{新技術}{文化施設}{輪郭法の歴史}{希哲館事業の歴史}{一日一文}{建築構想}{ややこしい}{閃き}{個人知識管理}{社会}...=}(66)

{なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか K#F85E/A-E74C-6F49}

私は希哲館事業,希哲館事業とよく書いているが,それについてまとまった文章がほとんど無い。近いうちに解説文を書くつもりだが,今日は簡単に,「なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか」を書いてみたい。

希哲館事業とは,簡単に言えば,「社会輪郭法最大限活用出来るようにするための事業」だ。輪郭法というのはデライト原理にもなっている理論で,このような技術実装し,普及活動を担い,より良い活用の仕方を探求しているわけだ。


希哲館事業の歴史は,輪郭法の歴史と同じくらい長い。というのも,輪郭法を私が閃いたのとほとんど同時に生まれたからだ。

私が17歳で輪郭法を閃いた時,これが知能増幅(IA)技術につながることに気付いた。それと同時に,単なる技術に留まらない可能性課題があることにも気付いた。これは現代人人生観世界観政治経済あり方をも大きく変える発明になる。少年時代の私はそう直感した。

そこで,輪郭法とその応用技術中心に,超現代的な全く新しい思想体系社会基盤構築する事業構想した。これがつまり,希哲館事業の青写真だ。

希哲館」は,事業の拠点となる機関文化施設として構想したもので,建築構想でもある。その名には,輪郭法による「希哲フィロソフィー」の復興という思いを込めた。希哲元(2007)年11月1日希哲館事業は発足した。


個人知識管理というものを突き詰めていくと,それは知能増幅技術になる。そして知能増幅技術には,それを取り巻くあらゆる課題に対応する包括的事業必要になる。デライトに興味があっただけなのに,希哲館事業なんてややこしいものが出てきて面喰らった人も多いだろうが,全て必然だ。そして,それだけの背景を持っているのは,世界を見渡してもデライトしかない。

もう一つ,希哲館事業自体が,知能増幅技術としてのデライトの「デモンストレーション」になっているという側面がある。どんな新技術にも,見本になるものが要る。人類史上最大の事業構想とも言える希哲館事業構想以上にデライトの性能実証するものは無いだろう。

{理解され難い}{無理解者}{薄っぺらい}{誤解者}{毒される}{あしらい方}{振り回される}{思い込みの激しい人}{大切な人}{一日一文}...=}(62)

{理解者より大切な人 K#F85E/A-E74C-07E9}

経験上突然過剰なほど好意を示してくる人は,あるとき突然離れていく。要するに,思い込みの激しい人だ。こういう人が世の中には一定数いる,ということをり,あしらい方を身につけるには時間が要る。特に若い頃振り回されたりする。

希哲館事業は今や世界で最も風変わり事業と言っても過言ではない。こんなことをやって生きていると,人間の誤解について色々と学ぶことがある。


かくいう私も,もっと若い頃は「理解者」を求めていたように思う。自分のことを理解してくれる誰かがいる,という幻想は,よくもこれだけ社会共有されるようになったものだ。それに毒されていたのだろう。

ただ,ある時ふと気付いた。そもそも,希哲館事業なんて思い付いた自分自身ですら理解しているとは言えないものだ。言語にならない閃きがあって,それをどう表現したらいいのか模索し続け,デルンのような「知能増幅技術」を作り,ようやく頭の中が整理出来るようになってきた。そんなものを理解出来る他人がいるはずもない。

理解者なんじゃないかと思っていた人が,たまたま都合が良かっただけの「誤解者」に過ぎなかった,ということにも気付いた。彼らとの関係は,「理解した気になっている」間だけの条件付きの関係に過ぎなかった。


そして最も重要気付きは,理解者なんて薄っぺらいものよりも,尊い無理解者」に自分が助けられてきたということだった。これまで自分を理解してくれないと思っていた人達が,実は,理解出来なくても無条件愛情を注いでくれる人であり,温かく迎えてくれる人であり,助けてくれる人だった。自分は随分そういう人達に恵まれてきたと思う。だからこんな理解され難いことを延々と自由にやってこれた。「青い鳥」とはこういうことなのだろう。

実際の所,私の周辺に私の理解者なんて人間はいない。家族親戚友人……みんな無理解者だ。いつも私のやることには首をかしげている。首をかしげながら,仕方ないと言って,様々な形で助けてくれる人達だった。だから孤独というわけでもなく,生活に困るでもなかった。

