{新生デライト}{上手くまとめる}{一定の水準}{大きな印迫}{暫定実装}{争っている}{具体的な作業}{大きな当努}{合間合間}{どうであれ}...=}(113)

{希哲16年4月3日の日記 K#F85E/E74C-2AE0}

のんびり作業しながら開発組計について整理した最近の脳爆発でまた混沌としてきた頭の中がだいぶ整理出来脳疲労感一気に和らいだ良い休日の過ごし方だ。


まず,第四次宣伝攻勢は,遅くとも黄金週間初日29日には始める多少の助走期間欲しいので,下旬出来るだけ早い内始めたい。その前に新生デライトの完成,と行きたいところだが,やや無理がある無理をして不眠不休やれば出来ないこともないだろうが,今のところそこまでの必要感じていない

無理のないところで,6月までの新生デライトの完成目指すことにした。ちょうど6月まで様子を見ることにしていたが,新生デライトさえ出来れば収益どうであれどうとでもなる。これが現状の最適解だろう。

宣伝認知されてから実際に流入始まるまでには多少の時間差もある。第四次宣伝攻勢前には,新生デライト当努のうち,訴求効果必要性高いものを優先して詰め込む

こまごまとした問題合間合間片付けるとして,大きな当努では,まず輪郭選り手抜控機能整備片付けたい今のところ最も長く中途半端なまま引きずっている当努で,心理的負担大きい先日終えた Aejs 整備目的でもあった。KNEST 隠し実装昨年から中断しているが,これは具体的な作業がほとんど出来なかったため,状態としては他の当努大差ない

その次は,Aejs 整備の再開前の Cμ 文字列処理改良り,1月29日12歩決めた通り,続いて描写渡括実装入る。さらにその次の優先順位をめぐって頭の中争っているのが,輪郭小窓暫定実装公開設定機能部分実装だ。どちらも用者体験にとって大きな印迫がある。集客する以上,高速化文書整備デラング整備一定の水準以上に進めておく必要がある

これらを黄金週間前に上手くまとめることが当面の目標になりそうだ。

{用者}{デラング}{進捗記録}{希哲16年2月19日}{希哲16年2月19日の開発}{本来の意味}{自サービス}{止めておく}{独自に}{見ていた}...=}(131)

{希哲16年2月19日11歩 K#F85E/E74C-D1B5}

進捗時限記録中略前後

何気なくマイクロブログサービス用者ユーザー示せる記法欲しいという考え事をしていたら「外部サービス利用者記法」に発展したので,軽くまとめ終了

とりあえず分散型 SNS使われている記法拡張し,@[用者名]@[ドメイン名]汎用記法整備する方向進めることにした。


要は@user書いたTwitter輪結したり,@user@example.com書いた分散型マイクロブログ捌き手輪結してもいいのではないか,と考えたことがきっかけだった。

ここで一つ,@user@example.comhttps://example.com/@user必ず対応するのだろうかという疑問湧いた以前にもなんとなく考えたことはあったが,ActivityPub というか WebfingerURL引き出したり,面倒臭そう気がし進展しなかった。このあたりの仕様がどうなっているのか,いまだによく分からない

もっとも,ざっと見渡す限り分散型マイクロブログ捌き手は大体 https://example.com/@user になっているし,自分で Mastodon 捌き運営していた時も出放りはこれだったので,事実上の標準とみなしていいのかもしれない。


Twitter@user でいいかと思っていたが,いくら普及しているとはいえ,これは特定サービス寄り過ぎだろうということで,@user@twitter.com統一することを考えた。ただ,Twitterプロフィールページ正規 URLhttps://twitter.com/user だ。https://twitter.com/@user でも転送されるとはいえ,若干気持ち悪い

さらに,この時点では @user@twitter.com と書けば @user表示されるという仕様考えていたため,いずれにせよ特定サービス向けの処理追加出来るようにする必要があった

ここまで考えたところで,いっそのこと @[用者名]@[ドメイン名] として,外部サービス用者指すための汎用的な記法にしてしまえばいいのではないか,と思えてきた。これは, 氏が独自に同様記法使っているのを見ていたことが大きかった

[ドメイン名] は,@[用者名]@twitter のように自明なら短縮出来るようにしてもいいかもしれない。対応サービス毎に用者名解釈輪結先調整し,それ以外は https://[ドメイン名]/@[用者名]輪結する。


