{希哲15年9月9日のツイスト}{希哲15年9月9日}{Notion}{個人知識管理サービス}{個人知識管理}{ツイスト}{現状}{仮想通貨}{流行}{時代}...=}(11)
{関心を持っている}{振り返られる}{落ち着いてしまった}{少数精鋭}{極端に}{様子を見られている}{遠巻き}{デライトの認知度}{強い関心}{登録用者数}...=}(121)

{希哲15年9月4日の日記 K#F85E/A-E74C-DC0F}

昨日休まず深夜まで開発作業を続けた上の寝不足で,日中流石に疲労感覚えた

疲れの中で,デライト取り巻く状況などについてぼんやり考え事をしていた。

最近デライトの外デライト言及されているのを見かけることがちょくちょくある。自分が思っている以上に,デライトに興味を持ち,デライトについて考えてくれている人が多いことに,嬉しいような,申し訳ないような気持ちになる。「面白そう」と関心を示してくれる人の多さはもともとだが,いまだに,ほとんどの人がを感じているようだ。

登録用者数検索流入デライト宣伝への反応などを総合して推定するに,「個人知識管理強い関心を持つ」におけるデライトの認知度はすでに高い換言すれば,いまデライトを使ってくれそうな人の多くがすでにデライトを知っている,ということだ。やはり N10K 騒動あたりからだろうが,扇情的話題だったにもかかわらず好意的反応も多かった。しかし,その大半はデライトを使わず活動用者極端に少ない

もっとも,その半分くらいは意図したところでもあった。

いまデライト開発は,「快調」を越えて怪調」とでもいうべき状態にある。半年前には想像も出来なかった水準に,想像も出来なかった道程到達している。要因は色々考えられるが,用者少数精鋭で,手間もかからなかったことは間違いなく一つだ。ここまではそれで良かったが,当然,収益目標達成のためにこのままではいけない。

ずっと遠巻き様子を見られているようなこの奇妙状況について考えているうち,久しぶりに「ダーウィンの海」という言葉白熊作戦思い出し,吉野彰氏の『「ダーウィンの海」についての一考察』読み返した「関心はあるけど買わないよ」というのは,まさにいまデライトが受けている「面白そうだけど使わないよ」という反応のことだ。もう少し早く越えられるだろうと思っていたが,結局「ごく標準的期間」という15年にも近付いている

ふと気になったのは,ここでいう「神風」だ。デライトにとっての神風とは何か。去年の今頃,9月9日の日記にも似たようなことを書いているが,Roam Research なり Notion なりが牽引する「個人知識管理ブーム」を期待していたものの,それも微妙なところに落ち着いてしまった感があった。

しかし,ここでデライト成功すれば,いまは中途半端に見える個人知識管理盛り上がり神風だったと振り返られるだろう。結局,神風デライト成功させるのではなく,デライトの成功時代の流れ神風にするのだ。これに気付いたことは収穫だった。

新生デライト開発は,いまデライト関心を持っている人達にとっての障害取り除いていく手段でもある。そのには収益目標達成十分厚みがある。やはり,新生デライトの完成急ぐよりほかはない。


夕方から疲労感も抜けてきたが,また夜更かししそうなので開発作業は早めに切り上げた

……にもかかわらず,この日記を書いていたら25時を過ぎてしまった。

=}
{希哲15年8月16日のツイスト}{希哲15年8月16日}{Roam Research}{Notion}{個人知識管理}{Google}{デライト}{ツイスト}{インターネット企業}{分野}...=}(12)
{個人知識管理}{人口}=}(2)
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{人間の主体性}{発展形}{人間の可能性}{宗教的権威}{新しい思想家}{人類知のあり方}{知能増幅サービス}{神への信仰}...=}(38)

{個人知識管理と新しい人間 K#F85E/A-E74C-CE0B}

個人知識管理(PKM)は人類知のあり方を変える。まだなかなか理解してもらえていないが,これはデライトも含めた希哲館事業根底にある考えだ。

ヨーロッパでは,中世から近代に移り変わる過程で新しい思想家が多く生まれた。彼らは,宗教的権威から人間の可能性を取り戻そうとした。

累新ルネサンス啓蒙時代のような運動が,デライトのような個人知識管理サービス中心にまた現れるだろう,と私はみている。

いまや技術は「新しい神」となりつつある。人工知能仮想通貨暗号通貨に対する熱狂も,人間を越えた何かへの期待という意味で,かつての神への信仰に近いものがある。

私が提唱する,個人知識管理サービス発展形としての知能増幅(IA)サービスは,「新しい人間」のための技術だ。

司組システム埋没しつつある人間の可能性主体性取り戻す。そんな世界史を変えるような運動が,日本から始まろうとしている。

=}
{デライト市場戦略}{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{あれ}{システム設計}{Notion 一強}{Notion の流行}{対 Notion 戦略}{対 Roam Research 戦略}{高機能メモサービス}...=}(59)

