{デライト正式離立}{希哲13年12月27日}{希哲13年12月27日のツイスト}{希哲13年12月}{希哲13年12月1日}{大晦日}{ツイスト}{12月27日}{楽観的}{リリース}...=}(14)
{理腑}{デライト正式離立}{最善の時期}{希哲13年12月20日}{希哲13年12月16日}{希哲13年12月16日のツイスト}{半月}{希哲13年12月10日}{希哲13年12月1日}{ツイスト}...=}(17)
{デライト正式離立}{希哲13年12月7日のツイスト}{希哲13年12月7日}{内部実装}{デライト正式離立(リリース)決定}{希哲13年12月1日}{ツイスト}{表面的}{リリース}{混乱}...=}(13)
{デライト正式離立}{希哲13年12月7日のツイスト}{希哲13年12月7日}{希哲13年12月1日}{1週間}{ツイスト}{リリース}{説明}=}(8)
{the_n_kt}{希哲13年12月4日の開発}{the_cap_kt}{希哲13年12月1日}{kno::}{知番節}{親和性}{配列}{上限}{定数}=}(10)

{the_sz_arr_kt K#F85E/A-5B28-4177}

知番節上限を表す定数。知番節の数を単純に数えたもので,現在の値は3。

やや直感性に乏しいため希哲13年12月1日廃止,上限の意を明示し0から始まる番節番号に対応した the_cap_kt への移行を決定,交度には残したまま様子見,としていたが,12月4日の開発配列との親和性が重要であることに気付き中止した。

希哲13年12月5日the_n_kt から the_sz_arr_kt へ改称。

{離立}{交度}{機能拡張}{汚さ}{内部実装}{希哲13年12月4日}{希哲13年12月4日のツイスト}{デライト正式離立(リリース)決定}{希哲13年12月1日}{7年間}...=}(16)
{デライト正式離立}{交度}{出場}{精神的黄金状態}{超サイヤ人}{DGDBI}{希哲13年12月1日}{デルンの実用化}{デライト仮公開}{『希哲日記』}...=}(19)

{希哲13年12月1日の日記 K#F85E/A-5B28-4A55}

デライト正式離立予定日。

日曜日で,たまたまたちがを預けに来て,またあやしたりミルクをやったりしたが,これ自体は良い休憩になった。

0時頃から始めた DGDBI への出場関連交度集約作業が切り上げられず,そのまま延期確定した。

30時頃まで粘って,気絶するように寝てしまった。高揚感といい時間密度といい,28日頃からの数日間はそれこそ超サイヤ人のような精神的黄金状態とでもいうべき状態だった。デルンの実用化デライト仮公開に没頭していた頃を思い出す。

開発以上に,この状態に自分を導く感覚が掴めてきたことが大きな収穫かもしれない。

=}
{デライト正式離立}{出場}{30時}{DGDBI}{希哲13年12月1日}{デルンの実用化}{xtd.DB}{輪郭画表}{DG_T}{開発}...=}(11)

{希哲13年12月1日の開発 K#F85E/A-5B28-A2BE}

希哲13年11月30日11歩0時頃)から DGDBI への出場関連交度の集約を始めた。

デルンの実用化からデルン中核を担っている部分で,当時と今の技術力の差もあり,直しておきたいところが多かった。

結果的に切り上げる時機を見出せず,デライト正式離立は延期となった。

xtd.DB から輪郭画表関連の交度を全て移動し,ちょうど30時頃,DG_T からの分離を終えかけたところで寝てしまった。

{抜控}{希哲13年12月1日}{抜控記録}=}(3)
{希哲13年12月1日}
{}