{希哲16年5月の一日一文}{囚われたくない}{狭苦しい}{よく使っている}{閉じた}{満たしたい}{知的探究心}{好きなだけ}{遠慮する}{他人に}...=}(96)

{デライトに“参加しにくさ”を感じている人へ K#F85E/E74C-E681}

デライト新規利用者増やすにはどうすればいいか,と考えてくれている利用者達もあまり触れないことに,私自身のアカウント問題がある。デライト普及にとって最大の障害か,といえば,あまりに癖の強い私の輪郭溢れかえっていること,というのが開発者として常に感じていることだ。自分が訪問者でも入りにくいな,と思う

実際最初の頃は,自分の輪郭目立たせないように,宣伝活動をした後しばらく描き出し避けるなんてことまでしていた。それはそれで使いこなし方分かりにくくなるので,あまり作為的なことはしないようになった。だから,初期利用者入ってきた時は,世の中には変わった人がいるものだな,としみじみ思ったものだ。そうは思いつつ,私も私で失礼気がして言いにくかった

利用者達が活発描き出ししてくれるようになったおかげで,だいぶ入りやすい雰囲気になったとは思う。それでも,客観的に見れば,まだ「変わった人達の集まり」なのかもしれないし,コミュニティとしてのデライトに“参加しにくさ”を感じている多いだろう。

デライトは,極力誰でも好きな時にて,好きなこと好きなだけ書けるように設計している。もちろん挨拶必要もないし,他人に遠慮する必要もない。個人情報どころか,名前すらいらない。私自身,狭苦しいクラスタ」だとか閉じたコミュニティ昔から嫌いだ。

あまり先入観持たず,まずは触ってみてほしい,というのが開発者としての願いではあるが,もしデライトコミュニティとしての特徴があるとすれば,自由に知的好奇心探究心満たしたい人達の集まりとは言えるかもしれない。「希哲フィロソフィー」という言葉よく使っているように,知的探究心以外のなにものにも囚われたくない人間にとって,機能的にもデライト最高の場所だ。


=}
{宇田川全集}{希哲15年4月6日の日記}{希哲12年8月17日}{希哲}{希求主義文学}{日記}=}(6)

{『希哲日記』 K#F85E/4686-E8CF}

希哲12年8月17日から可能な限り毎日付けることにした。

希哲13年7月17日の日記から,「(日付)の日記」という知名で記録することにした。これまでは日付のみの知名で書いていたが,何かと混同の恐れがあった。例えば,後からその日の出来事などについて加えたい記録と,当時の日記として残しておきたい記録の区別がしにくい。

{希哲館}{希哲館事業}{一日一文}{紀年法}{希哲紀元}{元号}{西暦}{分かる}{デライト}{希哲15年7月の一日一文}...=}(123)

{私の政治思想 K#F85E/E74C-6D9C}

先日の一日一文日本はどう逆転するか」では,あまりにも長くなり過ぎたため最後の見出しを削った。なかなか理解しにくいであろう私自身の政治思想についての余談だ。

大きな個人主義

面白いことに,私は昔から「極右」の類ではないかと誤解されることが,どちらかというと多い。これは先の文章のように,日本極大国ハイパーパワーにしようなどとずっと言ってきたからだろう。

しかし,そんなことを一人で勝手に語っているのだから,私自身は個人主義者以外の何者でもない。私がイメージする国家というのは,昔のヒップホッパーが肩に担いでいた巨大ラジカセみたいなものだ。国家従属したり逃避したりする「小さな個人主義」ではなく,国家を担いで鼻歌交じり世界を歩いてしまうような個人主義を「大きな個人主義」と私は呼ぶ。

私が日本という国家重視しているのは,それが世界を変える有効な手段だと感じているからだ。

日本知識産業革命を起こし,日本が極大国になれば,かつてのイギリスがそうであったように,世界中の国々にその技術文化を伝えることが出来る。実際,平成バブル期までの日本は,世界の経営学大きな影響を与え,「日本に学べ」という風潮を作った。

成功」さえすれば,世界の注目を集めることが出来,世界変革主導することが出来る。希哲館事業におけるジパング計画は,その最初の段階というわけだ。

希哲館目的は,まず「希哲日本」という成功模体モデルを創り上げ,その後は国際連合に代わる国際機関として「希哲」の理念に基く新国際秩序形成することにある。知性反知性分断乗り越え万人による繁栄平和共有出来る世界だ。