これはデライト用者ユーザーもそうかもしれない。デライトを理解出来た上で使い始めた人はいないだろう。理解したつもりになった人はいつの間にか去っている。よく分からなくても,何かを感じるから使い続けてくれる人達が少数ながらいる。そういう意味では,彼らも私にとって「理解者より大切な人」だ。

デライトの成功に向けた挑戦佳境に入る中,そんな無理解者達の大恩報いたい,という思いを新たにしている。

=}
{お目汚し}{世にも珍しい}{人気サービス}{有名サービス}{一日一文}{デライト収益目標達成}{デライトの現状}{安定拡大戦略}{超低経費}{用合い設計}...=}(147)

{ネットサービスにおける「成功」とは何か K#F85E/A-E74C-A43E}

ネットサービスで「成功」と聞くと,有名で,人気があって,という感じにイメージする人が多いだろう。ただ,サービス開発現実はそこまで単純ではない。企業は,顧客投資家の手前,明るい側面ばかり見せようとするものだ。世の大抵のサービスは,何らかの意味で「火の車」だと思って間違いない。

デライトも一応ネットサービスに含まれるし,今は収益目標達成に向けて邁進しているところだ。利用者の方から色々な助言を頂くこともある。その中で,外から見た「成功」と内から見た「成功」の違いについて考えさせられることが多い。


デライトは,「安定拡大戦略」と呼ぶ戦略を取っている。その名の通り,急拡大を避け,制御可能な範囲で安定的拡大を続けていく,という戦略だ。つまり,世間でイメージされるような,バズって有名になって上場するなり売却するなりして大儲け,というような「成功」は,元よりデライトの目指すところではない。それどころか,避けたいとすら思っている。

これは,デライトが希哲館事業一環として開発されているからだ。希哲館事業は,知能増幅(IA)技術による民主主義資本主義革新目的とした事業であり,その性質上,独立性生命線にも等しい。

ソクラテスが何と闘い,何に殺されたのかを引き合いに出すまでもなく,権力権威大衆は,どれもが従ってはならないものだ。出資に頼ることも寄付に頼ることも出来ない。となれば,自分で稼げる範囲で運営していくしかないわけだ。

投稿で賑わっているのが成功しているサービスかというと,それも難しいところがある。閑古鳥が鳴くような状態も困りものだが,低質悪質な投稿であふれ返っているような状態がデライトにとって望ましいとも言えない。特に恐れているのは,よくいう「コミュニティ空洞化」だ。悪貨が良貨を駆逐するような状況に陥いることは何としても避けたい。

個人開発サービスによくあるのが,何かの拍子に爆発的人気を得たものの,運営費などが捻出出来ず,どこかの企業売却あるいは譲渡せざるを得なくなった,という例だ。それなりの金額で売却出来れば成功と見る人もいるが,デライトでは最悪の失敗として想定している。

デライトは,希哲館事業心臓のようなものであり,万が一にも手放すことはない。手放すくらいなら心中するという覚悟開発している。


デライトは,今のところ,有名サービスでもなければ人気サービスでもない。では上手く行っていないのかというと,面白いことに,世にも珍しいほど上手く行っているサービスなのだ。

世界初の実用的な知能増幅技術を実現した輪郭法という基礎理論は,私が17歳の頃に考案したものであり,デライト実装も全て私の手によるものだ。周辺技術もオープンソース基礎として独自開発最適化したものを応司(OS)から論組プログラミング言語範枠フレームワークにいたるまで整備している。

例えば,用合い(UI)設計語体ロゴタイプアイコン制作といったことから,論組プログラミングサーバー管理広報経営まで,とにかく何でも一人でやっている。デライト上にある中核的献典コンテンツも私が書いている。

別に自慢話をしているわけではない。これが意味することは,デライト驚異的高効率開発運営されているということだ。普通の開発現場というものを知らなければなかなか想像出来ないことかもしれないが,サービス開発者にとっては喉から手が出るほど欲しいような環境を,すでに手にしているのだ。こればかりは,GAFA のような超大企業が金を積んで手に入れられるものでもない。

人件費がかからないのは言うまでもないが,中核となる全ての権利権限開発者が保有しているので,組織ならどんなに早くても3日かかるような意思決定が,目を瞑って3分で出来たりする。

サービスそのものも,利用者の方々のおかげで,開発快調治安良好トラフィックは安定的に成長しているという理想に近い状態にある。

収益目標達成というのは,まともに稼げていないという点以外はほぼ完璧デライト完全無欠にするための挑戦だ。それも,決して非現実的目標ではなく,見通しは明るく,時間は十分にある。しかも,超低経費のおかげで,仮にずっと稼げないままでも開発者が生きている限り潰れる心配は無い,ときている。

