{哲工企業}{貧者の GAFAM}{ソフトブランク}{届出電気通信事業者}{最小化経営}{純想品企業}{純粋知識企業}{希哲館収益事業部門}{日本初の IT 企業}{テクノロジーとフィロソフィーの結合}...=}(19)

{希哲社 K#F85E/A-1F31}

希哲社(きてつしゃ,おもいかけのとも)とは,希哲館を運営する企業である。代表は宇田川浩行。

希哲館から営利事業体として分離したため,沿革は希哲館と共有しており,創業は2007年11月1日としている。

2014年6月16日より,コーポレートメッセージは「きっと知から力を」

{マクロブログ}{意味集合管理司組}{最小高機能主義}{間接知能増幅技術}{消極的ウェブ戦略}{最小化経営}{知能増幅技術}{意味符号化技術}{世界史上最大の発明}{ジパング計画}...=}(52)

{デルン K#F85E/A-859E}

デルン(英語:deln)とは,ブログ(blog)やウィキ(wiki)などに替わるものとして宇田川が提唱する新しい情報形式である。輪郭法の応用であり,「デライニエーション(英語:delineation,輪郭描出)からの造語。

KTK における主力サービスでもある。

デルン上に投稿する事を「描出する」(英語:delnate),描出したものを「描出」(delnation),描出する者を「描出者」(delnator)と呼ぶ。軽い用法としては、「デルン更新する/した」の意で「デルる/デルた」も想定している。

語誌

「デルン」を採用した理由の一つに,「耳に残る語感」ということがある。これは,流行した「ブログ」や「ウィキ」等が簡潔でありながら日常会話の中で浮くような(不思議な)語感を持っていることに着目したものである。文字数もカタカナ3文字,英字4文字に収めることを意識した。

洗練されて耳にすっと入るがすっと出ていくような名称ではなく,あえて奇妙な語感をもって耳に残る名称を採用したために,宇田川自身も違和感を克服するのに時間がかかった。

{最小化経営}{竹槍}{宇田川の用語}=}(3)
{最小化経営}
{}