少し困ったのは,簡潔分かりやすい名前見つからないことだ。一応平たく外部サービス利用者記法」を仮称としておく。

異邦人記法」というのも面白いかもしれないと思ったが,一見して意味分かりにくいので別名としてしか使えないだろう。「宛名記法」はどちらかというとメールアドレス向きか。


デライト使う予定が全くなかったため,@[用者名] という表示Twitter のために使うつもりだったが,これは止めておく

そもそも SNS などでは自サービス上の用者に対する言及メンションという意味を持つ記法から来ているデライト使わなかったとしても,この種の記法必要とするサービスにはデラング応用出来ないことになってしまう。

ここから @[用者名]本来の意味考え始め知番輪符などと組み合わせる可能性気付いた。これは「言及記法」として別途検討することにした。

{進捗記録}{希哲16年2月15日10歩}{検討を続ける}{閉じタグ}{区切り記号}{スペース区切り}{希哲16年2月15日の開発}{希哲16年2月15日の進捗}{希哲16年2月15日の進捗時限}{希哲16年2月15日}...=}(40)

{希哲16年2月15日12歩 K#F85E/E74C-3C2C}

進捗時限記録中略

10歩検討関連して,タグ記法略記法前景色背景色をどう書き分けるかについて少し検討して終了

廃案となった色記法では,順序はともかく)%%black white%% のようにスペース区切りがいいかと思っていたが,これだとどちらか一方だけを指定したい時に困る。どちらを省略したか分かりやすい区切り記号欲しい

<{black:white}> では直感的にどちらがどちらだか分かりにくい。単純に一つだけ指定した場合は前景色にしたいことを考えると,<{前景色/背景色}> がいいかもしれない(ただ,後で考えると閉じタグ記号紛らわしいか)

<{前景色<背景色}> のように <> を使えれば関係性分かりやす順序にも自由度持たせられるが,そもそもタグ記法で使う記号なので美しくはない

もう少し検討を続ける

=}
{}{進捗記録}{希哲16年1月27日13歩}{漢字一字}{見越した}{訳されている}{伝わりにくい}{意味が狭い}{新たに}{使いやすそう}...=}(106)

{希哲16年1月26日17歩 K#F85E/E74C-79F5}

進捗時限記録中略前後

長いこと決めかねていたソースsource暫定訳語として「素出そしゅつ」を採用することを検討決定して終了

希哲8年12月13日には「素成そせい」という訳語描き出していたが,なんとなく使いにくく,ほとんど使わなかった

ただ,このから,どの道」で始まる訳語になるだろうということは確信していたため,「素交ソース コードや「素譜ソース ファイルという略語の形では比較的よく使っていた。このように,他の訳語組み合わせ略した時などに分かりやすい利点大きかった。「オリジナル」の区別しにくい原〜」などと差別化しやすく,音写性申し分ない

素出」は希哲12年2月27日描き出していた案だが,これらの略語間に合うことが多かったこともあり,採用にはいたっていなかった。最近デラング整備の中で単純にソース対応する訳語欲しい思うことが多くなっていたので再検討してみることにした。

素泉」「素種」「素資」等々のもあったが,どれも一見して意味掴みにくい新たに素書」という案を考えてみたが,これも若干意味が狭い。それに比べると,「素出」は平たくソース全体訳語として使いやすそうだ。

素出」で特に問題なさそうだが,まずは暫定訳語として使ってみて,上等訳語とするかどうか決めることにした。


ついでに,「オープンソース」のオープンをどう訳すかも考えた。「大触れ」というもあったが,伝わりにくいだろう。

平たく表現するなら,「公開」は誤解の余地が大きいので「開放」しかなそうだ。あまり使わなかったが,希哲14年1月頃,「開素」をオープンソース暫定訳語としたことを思い出した。これも「」で始まるソース訳語見越したもので,やはりオープン漢字一字表すなら「」以外ないだろうと考えていた

答え合わせ感覚中国語での調べてみると,やはり〈开放〉訳されている

とりあえず,オープンソースは「開放素出」とし,「開素」はその省略形位置付け直すことにした。

{進捗記録}{Markdown}{部区}{希哲16年1月18日の開発}{希哲16年1月18日12歩}{行内埋め込み}{行内埋め込み記法}{書き分けられる}{視覚的な}{導入予定}...=}(161)

