{輪郭符号}{輪郭記法}{進捗記録}{輪符}{埋め込み知番化輪郭記法}{希哲14年4月12日の進捗時限}{希哲14年4月12日の進捗}{希哲14年4月12日}{使い方}{進捗時限記録}...=}(18)

{希哲14年4月12日3歩 K#F85E/5B28-2BE4}

デライト離立補完続き。

昨日考えた「輪郭記法」,「輪郭符号」(輪符)についてのまとめ。

これまで,「IKON」を記法表記両方の意味で使うことが多かったが,「使い方」ページの整備を通して,もう少し平たい表現の必要性を感じていた。

IKON は「埋め込み知番化輪郭記法」などとも書いていたので記法面は「輪郭記法」で良いとして,表記をどう呼ぶか少し悩んだ。色々考えてみたが,意味符号に合わせて「輪郭符号」としておくのが無難という考えにいたった。略して「輪符」でもいいだろう。

早速これらを使って「使い方」ページを加筆修正して終了。

=}
{進捗記録}{希哲13年12月25日}{希哲13年12月25日の進捗時限}{希哲13年12月25日の進捗}{進捗時限記録}{進捗時限}{IKON}{進捗}{日付}{SKK}=}(10)
{進捗記録}{希哲13年9月22日の開発}{@elm.bld..set_txt()}{@elm.bld..apd_txt()}{希哲13年9月22日の進捗時限}{希哲13年9月22日の進捗}{希哲13年9月22日}{デライト全知検索整理}{進捗時限記録}{進捗時限}...=}(13)
{進捗記録}{overflow}{吹き描き}{下装書}{希哲13年9月12日の開発}{clear}{希哲13年9月12日の進捗時限}{希哲13年9月12日の進捗}{希哲13年9月12日}{デライト扉整理}...=}(19)

{希哲13年9月12日2歩 K#F85E/5B28-68D7}

デライト扉整理

先日,吹き描き前景部を基本右寄せにし,IKON を左に float させることで img.sgn_bgin.drg_in がはみ出さないようにする,という修正をしたが,この場合,IKON がブロックになり途中改行されず,無駄な余白が出来てしまうという問題があった。

解決策を探しているうちに overflow に auto か hidden を指定すれば float でも高さが計算されることを知り,実践しようとした。

結果,そもそも後続の div.mgclear を設定した時点で十分だったことに気付いた。下装書の理解不足をまた一つ補えた。

終了。

=}
{用合い}{全知検索の様子・無名をアスタリスクへ}{希哲13年9月9日の進捗時限}{希哲13年9月9日の進捗}{希哲13年9月9日}{div.mg}{spn.ikon}{中景輪}{新全知検索}{旧全知検索}...=}(19)

{希哲13年9月9日3歩 K#F85E/5B28-488C}

全知検索中景輪div.mg)の IKON で,無名の場合の表示方法を考えていたが,結局小さい IKON(spn.ikon)同様,アスタリスクを表示しておくことにした。

以前にも同じことを考えた気がするが,まだ用合いが落ち着いていなかったため新全知検索では何も表示せず空白のままだった(記憶が曖昧だが旧全知検索でもアスタリスクを表示する仕様だったかもしれない)。

画面記録を撮って終了。

{進捗記録}{装体}{知名編集の様子}{希哲13年9月8日の進捗時限}{希哲13年9月8日の進捗}{希哲13年9月8日}{進捗時限記録}{進捗時限}{IKON}{知名}...=}(12)
{IKON}

{}