{出振るい}{低下する}{発生していない}{心当たりがない}{一番気になった}{新規描出下書き抜控}{判別用}{Aejs_DG_rev}{長期的視野に立って}{更新方法}...=}(224)

{希哲16年5月23日の開発 K#F85E/E74C-8D2F}

輪郭選り手抜控機能整備概ね終えようやく出振るい出来た追い追い修正していけばいい程度の軽微な不具合はいくつか見つかったが,抜控機能整備についてはここで一段落とすることにした。

この出振るいにより,中途半端な実装だった輪郭選り手抜控機能一通りの機能揃った下書き抜控一覧使えるようになり,抜控把握容易になった予てから欲しかった新規描出フォーム消去復元ボタン抜控削除のため追加した18日の開発実装した描写拡縮ボタン使えるようになった。また,周辺の交度整理大きく進み,理腑としての意義大きかった

利便性信頼性向上はもちろんのこと,昨年から中途半端な状態引きずってきた当努片付いたことによる精神衛生上効果大きい昨年来他の当努本格的に着手していないか,着手して間もないので,ここから思考整理しやすくなる


抜控機能整備長引いた最大の原因は,他にやりたいこと多過ぎたことだが,これ自体も決して簡単な作業ではなかった。ただ,この間設計方針変わったり深刻な不具合気付いたりしたので,時間をかけたことで円滑に片付いたもある。

再描出知番でいいとして,新規描出をどうするか,というのは難しい問題一つだった。昨年7月28日6歩から検索語含めるようにして悪くなかったので,基本的にこれを踏襲することにした。ただし,全知検索窓から未送信検索語まで取っていたため,これを書き換える意図せず他の抜控上書きしたり消去してしまう可能性があった4月28日20歩書いた消失不具合原因だろう)。これは求頼文字列から取ることで回避した

下書き抜控一覧についても,表示条件領当てなど色々考えること多かった検討の結果再描出下書きは,検索語無し場合上部メニュー同様のみ輪郭一覧表示画面撮り新規描出下書きは,他の抜控がある場合のみ新規描出フォーム上に常に表示させることにした画面撮り邪魔になり過ぎない程度に気付きやすい。また,4月10日の開発決めた通り一覧省略などせずにそのまま表示することにした。描写部のように高さ固定することも考えたが,やはり,用合いの複雑化抜控溜め込み過ぎる懸念があるため見送った抜控溜め込み性能低下消失リスク増大(あるいはそれを補う作業コスト増大繋がる目障りになったら消化するようにしてもらいたい。

一番難しかったのは鍵仕様設計だった。一応鍵仕様変更時の更新方法考えていたが,手間考えるころころ変えるわけにもいかないので,長期的視野に立って設計する必要があった。これもなんとか落とし所見つかった一時仕様変更日時含めることを考えていたが,これは複雑化招くだけなので廃案とし,Aejs_DG_rev判別用文字列入れておくことにした。新規描出下書き抜控には自我知番含め自我切り替えにも対応した

その他,これまで描写のみ保存していたのを知名にも対応する消去ボタン復元ボタン実装する,などこまごまとした問題片付ける必要があった


出振るい後軽微な不具合がいくつか見つかったが,一番気になったのが,鍵仕様更新処理失敗だった。領下十分な手定めをしたつもりだが,本番環境では一部1回処理更新出来なかった結果的に3回実行する必要があった開発者通類localStorage内容見ても交度見返しても心当たりがない

少し迷ったが,時間が経つにつれ重要性急速に低下する部分なので,調査打ち切ることにした。最も使用頻度高い常連用者達が出振るい後普通に使えていることから,深刻な問題発生していない判断した今後同様処理書く際の注意点として記憶しておく。

=}
{デライト開発}{快調期}{『希哲日記』}{希哲16年}{希哲16年2月28日}{希哲15年}{小型ヒーター}{寒くなってから}{越えなければ}{黄信号}...=}(80)

{希哲16年2月28日の日記 K#F85E/E74C-202D}

月末なので,軽く現状整理今後の組計整理をした。

相変わらずこれ以上頑張りようがないほど高出力日々続いているため,基本的にはこれを維持することを考えたい

気を引き締めるというよりは利楽必要なくらいだが,しいて出来ることがあるとすれば,そろそろ短期的利益意識引き戻す時期だろう。金風以後時間的余裕が出来たことで長期的利益のための課題優先度上がっていた。もうその方面収穫十二分得た

個人的な節目でもある5月までは,焦点調節しつつ開発作業このまま没頭していいだろう。6月までにデライト収益見込み越えなければ黄信号なので,その時は計画見直すことにした。


