{デラング}{進捗記録}{交度}{デライト}{`whr_kw()`}{希哲15年8月23日の開発}{検索語変換}{どうとでもなる}{条件次第}{OR 検索}...=}(70)

{希哲15年8月23日7歩 K#F85E/A-E74C-ECC6}

全知検索整備についての検討終了

全文検索にはとりあえず pg_bigm採用しておくことにした。知名検索でも中間一致検索性能課題だったので,これも解決出来そうだ。後方一致検索に関しては,PostgreSQL 9.1 から reverse()組み込み函数として提供されるようになっているので問題ないだろう。

後縁実装どうとでもなるが,難しいのは用合いだ。全知検索窓をこれ以上ごちゃごちゃさせたくないので,まずは検索演算子として各種機能実装したい。これに関しても,だいぶまとまってきた

カンマAND 検索に使うという構想があったが,& ボタンとの兼ね合いもあるので,まずは無難&AND で AND 検索,|OROR 検索対応することにした。除外検索条件次第- を使えるようにしてもいいだろう。

部分一致検索については,省略記号 ...ダッシュ記法応用した ---対応する。

描写検索については,基本的には昨年7月27日3歩方針踏襲し,末尾に ?? を加える形で対応することにした。デラングとの兼ね合い検索寸片をどうするかという課題は残るが,デライトではそれほど多用するものではないので,まずは普通に引っかかるだけで十分だろう。

一つの可能性として,検索ボタンダブルクリックダブルクリック検索対象切り替える機能があってもいいかもしれない。

いずれにせよ,まずは既存の検索語変換交度whr_kw()まとめる作業から始めることになるだろう。

=}
{進捗記録}{輪郭整備}{廃止}{輩符}{希哲15年7月10日の開発}{柔軟な調整}{希哲15年7月10日}{希哲15年7月10日の進捗時限}{希哲15年7月10日の進捗}{英数字}...=}(35)

{希哲15年7月10日11歩 K#F85E/A-E74C-1FD5}

輪郭整備をしながら全知検索について少し見直し

英数字とそれ以外の文字の間にある半角スペースは,意味影響を与えるものではないので無視するように修正することにした。

これを機に,検索語変換する函数導入し,柔軟な調整が出来るようにしておくことにした。


部分一致検索についても再考

現状の輩符を使った方法は,除外検索と紛らわしく,接頭辞接尾辞駒手応付記法とも紛らわしいという問題があるため廃止... に置き換える方針を決めていた希哲14年7月27日3歩が,ダッシュ記法からの連想-- が使えそうなことに気付いた

=}
{進捗記録}{希哲14年7月27日の開発}{? ボタン}{希哲14年7月27日3歩}{デライト検索}{希哲14年7月27日の進捗時限}{希哲14年7月27日の進捗}{希哲14年7月27日}{検討}{旧全知検索}...=}(19)

{希哲14年7月27日4歩 K#F85E/A-5B28-D0BD}

前歩で考えたデライト検索拡張について追加検討して終了。

? ボタンの状態を切り替える方法として,旧全知検索連続検索で使っていたインクリメントデクリメント型のボタンを微調整して復活させることを検討し始めた。

連続検索では ?++ と ??– で切り替わるだけの単純なものだったが,これを検索対象の微調整に使えるかもしれない。

例えば,最初は ?+ と表示されていて,+ を押すと ??++ に切り替わる。ここで ?? は知名・描写両方検索の意となり,++ はインクリメント記号風の状態表示になる。2つ目の + を押すと元の ?+ に戻るが,1つ目の + を押すと !?-+ となり描写のみの検索に切り替えられる。

挙動に一貫性を持たせるなら,最初から ?+- と表示しておいて,??++, !?-+ と切り替えられるという感じになるだろう。

どの道,可使性を考えると縦に ±,∓ のような表示になりそうだ。

=}
{希哲14年7月27日3歩}

{}