{第二次知番改良}{kno_T}{残しておくべき}{活用出来なかった}{今後の開発}{なりつつあった}{離れていた}{出場周り}{温存する}{望める}...=}(67)

{希哲16年6月8日の開発 K#F85E/E74C-352F}

{希哲16年5月27日の開発}{希哲16年5月27日の進捗}{写し跡改良}{リフロー}{HTMLElement.offsetWidth}{初期化されない}{再追加}{正規の手段}{初期化する}{思いきや}...=}(74)

{希哲16年5月27日15歩 K#F85E/E74C-5453}

=}
{思いついて}{心身への負担}{時間制限を守る}{気持ちを整えた}{輪郭整備兼一日一文}{希哲16年5月12日}{意識していた}{一日一文}{再開出来た}{連動させる}...=}(61)

{希哲16年5月12日の日記 K#F85E/E74C-70B2}

{希哲16年5月の一日一文}{囚われたくない}{狭苦しい}{よく使っている}{閉じた}{満たしたい}{知的探究心}{好きなだけ}{遠慮する}{他人に}...=}(96)

{デライトに“参加しにくさ”を感じている人へ K#F85E/E74C-E681}

デライト新規利用者増やすにはどうすればいいか,と考えてくれている利用者達もあまり触れないことに,私自身のアカウント問題がある。デライト普及にとって最大の障害か,といえば,あまりに癖の強い私の輪郭溢れかえっていること,というのが開発者として常に感じていることだ。自分が訪問者でも入りにくいな,と思う

実際最初の頃は,自分の輪郭目立たせないように,宣伝活動をした後しばらく描き出し避けるなんてことまでしていた。それはそれで使いこなし方分かりにくくなるので,あまり作為的なことはしないようになった。だから,初期利用者入ってきた時は,世の中には変わった人がいるものだな,としみじみ思ったものだ。そうは思いつつ,私も私で失礼気がして言いにくかった

利用者達が活発描き出ししてくれるようになったおかげで,だいぶ入りやすい雰囲気になったとは思う。それでも,客観的に見れば,まだ「変わった人達の集まり」なのかもしれないし,コミュニティとしてのデライトに“参加しにくさ”を感じている多いだろう。

デライトは,極力誰でも好きな時にて,好きなこと好きなだけ書けるように設計している。もちろん挨拶必要もないし,他人に遠慮する必要もない。個人情報どころか,名前すらいらない。私自身,狭苦しいクラスタ」だとか閉じたコミュニティ昔から嫌いだ。

あまり先入観持たず,まずは触ってみてほしい,というのが開発者としての願いではあるが,もしデライトコミュニティとしての特徴があるとすれば,自由に知的好奇心探究心満たしたい人達の集まりとは言えるかもしれない。「希哲フィロソフィー」という言葉よく使っているように,知的探究心以外のなにものにも囚われたくない人間にとって,機能的にもデライト最高の場所だ。


=}
{しばらく}

{}