寒くなってから作業場ではほとんどエアコン暖房を付けて過ごしていたが,だいぶ暖かくなり,今日小型ヒーターのみで過ごせた

昨年は,ちょうど今頃デライト開発快調期に入り,収益目標未達だったものの「デライトの春」を感じることが出来た今年は「デラングの春」になりそうだ。

第二次快調期始まった12月から,やりたいこと多過ぎた上に寒さもあってなかなか出来なかった長い散歩サイクリングそろそろ再開したい

{副日記}{希哲館事業}{『希哲日記』}{読む}{記号のパズル}{完成させた}{埋まって}{就寝直後}{毎日の散歩}{かこつけて}...=}(93)

{希哲16年2月15日の日記 K#F85E/E74C-6B05}

昨日就寝直前から中規模程度の脳爆発連鎖し,難しかったデライトの課題3つも,24時間のうちにほぼ解決してしまった。久しぶりにひどいもとい見事な脳爆発だった。

収拾をつけようとしてはいけない規模連鎖なので,まとめ明日に回し,早々に寝支度始めた脳爆発制御上手くなったのも喜ばしいことだ。第四次黄金状態定常化すぐそこだろう。


希哲館事業における言語開発上手く行っている理由として,希哲館事業構想の「大局観」とそれを支えるデルン存在がある,とちょうど考えていたところだった。言語開発は,大局観重視されてきた囲碁将棋似ていることにも気付いた

この脳爆発壮大な記号のパズル完成させた時,棋士気持ち分かった気がした


今日はちゃんと事務的な用事片付けてきた。ついでに気持ちの良い天気の下でサイクリングも出来た。

やりたいこと多過ぎたので,コロナ対策外出自粛かこつけて希哲荘篭りがちになっていたが,そろそろ5分でも毎日の散歩再開したい。デライト2周年という大きな区切りを経て少し心境変わってきた

面白いもので,ちょっと運動不足になってきたと思ったら就寝直後トイレに立つことが多くなった血の巡り影響分かりやすい


パンくず記法使い方熟れてきたため,今日から日記副日記にも使ってみることにした。基本的に自分読むものなので無くて迷うことはないが,たまに前景雑多な輪郭埋まって面倒なことはある。

=}
{希哲館事業}{『希哲日記』}{散歩}{陶練}{希哲15年9月の月記}{出掛けやすくなった}{帽子を被る}{やらなくてはならないこと}{思えてきた}{調べてみる}...=}(70)

{希哲15年9月24日の日記 K#F85E/E74C-0C5C}

18日大きな出来事そろそろ名前を付けないと参照しにくいなと色々考えていた

散歩中,「神風」は何かと紛らわしいかなどと考えながら,「金風かねかぜ」という名前思い付いた。最初は駄洒落の域を出ず,流石に露骨過ぎて品がないのですぐ思い止まった

しかし,後で調べてみると,秋風意味する金風きんぷう」という漢語があるらしい。偶然にしては出来過ぎだが,「金風かねかぜ」が急に運命的思えてきた。とりあえずこう呼んでおくことにした。


金風が吹いてから一週間ほど経つが,余裕が出来た分だけやりたいことやらなくてはならないこと増え,結局気楽なことは何もない。もっとも,ここで“上がり”だと思って気を抜いていたら,それはそれで心配だ。良いことなのだろう。

散歩で,もはや“聖地”となった土手の方までいてみれば,なにか別の感慨湧いてくるのではないかと思ったが,そんなこともなかった。

金風デライトの成功をより早く確実に大きくする奇跡的追い風ではあったが,それによって私の生活希哲館事業方向性変わるわけではない。向かい風追い風変わったわけでもなく,もともと追い風が吹いていた所に重なってきたようなものだ。そういう意味では,そもそも実感すべきことなど無かったのかもしれない。


帽子を被る習慣取り戻し,散歩出掛けやすくなった

久しぶりに陶練再開出来,気持ち良かった

25日振り返り日記

=}
{デライト開発}{『希哲日記』}{選り手}{デライト}{大きな課題}{デライト前縁整備}{希哲15年7月18日}{デライト高速化}{寝よう}{デラング整備}...=}(29)

{希哲15年7月18日の日記 K#F85E/E74C-F7E3}

半休くらいは取っておくべき日だったが,デライト開発熱中してしまった。

デラング整備デライト高速化に続き,デライト前縁整備でもやりたいこと噴き出してきた。

やればやるだけデライト成長してくれるし,開発者としてこれ以上の幸福はないとも思うが,この調子だと安定した生活律動取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうだ。

……そんなことを書いて,風呂に入り,寝ようというところで,デライト大きな課題だった知番付け選り手に関する閃きがあり,脳爆発が起きてしまった。まとめるまで落ち着けそうにない。

{やりたいこと}

{}