに関しては,さほど目立つものでもなく,描写部高さ合わせて描写欄開くようになっている現仕様悪くないので,現状維持様子見しておく。

字数計

字数行数保持出来たことで字数計難無く実装出来た描出ボタン時印左側邪魔にならないように表示させてみた字数計の様子

下見字数分けようかと思っていたが,下見開いている時下見字数置換すれば十分であることに気付いた一応見分けが付くようにに「」を付けるようにした。

これも,厳密に考える特殊な文字符号などを考慮する必要があるが,キリがないのでとりあえず .length による概算でよしとしておく。

字数計は,地味ながら意外に需要があることを市場調査通して知った自分でもたまに欲しくなることがあった。

{希哲16年3月22日の開発}{希哲16年3月22日の進捗}{タブ式}{`#BBEEBB`}{使わずに}{縦に並べる}{下見表示}{目障りにならない}{右端}{最小限の変更}...=}(76)

{希哲16年3月22日9歩 K#F85E/A-E74C-3F9D}

{希哲16年2月4日}{時印更新}{揃え}{ts_rdrw}{ts_drw}{時印}=}(6)
{デラング}{進捗記録}{廃止}{前次記法}{パンくず記法}{自動取得機能}{取得する}{早い段階}{実行コスト}{表現する}...=}(58)

{希哲16年1月25日12歩 K#F85E/A-E74C-B0DB}

進捗時限記録中略

ふと思い付いて時間的な前後関係表現する前後記法」についてまとめた直感性既存記法との整合性考えると以下のような形になりそうだ。

前 <|> 後
前 <|
|> 後

デルンには早い段階自動的にこのような輪郭取得する機能があり,月庭では表示させていた時期もあった。前景輪時印組み合わせ絞り込む方法だったが,描き手意図反映しにくく実行コスト高かったので開発中無効化し,以来その時期の名残り交度だけが残っている状態だったDG_T::prv(), DG_T::nxt()dg_prv()dg_nxt() など)

パンくず記法同様,これもデラング解決すべき問題なのだろう。この方向問題なければ自動取得機能完全に廃止削除してもよさそうだ。また思わぬ収穫だった。

{デラング}{進捗記録}{廃止}{組み合わせた}{キーボード記法}{見送った}{書き間違い}{下境界線}{上境界線}{邪魔臭い}...=}(111)

{希哲16年1月17日17歩 K#F85E/A-E74C-835A}

キーボード記法改良終了

従来二重角括弧を使った [[X]] 記法に加え,アンダースコア組み合わせた [_X_] 記法使えるようにした

旧記法近いうちに廃止し,ウィキ互換輪結記法転用する。ハッシュタグ同様,単純に全知検索飛ばすだけだが,他サービスからの移行者デライト触りやすくなったり,デライト向け文書書き直しやすくする効果見込める

大きな用途変更であるため,時印によって適用版存切り替えることになりそうだ。

11日14歩検討方向性定まっていた旧記法導入した昨年3月11日はまだデラング整備最初期で,あまり他サービス他言語との互換性重視しておらず,他サービス採用例多かった二重角括弧による輪結キーボード記法使うことも,独自性を出すのに良いだろうという程度にしか考えていなかった

最近デラングが,デライトにとっての利益損なわない限り他サービス他言語との互換性最大化するという方針になっていることに加え,単純に旧記法視認性の悪さ気になっていたこともあった。最近ではほとんど自分で使っていなかった

[[Ctrl]] のようにキー名長さがあればまだいいが,[[X]] では流石に記号邪魔臭い[_X_] という記法は当時検討した記憶があるが,[X] に対して物足りず決め手に欠ける感じたか,なんとなく見送っていた[[X]] は「キー立体感を表現しているように見えなくもない」希哲15年3月11日2歩思っていたが,<kbd>装体デライトも含めて,四方み,立体感を出すため上境界線よりも下境界線目立たせるという形になることが多いため [_X_] の方がむしろ装体近い

逆括点を使った [`X`] という記法採用例を見かけて悪くない思ったが,まだ普及度低い上,これは `[X]` との書き間違い続出しそうだと感じたたため見送った[_X_] ならその問題もなく,直感性でこれに勝るものはなさそうだ。

<kbd>入れ子にすることも出来るので,[_Ctrl_] + [_X_] のような組み合わせ記法として扱うことを考えたが,実用上大きな変化はないはずなので後回し

{時印}

{}