{デラングについて}{軽量マークアップ言語}{デラング}{輪郭符号}{焦点}{核心}{設計}{設計思想}{使い方}{輪符}...=}(16)

{デラングとは? K#9-C7C6/A-4A87}

デラング(Delang,delineation language)は、デライトで様々な知識表現描写,delineation)するために設計された軽量マークアップ言語です。その革新核心は、輪符輪郭符号で「意味を埋め込める」ことにあるのですが、設計思想の話はまた今度にして、今回は具体的な使い方焦点を絞ります。

{輪符}{輪郭符号}{埋め込み知番化輪郭記法}{希哲14年4月12日の進捗時限}{希哲14年4月12日の進捗}{輪郭記法}{希哲14年4月12日}{使い方}{進捗記録}{進捗時限記録}...=}(18)

{希哲14年4月12日3歩 K#F85E/A-5B28-2BE4}

デライト離立補完続き。

昨日考えた「輪郭記法」,「輪郭符号」(輪符)についてのまとめ。

これまで,「IKON」を記法表記両方の意味で使うことが多かったが,「使い方」ページの整備を通して,もう少し平たい表現の必要性を感じていた。

IKON は「埋め込み知番化輪郭記法」などとも書いていたので記法面は「輪郭記法」で良いとして,表記をどう呼ぶか少し悩んだ。色々考えてみたが,意味符号に合わせて「輪郭符号」としておくのが無難という考えにいたった。略して「輪符」でもいいだろう。

早速これらを使って「使い方」ページを加筆修正して終了。

=}
{輪符}{輪郭符号}{輪郭記法}{希哲14年4月11日の進捗時限}{希哲14年4月11日の進捗}{希哲14年4月11日}{検討}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}...=}(13)
{輪郭符号}
{}