{マングリング}{デマングル}{Linux の実行ファイル}{Linux}{実行ファイル}{GNU Binutils}{ファイル}{C++}=}(8)
{正規表現}{逐次全文検索}{?}{Linux の実行ファイル}{BRE}{Unix 流コマンドライン プログラム}{素描}=}(7)

{grep K#F85E/A-6DA0}

譜類ファイル標準入力正規表現密致マッチする行を出力する駒手コマンド

古い grep では正規表現BRE に対応していた。ERE に対応した egrep,高速化した fgrep が使い分けられていた時期があるが,現在では POSIX で統合されている。

edg/re/p に由来。

{二手}{T 字形}{管継手}{譜類}{出与え}{良い命名}{ティー}{パイプ}{Linux の実行ファイル}{Unix 流駒手}...=}(23)

{tee K#F85E/A-7404}

Unix 流駒手コマンド標準入力から読み込んだ出与え標準出力譜類ファイルに書き出す。

名称は「ティー(tee)と呼ばれる T 字形管継手くだつぎてパイプ〉を繋ぐ部品由来パイプを通って来た入力二手に分けて出力することから。

$ echo "hello" | tee hello.txt
hello
$ cat hello.txt
hello
{NetKit}{Linux の実行ファイル}{Linux}{実行ファイル}{ファイル}=}(5)
{Linux の実行ファイル}{Linux}{実行ファイル}{ファイル}=}(4)
{Linux の実行ファイル}{Linux}{実行ファイル}{ファイル}=}(4)
{1983年の想品}{〈less〉}{Linux の実行ファイル}{more}{ページャー}{Unix 流コマンドライン プログラム}{コマンドライン プログラム}{素描}=}(8)

{less K#F85E/A-F5F8}

ページャー。1983年〜。

1978年に書かれた more を拡張し,一旦出力されたテキストをさかのぼって(削って)読めるようになっている。

「more」(より多く → もっと読む)にかけて,反対の意味を持つ英単語で「less」(より少なく → もどる)と名付けられた。

less は標準では最初から譜類全体の大きさを計算しないため,パーセンテージ表示をさせるには多少工夫がいる(大きな譜類を読む時に無駄な計算が生じる)。-M を付けても,[Shift]+[G] で最終行に移動し,g で先頭に戻るなどしないとパーセンテージが表示されない。

{希哲12年12月8日}{Linux の実行ファイル}{OpenSSH の駒手}{広告付き}{素描}=}(5)
{1970年代の想品}{Linux の実行ファイル}{差分}{ザナドゥ計画}{広告付き}{素描}=}(6)