{希哲館事業}{一日一文}{デライト急拡大の恐怖}{入眠}{『希哲日記』}{希哲13年}{デライト}{希哲15年5月の月記}{14歩}{面白がられる}...=}(81)

{希哲15年5月3日の日記 K#F85E/E74C-D43C}

引き続き生活習慣改善が進む。

昨晩からやたら調子が良い。生活習慣改善が頂点に達した希哲13年頃に使っていた製品を揃え,同じように手入れし始めたばかりだった。当時熱心研究していただけあって,ってしまうほどの即効性だ。


デライト宣伝は少し抑制した。やはり手応えの良さに対して高速化が遅れている。

昨年,最初に宣伝を始めた頃から感じていたことだが,やはりデライトは妙に掴みが良い。「面白そう」と思ってもらうまでは早い。そこから「分かりにくい」と大半が脱落していくが,流石に一年前とは比べ物にならないほど改良されているので,一応登録自我数にも描出にも反映されるのは早くなっている。

感覚的に,今のデライトはいつ火が付いてもおかしくない。ただ,その時に耐えられる実装ではない。握接状況観察しながら,それを恐れてしまっている自分がいる。

実際,握接集中微妙デライト挙動がおかしいと感じることが多くなった。この日は珍しく新規描出違了遭遇した。

安定拡大戦略で“希哲館事業の重さ”に期待出来なくなっている,ということもある。希哲館事業デライト宣伝にとって重荷であり,当面理解されることなどないだろうから,過熱抑止してくれるはずだ……安定拡大戦略はこの観測依存していた。

ところが最近,一日一文良いネタになってしまっていることもあり,自分の中で希哲館事業デライト調和しつつあるように感じる。上手くデライトに物語性を与えてくれている。

敬遠してもらいたかった希哲館事業が,無視されるか,事によると面白がられることすら想像出来てしまうようになった。これは本来喜ぶべきことだが,安定拡大戦略にとっては誤算だ。

とはいえ,安定拡大理想であることに変わりはなく,希哲館事業の重さも全く使えなくなったわけではない。とりあえず安定拡大戦略は維持しておくとして,デライト高速化で補うしかない。


進捗14歩まで出て,目標まで文字通りあと一歩というところだ。

一日のまとめはいつも寝る間際になってしまうが,どうしても考え事が多くなるので入眠を妨げる。これからは就床2時間前には始めることにした。時間が余ったら開発作業を進めるなり文章を書くなりしていればいい。昨日から考えていたが明日から実践する。

活動も早めにし,17時までに10歩以上は終わらせ,22時就床目標にする。

黄金週間が終われば6時には朝のデライト宣伝を始めたいので,早寝早起き出来るようにしておかなくてはならない。

4日覚え書きに大幅加筆修正

=}
{入眠}

{}