{希哲16年1月18日8歩 K#F85E/E74C-91F1}

進捗時限記録中略

埋め込み記法渡括記法)の応付子オプションなどについての検討終了

概ね方針が固まってきた

引数風の応付子

これまで埋め込み記法には,埋め込み方細かく指定するような機能がなく,例えば画像埋め込みでも表示サイズ水平方向寄せ方指定出来なかった。この問題当然当初から認識していたが,どうしてもごちゃごちゃしがちな部分なので,直感的美しい記法練るのに時間がかかった差し当たり欲しいのは画像埋め込み表示サイズ寄せ方指定出来る機能だが,他の埋め込み対象でも使える汎用的な枠組み整えておきたい

そこで,[寄せ方指定スペース]+([応付])[埋め込み対象]形式採用することにした。例えば,添付譜類PNG 画像100x100埋め込みたい場合,+(100x100)png書けるようにする。

丸括弧内は,函数引数風にコンマ区切りで,埋め込み対象毎に使える応付子設定する。引数名指定出来るように a=xa:x受け取ってもいいが,柔軟性必要なのであえて必須にはしない。スペースを含む文字列扱いたい場合考えられなくはないのでとりあえずコンマ区切りにしておくが,各引数扱い駒手欄感覚近い

他のとして,+100x100 png+100x100,png のように全てを引数的に扱うことも考えたが,あくまでも埋め込み対象とする応付役割まとまり一番分かりやすいという点で丸括弧採用する。また,埋め込み対象URL など長い文字列になることも多いため,応付+直後置く。あるいは,末尾に置く書き分けられるようにする。

水平方向寄せ方

水平方向寄せ方は,表組み記法採用予定スペースを使う方法応用することにした。以下のように,+ 前のスペース無しは無指定4つ未満は左寄せ4つ以上で中央寄せ6つ以上で右寄せとする予定

+png            <!-- 無指定 -->
  +png          <!-- 左寄せ -->
    +png        <!-- 中央寄せ -->
      +png      <!-- 右寄せ -->

直感性でいえば矢印のような記号導入することも考えられる。となるとまず <>使うことになるが,すでに多用しているため無闇役割広げる記号意味稀薄化しかねない。そうでなければ leftcenterright のようなキーワード導入するくらいしかないだろう。いずれにせよ,見た目的にもあまり美しくない

当初,以下のようにスペースの数表組み記法合わせようとした2つ中央寄せ3つ右寄せが,いくつか問題がある。

+png         <!-- 無指定 -->
 +png        <!-- 左寄せ -->
  +png       <!-- 中央寄せ -->
   +png      <!-- 右寄せ -->

まず,表組みにおけるセル内での編集に比べそこまで編集効率問題にならないためここまで短くする必要もなく,比較的長くなる後続文字列に対して目立ちにく過ぎる単純にスペース2つ中央寄せ3つ右寄せ表現には見えない

さらに致命的な問題は,いくつかの他記法との整合性だ。導入予定字下げ記法では,行頭全角スペース使う。あまり好き記法ではないが,Markdown4つの半角スペースを使う交度記法互換性のため導入する可能性がある。これらの記法混ぜ書いた場合,視覚的な整合性が取れない。

そこで,行頭に使う寄せ方指定スペース表組み記法とすることにした。交度記法にも使われる4つの半角スペース右寄せ一致するよりは中央寄せに一致した方が違和感がずっと小さい

行内埋め込み記法

おまけに,行内埋め込み記法についても少し考えた

これまで埋め込み記法部区として扱うことを主に考えてきたが,やはり行内埋め込み必要だろう。まだ草案段階だが,例えば以下のようにして画像回り込む段落が作れると便利だ。

++png++ 左上の画像に回り込む段落。
=}
{『希哲日記』}{買う}{持つ}{デライト}{カメラ専用機}{手段がない}{色々な景色}{12年前}{調べてみた}{買おう}...=}(65)

{希哲15年11月26日の日記 K#F85E/E74C-621A}

自転車手に入れてからなにか足りない気がしていたが,それがカメラだということに気付いた

リコーCX1って Speed P8あちこち走り回っていたCX1 はまだ持っているが,電池劣化激しく,今となっては性能的にも古さ否めない。もう12年前製品だ。

Galaxy S8リフレッシュ品にしてから一箇所黒い斑点映り込むようになってしまい,まともに使えない。元々スマホカメラ積極的使っていないし,今から積極的使いたいようなカメラでもないので,これだけのためにまた交換するのも気が重い