私は一人で「希哲紀元」という独自の紀年法を使っているが,これはキリスト教西暦でもなく,天皇元号でもないという,端的な独立表明でもある。中立性のために必要であれば,平和的合法的バチカン市国のような小さな独立国家を持つ計画まで準備している。

宇田川主義

ここまで視野を拡げれば,私の政治思想左翼だの右翼だの,リベラルだの保守だのといった既成概念の域をはるかに越えたものであることが分かるだろう。

私の政治思想は,「宇田川主義」としか言いようがないほど独自的で,それゆえに常に孤立しており,結果的に誰よりも中立を保っている。ノンポリというわけでもなく,波風を立てないために黙っているわけでもなく,日和見でもない,言動は明らかでありながら,あまりにも独特であるがゆえに中立なのだ。

この類稀中立性は,デライトのようなサービス運営するにあたっても重要だと感じている。

先の米大統領選挙を巡っても SNS の中立性疑問が呈されたが,ほぼ全てのサービス提供事業者は,こうした点において明確解決策を持っていない。政治について語らない,だけで中立を装える時代はとっくに終わったというのに。

特にデライトのような高機能メモサービスは「」を扱うものだ。そのサービスの開発者運営者が,政治,つまり社会のあり方について何の見解も持っていないということがあっていいだろうか?持っていて黙っている隠しているのは信頼に足る態度だろうか?

この行き詰まり明解解答を出せる世界で唯一サービス,それがデライトだ。ばりばりに語っているのに,ここまで“中立”な政治思想は世界を見渡してもまずない。私が政治を語ることを全く恐れない理由だ。ある種の「オープンソース」とも言えるかもしれない。

また長くなり過ぎないようにほどほどにして,この宇田川主義の全体像成り立ちについては,また後日書いてみたいと思う。

{希哲館}{希哲元年}{一日一文}{明治時代}{デライト}{希哲15年5月の一日一文}{有力候補}{希哲軒}{醜いもの}{名を体を表す}...=}(77)

{続・「希哲館」の由来 K#F85E/E74C-7DB0}

折角なので,昨日の一日一文で書いた「希哲館命名思い出話を続けてみよう。

14年ほど前,当時の私が持てる知識理想の全てを注ぎ込み,名付けたのが「希哲館」だった。その後,私は膨大な造語翻訳語考案し,様々な物事の名前を考える営みを「最小文学」とすら呼ぶようになった。しかし,「希哲館」を越える名前が出来たと思えたことはない。そういう意味では私の最高傑作だ。

名を体を表すとも言うが,ある名前が良いかどうかは,それが指し示す物によって変わるものだ。醜いものにどれだけ表面的美しい名前を付けても,それは良い名前とは言えない。

後に「希哲館」と呼ばれることになる“それ”は,デライト基礎にもなっている輪郭法武器に,知による産業革命知を共有する民主主義確立目指す機関として構想されたものだ。それは在野自由力強さを持ちながら,未来公共を担う大きさをも兼ね備えていなければならない。これに対する「希哲館」以上の名前はいまだに見つかっていない。


さて,「希哲」の部分に関しては昨日の一日一文で書いた通りだが,この「〜館」の部分にもそれなりのこだわりがあった。

希哲院」では気取り過ぎ,「希哲屋」「希哲軒」「希哲亭」では気軽過ぎ,「希哲楼」では派手過ぎ,「希哲庵」では地味過ぎ……最終的に,「希哲館」以外では「希哲堂」や「希哲荘」などが有力候補だった記憶がある。

「〜館」は,近世までは藩校明倫館造士館……)などによく見られ,近代以後は大使館公民館図書館博物館美術館など,交流文化に関わる施設に広く使われるようになった。明治時代の「鹿鳴館」,バグダードの「知恵の館バイト・アル=ヒクマのように歴史的な事業を連想させるものでもあった(後に薩摩藩の「集成館」にも似ていることに気付き,集成館事業になぞらえ「希哲館事業」という表現を使うようになった)。「」が持つ歴史的用法現代におけるイメージ総合して,これが最も思い描いているものに近いと考えたわけだ。

……「希哲館」に関する話は,まだまだ書き尽くせそうにない。また気が向いたら続きを書こう。

=}
{希哲}

{}