{デライトの対 Notion 戦略 K#F85E/A-E74C-4A71}

デライト市場戦略では現在,対 Notion 戦略最重要視している。

もっとも,“個人知識管理サービス”あるいは“高機能メモサービス”に分類されるようなサービスがいま対 Notion 戦略を最重要視していないとしたら,それはそれで問題だろう。それほど Notion の勢いは他を圧倒している。

では,個人知識管理サービス市場はこのまま Notion 一強に落ち着くのだろうか。私はそれも違うと思っている。Notion の勢いを上手く利用して,台頭してくる“次”が十分にありうる。その位置に誰がつくか。これこそ,今この分野で行なわれている最も重要競争だ。


昨年,本格的な市場調査を始めてから間もなく,デライトでは対 Roam Research 戦略中核とするようになった。Roam Research階層構造ネットワーク構造統合しようとしている点でデライトに似ているように思えた。

その後,Roam Research がやや伸び悩みがちになってしまい,代わりに Notion急速人気を集めるようになった。

実は,当初デライト市場戦略では Notion をほぼ完全に無視していた。多機能主義的な Notion に対して,「最小高機能主義」を志向するデライトは全くの別物に見えたからだ。お互い,全く違うところを目指しているのだから,競争することもあるまいと思っていた。

しかし,これまで話題性に乏しかった個人知識管理サービスという分野で,Notion の流行利用しない手はない。そこで,Notion とデライトの違いを上手く使って売り込む戦略を考えるようになった。


Notion に対する熱狂はそう長くは持たない,と私が考えている主な理由に,Notion の「」がある。

Notion は自分だけの型を作れるサービスだ。それが楽しいという人も多いし,そこで躓く人も多い。自分の思い描いていたように情報管理出来る……Notion が実現したこの「」が,実は個人知識管理という観点からは落とし穴になる。

(なぜ落とし穴になるのか,というのは一日一文で語り尽くせることではないので,なぜに型が無いのか,なぜシステム設計難しいのか,といったことから各々考えてみて欲しい)

それに多くの人が気付く時は必ず来ると思っているが,それがいつになるのかは分からない。早くとも数年はかかるかもしれない。結局,そんなことは自分で実践してみて,にぶつからなければ分からないことだからだ。

ただ指をくわえて待っているわけにもいかないので,デライト山積する課題を片付けながらその時を待ちたい。

{あれ}{希哲15年4月28日のツイスト}{希哲15年4月28日}{Notion}{素晴らしい}{狙い目}{個人知識管理}{デライト}{ツイスト}{対極}...=}(13)
{一日一文}{新技術}{文化施設}{輪郭法の歴史}{希哲館事業の歴史}{建築構想}{ややこしい}{閃き}{個人知識管理}{社会}...=}(66)

{なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか K#F85E/A-E74C-6F49}

私は希哲館事業,希哲館事業とよく書いているが,それについてまとまった文章がほとんど無い。近いうちに解説文を書くつもりだが,今日は簡単に,「なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか」を書いてみたい。

希哲館事業とは,簡単に言えば,「社会輪郭法最大限活用出来るようにするための事業」だ。輪郭法というのはデライト原理にもなっている理論で,このような技術実装し,普及活動を担い,より良い活用の仕方を探求しているわけだ。


希哲館事業の歴史は,輪郭法の歴史と同じくらい長い。というのも,輪郭法を私が閃いたのとほとんど同時に生まれたからだ。

私が17歳で輪郭法を閃いた時,これが知能増幅(IA)技術につながることに気付いた。それと同時に,単なる技術に留まらない可能性課題があることにも気付いた。これは現代人人生観世界観政治経済あり方をも大きく変える発明になる。少年時代の私はそう直感した。

そこで,輪郭法とその応用技術中心に,超現代的な全く新しい思想体系社会基盤構築する事業構想した。これがつまり,希哲館事業の青写真だ。

希哲館」は,事業の拠点となる機関文化施設として構想したもので,建築構想でもある。その名には,輪郭法による「希哲フィロソフィー」の復興という思いを込めた。希哲元(2007)年11月1日希哲館事業は発足した。


個人知識管理というものを突き詰めていくと,それは知能増幅技術になる。そして知能増幅技術には,それを取り巻くあらゆる課題に対応する包括的事業必要になる。デライトに興味があっただけなのに,希哲館事業なんてややこしいものが出てきて面喰らった人も多いだろうが,全て必然だ。そして,それだけの背景を持っているのは,世界を見渡してもデライトしかない。

もう一つ,希哲館事業自体が,知能増幅技術としてのデライトの「デモンストレーション」になっているという側面がある。どんな新技術にも,見本になるものが要る。人類史上最大の事業構想とも言える希哲館事業構想以上にデライトの性能実証するものは無いだろう。