せっかく色々な景色ても,それを記録する手段がないデライト献典にすることを考えても,寸写用カメラくらいは欲しい。またコンデジでも買おうかと少し最新機種調べてみた

リコーCX シリーズ消えてしまったので,いま買うなら GR IIIGR IIIx あたりか。希行において重要ネットGPS との連携という点でカメラ専用機懐疑的になっていたが,最近スマホ連携させることで補えるようになっているらしい。

12月4日振り返り日記

{写真}{『希哲日記』}{散歩}{日中}{買う}{持つ}{思い立つ}{模体}{デライト}{21VW-206G}...=}(219)

{希哲15年11月21日の日記 K#F85E/E74C-D3A2}

ついに自転車を買った前々からぼんやり欲しいとは思っていたが,なかなか模体モデル決まらず,大して必要にも迫られず踏ん切りがつかなかった

金風以後市内中心買い出し事務的な用事歩き回ることも増え自転車くらいは必要かと強く感じるようになっていた。散歩徒歩行ける所はほとんど行き尽くしてしまい,少し飽きつつある買い出しに関しては,ネットスーパー利用することも考えたものの,店舗には店舗の面白さ便利さがあり,篭りがち仕事合間良い運動気分転換になっているので,自転車さえあれば不満はない

実家にいくつかあった自転車は,盗まれたのか持って行ったのか,いつの間にか無くなっている最近惹かれていたのはダホン K3 だが,今のところそこまでの可搬性必要ない。となると走行性能費用対効果低過ぎる

もうこの際,実用性最低限見た目があればつなぎとしてシティサイクルでもいいかと思い立ち,昼前から散歩がてら自転車屋巡ってみることにした。最初近所でよく前を通る小さな自転車屋入ってみたが,品揃え少な過ぎたため,少し離れた大型専門店まで足を延ばした

ここは流石に品揃え豊富で,いくつか惹かれる模体見つかった一番気に入ったのは一通り装備が付いた20インチ折り畳み自転車だった。趣味用自転車特有面倒臭さがなく,適度お洒落感はある。

この系統だと2種類,かなり似た形状のものがあり,一方はフォルクスワーゲン2021年型 VW-206G本体価格3万円台半ば,もう一方は1万円ほど安い独自ブランド模体だった。そもそもつなぎなので最初は安い方でいいかと思ったが,よく見る細部美しさ価格なりの差があり,結構迷った。結局,ここで妥協するなら1万円くらいのシティサイクル大差ないことに気付いて VW-206G買った防犯登録保証保守サービス整備防犯用品一通り付け4万3千円ちょっとで,すぐに乗って帰れた。

最初は1年くらいつなぎってくれればいいかと思っていたものの,ってみると,意外にも自転車欲あっさり満たされてしまった。元々合理的移動手段として欲しかっただけで趣味として追求したいわけではなかったし,この模体自体の費用対効果期待以上高かった

走行性能は,ぶらぶら走る程度なら以前所有していたダホンSpeed P8変わらない印象で,10万円ちょっとまでの20インチ自転車ではどれと比べても大差ないだろう。都内で見かける自転車大半より見栄えも良い

外観に関しては,そもそもこの形状一番好みだったことに買ってから気付いた最低限装備しか付けていなかった Speed P8似ているとは初見では感じなかったが,後で写真見比べる骨格驚くほど似ていた愛嬌かっこよさ兼ね備えるこの感じ20インチ折り畳み自転車が元々ツボだったのかもしれない。新しい2022年型ではフレーム形状変わってしまっているので買わなかったかもしれない。そう思うとしばらくはこれでいいやという気もするし,後継車ハードル高そうだ。

見た目優先折り畳み機能使い道はあまり考えていなかったが,ってみると玄関置いておくのが最適という結論になり,結果的にこの点でも大正解だった。

およそ10年ぶり自転車には感慨深いものがあり,まであちこち走った自転車よく乗っていた時期長くないものの,平日日中でも毎日のように Speed P8都心走り回っていたので,想い出濃い天気は悪かったが,涼しくて好都合だった。

考えてみれば,デルンの実用化引き換え自転車も自転車でぶらぶら走るゆとり失ったようなもので,デライト自転車組み合わせ新しい体験もたらしてくれそうだ。最近睡眠の質課題なので運動機会増えたのも嬉しいってぼんやり考え事をしているよりはサイクリングでもしていた方がいい。

22日振り返り日記

{欲しい}

{}