(18)
{イニシエイト}{古糸}{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{ツイスト}=}(5)

たまにイニシエイトを「古糸」(いにしえいと)と訳したくなる。未来の人にとっては古からの繋り,ということでもあるから。

2019-08-13 22:42
2019-08-13 22:41
=}
{出与え}{色即是空}{あれ}{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{輪郭画表}{画表構造}{ツイスト}{錯覚}{哲学的}=}(12)

このことをもっと哲学的に噛み砕いていくと。私にとって「情報内容」なんてものは錯覚,という感覚があるのかもしれない。画表(グラフ)構造こそが本質なのであって,そこにある出与え(データ)はオマケ。仏教色即是空みたいな。

2019-08-13 18:26
=}
{台録}{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{ツイスト}{デルンに似た技術}{設計}{分類}{タグ}{デルン}{情報}=}(10)

この手のデルンに似た技術を見ていて気付くのは,多くの人が,設計時に「情報そのもの」と「情報を分類するもの」を分けてしまうということ。後者は例えば台録ディレクトリ)であったりタグであったり。デルンの画期的な所は,その区別を廃したことなのかもしれない。

2019-08-13 18:14
=}(1){あれ}
{あれ}{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{ツイスト}{ツール}{情報}=}(6)

「今までのツールでは扱えなかった大量で複雑な情報が扱える!」というのは一見凄いことのようだが,問題は,それを必要としている人がどれだけいるか。そこを忘れると,小さいクラブが出来るだけで終わってしまう。私もぶつかった壁。

2019-08-13 17:54
=}
{あれ}{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{ツイスト}=}(4)
2019-08-13 17:49
=}
{Cotoami}{Daisuke Morita}{@marubinotto}{Piggydb}{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{知識編集}{ツイスト}{文章}=}(9)

この Piggydb, Cotoami を開発している Daisuke Morita@marubinotto)さんも,文章を読んでみるとかなり深く知識編集の可能性について考えていることが分かるが,それでもほとんど日の目を見ていない,というのが早過ぎた人の哀しさだな……。

2019-08-13 17:47
{Piggydb}{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{ツイスト}=}(4)

みたいなことを検索していたら,Piggydb というプロジェクトを発見。問題意識はかなり近いかもしれない。最近よく言っている知識欲駆動ネットの残党という感じがする。

2019-08-13 17:32
=}
{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{輪郭画表}{画表構造}{ツイスト}{マインドマップ}{記憶}{木構造}{アウトライナー}{デルン}=}(10)

アウトライナーマインドマップの限界は,実質的に木構造であったこと。人間の記憶画表(グラフ)構造でなければ十分に表現出来ないので,一面的にしか扱えなかった。これを可能にしたのが輪郭画表を扱えるデルン

2019-08-13 17:08
=}
{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{ツイスト}{}{編集}{アウトライナー}=}(6)

頭の中をアウトライナーのように編集出来たら良いのに,というが実現してしまっている。

2019-08-13 17:02
=}
{希哲13年8月13日のツイスト}{希哲13年8月13日}{謳い文句}{ツイスト}{立体的アウトライナー}{デルン}=}(6)

最近のデルン,「立体的アウトライナー」という謳い文句がしっくりくる。

2019-08-13 16:46
=}
1