{希哲15年5月の一日一文}{あれ}{システム設計}{Notion 一強}{Notion の流行}{一日一文}{対 Notion 戦略}{対 Roam Research 戦略}{高機能メモサービス}{Roam Research}...=}(59)

{デライトの対 Notion 戦略 K#F85E/A-E74C-4A71}

デライト市場戦略では現在,対 Notion 戦略最重要視している。

もっとも,“個人知識管理サービス”あるいは“高機能メモサービス”に分類されるようなサービスがいま対 Notion 戦略を最重要視していないとしたら,それはそれで問題だろう。それほど Notion の勢いは他を圧倒している。

では,個人知識管理サービス市場はこのまま Notion 一強に落ち着くのだろうか。私はそれも違うと思っている。Notion の勢いを上手く利用して,台頭してくる“次”が十分にありうる。その位置に誰がつくか。これこそ,今この分野で行なわれている最も重要競争だ。


昨年,本格的な市場調査を始めてから間もなく,デライトでは対 Roam Research 戦略中核とするようになった。Roam Research階層構造ネットワーク構造統合しようとしている点でデライトに似ているように思えた。

その後,Roam Research がやや伸び悩みがちになってしまい,代わりに Notion急速人気を集めるようになった。

実は,当初デライト市場戦略では Notion をほぼ完全に無視していた。多機能主義的な Notion に対して,「最小高機能主義」を志向するデライトは全くの別物に見えたからだ。お互い,全く違うところを目指しているのだから,競争することもあるまいと思っていた。

しかし,これまで話題性に乏しかった個人知識管理サービスという分野で,Notion の流行利用しない手はない。そこで,Notion とデライトの違いを上手く使って売り込む戦略を考えるようになった。


Notion に対する熱狂はそう長くは持たない,と私が考えている主な理由に,Notion の「」がある。

Notion は自分だけの型を作れるサービスだ。それが楽しいという人も多いし,そこで躓く人も多い。自分の思い描いていたように情報管理出来る……Notion が実現したこの「」が,実は個人知識管理という観点からは落とし穴になる。

(なぜ落とし穴になるのか,というのは一日一文で語り尽くせることではないので,なぜに型が無いのか,なぜシステム設計難しいのか,といったことから各々考えてみて欲しい)

それに多くの人が気付く時は必ず来ると思っているが,それがいつになるのかは分からない。早くとも数年はかかるかもしれない。結局,そんなことは自分で実践してみて,にぶつからなければ分からないことだからだ。

ただ指をくわえて待っているわけにもいかないので,デライト山積する課題を片付けながらその時を待ちたい。

{Roam Research}{希哲14年7月26日のツイスト}{希哲14年7月26日}{Notion}{最小高機能主義}{最大多機能主義}{デライト}{ツイスト}{対極}{標榜}...=}(11)
{Roam Research}{希哲14年7月26日のツイスト}{希哲14年7月26日}{Notion}{好対照}{最小高機能主義}{デライト}{ツイスト}{日本}=}(9)
{}{9-EDD2}{👍}{希哲14年7月17日}{希哲14年7月17日のツイスト}{最小高機能主義}{デライト}{デジタル化}{ツイスト}{いいね}...=}(30)

{あれK#F85E/A-5B28-84F5}

私と K#9-D657 さんの感覚はかなり近いと思います。

いいねにせよフォローにせよ,SNS問題人間感情単純化し過ぎている,換言すれば「デジタル化」しようとしている,というのは昔から私が感じてきたことで,それを「感情管理社会」などと呼んだり,こんな文章を書いたりしました。

ある物事に対する人間の反応・感情というのは,本来曖昧なもの,その曖昧さゆえに柔軟になれるもので,それを無理に単純化せず,緩やかに共有出来るものにしたい,というのは確かにデライト設計思想としてあります。

柔軟性という意味では,最近「最小高機能主義」等と呼んでいますが,やはり単にあれもこれも機能を抱き合わせる「多機能」ではなくて,最小の原理であらゆる情報を柔軟に表現できる「情報の万能細胞」のようなものを作りたい,というのもあります。

例えば返信機能を加えてしまうと,そのぶんボタンが増えたり,統一感の無い操作表示が増えたりします。そういうのを極力避けたいんですね。この単純な機能でやりとり出来ていれば,それでいいかも,という感じです。

{Roam Research}{キメラ}{希哲14年5月21日}{希哲14年5月21日のツイスト}{最小高機能主義}{司組}{デライト}{ツイスト}{共存}{遅い}...=}(15)
{最小高機能主義}{最大多機能主義}{機能性}{希哲14年5月10日のツイスト}{希哲14年5月10日}{ツイスト}{設計思想}{最高}{最小}{最小主義}=}(10)
{マクロブログ}{意味集合管理司組}{最小高機能主義}{間接知能増幅技術}{消極的ウェブ戦略}{最小化経営}{知能増幅技術}{意味符号化技術}{世界史上最大の発明}{ジパング計画}...=}(52)

{デルン K#F85E/A-859E}

デルン(英語:deln)とは,ブログ(blog)やウィキ(wiki)などに替わるものとして宇田川が提唱する新しい情報形式である。輪郭法の応用であり,「デライニエーション(英語:delineation,輪郭描出)からの造語。

KTK における主力サービスでもある。

デルン上に投稿する事を「描出する」(英語:delnate),描出したものを「描出」(delnation),描出する者を「描出者」(delnator)と呼ぶ。軽い用法としては、「デルン更新する/した」の意で「デルる/デルた」も想定している。

語誌

「デルン」を採用した理由の一つに,「耳に残る語感」ということがある。これは,流行した「ブログ」や「ウィキ」等が簡潔でありながら日常会話の中で浮くような(不思議な)語感を持っていることに着目したものである。文字数もカタカナ3文字,英字4文字に収めることを意識した。

洗練されて耳にすっと入るがすっと出ていくような名称ではなく,あえて奇妙な語感をもって耳に残る名称を採用したために,宇田川自身も違和感を克服するのに時間がかかった。

{最小高機能主義}
{}