華々しく成功しているように見えるサービスのほとんどは,人間的金銭的技術的な何らかの問題を抱えながら運営されている。それを考えれば,まだ成功と言うには早いが,「デライトが目指す成功に最も近付いているのはデライトである」とは言える。


……昨日,早くも3日目にしてサボってしまった一日一文だが,今日は取り返そうと少し長めに書いた。

気合い空回り疲労のせいか,思っていたよりくどく,何が書きたかったのか分からない文章になってしまった。お目汚しだが,開発者デライト現状をどう見ているかの参考までに残しておく。

{希哲14年12月の月記}{希哲14年12月31日5歩}{希哲14年12月31日4歩}{最も使いやすいメモサービス}{最も使いやすい知能増幅サービス}{知能増幅回帰}{希哲14年12月18日}{N10K 騒動}{訴求点}{デライト市場戦略}...=}(32)

{希哲14年12月18日の日記 K#F85E/A-E74C-8213}

ツイストのスレッド総集編をまとめたり不具合修正をしたりしながらデライト市場戦略を見直していた。N10K 騒動から必要を感じていたことだが,ようやくその余裕が出来た。

そもそも知能増幅技術であるデルンをいかに軽常にするかという意識から始まったのがデライトであり,これまで知能増幅のような点を強調することは無かった。この路線はある程度の成果も挙げたが,最近,多少限界を感じるようにもなっていた。

デライトが誰でも気軽に使えるようになるに越したことはなく,これからも努力は続けるが,問題はそれにかかる時間だ。他のメモサービス以上に使いやすいものになるまで,デライトは大して使いやすくもない風変わりなサービスでしかないことになる。この間をどう繋ぐかということを考えると,やはりデライトが知能増幅技術であることは重要だろう。

KNS にその役割期待していたが,KNS の価値は結局個人知識管理サービスとしてのデライトの価値に依存するわけで,知能増幅はこれを引き上げる最も手っ取り早い訴求点でもある。

知能増幅回帰」という言葉が頭をよぎる。

最も使いやすいメモサービス」と「最も使いやすい知能増幅サービス」について考え始めたところで床に就く。

31日加筆修正

{デライト宣伝}{希哲14年9月10日の日記}{朝昼晩}{頂帯}{自由業}{需要層}{ネット利用}{希哲14年9月10日の進捗時限}{希哲14年9月10日の進捗}{希哲14年9月10日}...=}(53)

{希哲14年9月10日2歩 K#F85E/A-5B28-5B5B}

デライト市場戦略デライト宣伝見直し

平日は,ネット利用に関する各種調査でそれぞれ朝昼晩頂帯ピークタイム)とされる7時12時21時前後にデライト宣伝集約することにした。その間に開発を進める。

これまでデライト関心層需要層見極めかねていたこともあり,宣伝昼夜を問わず行っていた。

デライトは見かけこそ軽常だが,正体は極めて高度知能増幅技術であり,例えば研究者自由業など,必ずしも一般的な生活律動ではない関心層想定していた。

ただ,これまでの経験上,明確にそうした少数派からの反応が良いわけではないし,玄人受けを狙っても Roam Research のように伸び悩みは見えている。デライトはあくまでも多数派を取り込む必要がある。結局,ここでデライト市場戦略デライト宣伝方向性一致したことになる。

Twitter などであれば,その時ネットを見ている人はいつでも掴めるが,人がたくさんいる時にまとめて収集するより効率が悪い。なにより,常時ネットを観察していると集中力が削がれるという問題がある。限られた時間の中でメリハリをつけて効果的に宣伝することを考えれば,時間帯絞り込む必要がある。

自分自身の生活律動のためにもなり一石二鳥だ。

=}
{希哲14年8月9日}{希哲14年8月9日のツイスト}{個人知識管理サービス}{知能増幅技術}{メモサービス}{デライト}{ツイスト}{核心的}{範囲}{知番}...=}(12)
{希哲14年8月5日}{希哲14年8月5日のツイスト}{知能増幅技術}{デライト}{ツイスト}{寄り添う}{人類}{喜び}{感情}=}(9)
{あれ}{希哲14年7月10日のツイスト}{希哲14年7月10日}{「第二の頭脳」}{知能増幅技術}{メモサービス}{メモアプリ}{ツイスト}{概念}{ピン}...=}(12)
{希哲14年6月27日}{希哲14年6月27日のツイスト}{知能増幅技術}{ツイスト}{楽しむ}{新しい人間}{最初}{人類}=}(8)
{知能増幅技術}
{}