{Trello 経由情報流出騒動}{隠さない}{描出公開原則}{Trello}{Notion}{情報模体}{個人知識管理サービス}{個人知識管理}{粒度}{デライト正式離立}...=}(76)

{Trello 騒動で考えるネットと「秘密」の今後 K#F85E/A-E74C-0F66}

先日の Trello 経由情報流出騒動は,隣接分野である個人知識管理サービス界隈にも少なからず衝撃を与えたようだ。自分の使っているサービスは大丈夫なのだろうか,といった発言散見された。

古くは Evernote から最近なら Notion まで,ネットサービスに自分の知識一元化出来たらいいなという願望は多くの人が持っているが,その安全性について十分考えられているとは言い難い。あまりにも無邪気サービス信用している人が多い。

他人に知られて死活問題になるような情報を何の心配もなく預けられるサービス企業はこの世に存在しない。まずはここから出発する必要がある。権限があれば内部の人間は利用者情報をいくらでも閲覧出来る。その情報が貴重であればあるほど,世界中から狙われる。どんな対策をしていると言っても,その信頼性確認する術は利用者に無い。

要するに,ネットサービスを使う以上,最悪,誰かに見られているつもりで情報入力しなければならない。これは,個人知識管理サービス未来にとっても重要なところだ。


デライトは見ての通り,「描出公開原則」と言って,全ての投稿公開している。「なんでもメモ」を謳うサービスなので,この点に違和感を覚えた方も多いようだ。しかし,これは「なんでもメモ」だからこその制約と言える。

デライトは,人間のに限りなく近い情報模体モデル採用し,とにかく何でも,あらゆる粒度情報結び付けることが出来る。この技術を使って秘密情報を蓄えられたら,GAFA 級の企業でも手に負えないものになる。原発管理するようなもの,と言えば分かりやすいだろうか。

正式離立リリース直前になってこの問題に気付いた私は,急遽デライト公開前提の設計に切り替え,個人知識管理サービスSNS融合した KNS(knowledge networking service)というコンセプトを打ち出した。

私自身は,そんなデライト上で実際に「なんでもメモ」を実践している。実名顔出しで,毎日考えていること,やったこと,いつ寝起きしたか,何を食べたか,体調はどうか,何から何まで書いている。もちろん,それによって不利益危険があるかもしれない,ということは常に考えている。10代の頃からこんなこともするだろうなとは思っていて,「人体実験」の覚悟は出来ていた。

最近よく思うのは,「隠さない」ことこそ最強個人知識管理なのではないか,ということだ。別の言い方をすれば,個人知識管理サービス最適化された人生観人生設計を持つことが考えられてもいい時代になってきているのではないか,と思う。

誰しも秘密にしたいことはあると思うが,それは本当に秘密にする意味がある情報なのか,ちょっと考えてみた方がいいかもしれない。「恥ずかしい」程度のことなら,開き直った方が個人知識管理サービスの類は活用しやすくなったりする。

私も最初は,体調記録にいつ下痢をしたとかまで書くのはどうかと思ったが,それも慣れてしまうと面白い気がしてくる。むしろ,自分の全てが世界と繋がっているということは,ある種の神秘体験にすら思えてくるものだ。

=}
{一日一文}{勝負の月}{文章訓練}{発信媒体}{一日一文の再開}{デライト収益目標達成}{必達期限}{機能性}{個人知識管理}{デライト正式離立}...=}(50)

{一日一文『道草録』再開とデライト近状 K#F85E/A-E74C-297F}

広く読んでもらうための文章を毎日一つ書く習慣一日一文」を,今日からデライト再開することにした。

文章訓練も兼ねた献典コンテンツ拡充のため,希哲8(2014)年頃から断続的にやってきたことだが,昨年デライト正式離立リリース以後はまともに出来なかった。単純にデライト開発に追われてそんな余裕が無かったということもあるし,多少なりとも時間を費す以上は効果的発信したい,という気持ちに応えられるデライトでもなかった。

最近開発が自分でも信じられないような快調ぶりで,デライトは日々着実に進歩している。発信媒体としても十分な信頼性機能性を有するようになってきた。機運が熟したということだろう。

一日一文は1時間以内を目安に書くことにしているので,あまり凝ったものにはならないと思うが,デライト希哲館事業について知ってもらうための文章を少しずつ書いていきたい。書いた文章は,よほどまずくなければ『道草録』という随筆集収録していくことにした。

『道草録』はもともと,希哲元(2007)年希哲館事業発足と同時に始めたブログ名前だった。途方もなく巨大な事業構想を前に,全てが手探りで,何でも試してみるしかなかった当時の私の心境をよく表している。初心思い出すという意味でも良いのではないかと思った。

さて,デライトは,快調な開発状況背景として収益目標達成必達期限11月1日から5月1日に早めた。つまり,今月勝負の月だ。個人知識管理大革新を起こそうというデライトの挑戦をぜひ一緒に楽しんでほしい。

{個人知識管理}
{}