{希哲館史}{デルンの実用化}{デルン以後}{対義語}{希哲11年10月30日}{歴史時代}{描出}=}(7)
{デライト開発}{デラング}{進捗記録}{デラング 0.03}{デラング 0.04}{デラング 0.05}{デラング 0.02}{希哲16年2月23日の開発}{希哲16年2月23日の進捗}{旧版号}...=}(90)

{希哲16年2月23日12歩 K#F85E/E74C-BD5C}

進捗時限記録中略

デラングの版存に関する昨日の検討続き終了

今のところ,デラングの版存最新定義は以下のようになっている希哲15年5月15日の開発

0.01
DIL 0.1別名
0.02
DIL 0.2別名
0.03
現行版

この定義実装基準行ったもので,その後の劇的な実装変化に全く追い付かず更新していないそもそもサービス中心に開発されている性質上仕様実装一致させないことも場合によって必要になり,区切り難しい

最新のデラングの位置付け考えても仕様と実装を分離し,デラングの版存仕様基準決めるべきだろう。それへの追随度Dex の版存決める

0.03決定当時仕様をもって再定義するとして,現在のデラング整備一段落したところで 0.04まとめ,その次の 0.05破壊的変更まとめることにした。この「破壊的変更」は,主にキーボード記法ウィキ互換輪結記法への転用想定している。

Dex の版存は,現行版形式的に Dex 0.01 としておき,次でデラング歩調を合わせ Dex 0.04 とすることにした。


ずっと忘れていたが,今回検討で「デラング 0.001」を描出していたことに気付いた。以下のような記述残っている

希哲13年7月27日,これまでの DIL との互換性を保った形で整理を進めることにした。

新規描出日時デライト開発着手したばかりの希哲13年2月26日同年7月27日というとデライト正式離立向けて大忙しだった時期で,すぐ忘れたのだろう。

実質的に 0.03 ということになるはずなので,ここで 0.03旧版号再定義することにした。

=}
{用者}{進捗記録}{認識しやすい}{兼ねている}{おまけに}{多々ある}{二段階方式}{下見ボタン}{確認ボタン}{最有力案}...=}(90)

{希哲16年1月23日1歩 K#F85E/E74C-27DA}

換配確認機能」についての再検討終了。なお,この検討から「下見プレビュー機能」に改称した。

下見機能は,輪郭選り手左下下見ボタンを置く形でほぼ確定か。


デラング整備進展とともに重要性増している下見機能だが,用合いをどうするかについてはまだ少し迷いがあった。

一応最有力案は,輪郭選り手左下に「確認ボタン」を置くというものだった。左上公開設定機能右上取り消しボタン使いたいので,左下置くのが自然ではある。

完了ボタン並べるという捨て切れなかったが,押し間違い多発しそうで用合いとしては難がある

今朝ふと,確認ボタンから描き出し完了ボタンへの二段階方式浮上してきた。つまり,必ず換配確認をしてから描き出し描き直しを行うことになる。

二段階方式利点には用合い単純化初心者にとっての流れ分かりやすさおまけに捌き手負荷軽減見込めるが,使い慣れた用者にとっては煩雑になり過ぎる懸念があり,採用見送った

ある程度複雑なデラング記法使う場合など換配確認をしたいこともなくはないが,確認するまでもない描き直し多々ある。また,公開設定機能導入によって気軽に描き出し描き直しが出来るようになると,役割重複してしまう。

一つ,輪郭削除確認機能を兼ねられるかとも思ったが,そもそも知名描写にして削除というのが確認作業兼ねているためこれもやはり煩わしい

やはり,換配確認選択的機能にしておくべきだろう。

これまで,完了ボタンに近い位置に置くことも考えていたため,描出流れの中で分かりやすいように「確認ボタン」「換配確認機能」などと「確認」をプレビュー日本語表現として採用していたが,ある程度独立した機能として認識しやすいように今後は「下見」とすることにした。

=}(1){あれ}
{描出}

{}