{希哲13年1月22日}{〈sift〉}{sift()}{希哲13年1月22日のツイスト}{Synx シェル函数}{ツイスト}{shift}=}(7)
{一選万集}{希哲13年1月22日}{希哲13年1月22日のツイスト}{ツイスト}{選択と集中}{東洋思想}=}(6)
{希哲13年1月22日}{大ネット志向}{希哲13年1月22日のツイスト}{デライト}{ツイスト}=}(5)
{希哲13年1月22日}{大ネット志向}{希哲13年1月22日のツイスト}{ツイスト}{YouTube}{ネット文化}=}(6)

{あれK#F85E/A-4686-464B}

一昨日書いたことにも重なるが,もう YouTube みたいな「小さなテレビ」をぶち壊していい,むしろすべき時期だと思う。

=}
{希哲13年1月22日}{大ネット志向}{希哲13年1月22日のツイスト}{ツイスト}{ネット}{テレビ}{ネット文化}=}(7)

{あれK#F85E/A-4686-AFAA}

テレビの世界からネットに来る人は珍しくなくなったが,「テレビに出来ないこと」が危険とか反道徳的とか,一般受けしない内容とか,まだそういう色物に留まっている。そうではなくて,ネットだからこそ,世界中の人を釘付けにするようなぶっちぎりの王道をやろう,という発想が欲しい。

=}
{希哲13年1月22日}{小ネット志向}{大ネット志向}{希哲13年1月22日のツイスト}{ツイスト}{ネット文化}=}(6)
{希哲13年1月22日}{希哲13年1月22日のツイスト}{ツイスト}{フィロソフォン}{希哲学}{知識産業}=}(6)

{あれK#F85E/A-4686-2F99}

これは希哲学の歴史から考えると,ものすごい進歩だ。なにせ,近代化以降,無用の学問とされてきた希哲学への扉を万人の掌に開き,しかもそれが脱工業化知識産業化と結合した史上最大の富の源泉につながっているというのだから。実現すれば人類史を前後に二分する大画期だ。

=}
{希哲13年1月22日}{希哲13年1月22日のツイスト}{デライト}{ツイスト}{フィロソフォン}{希哲学}{スマートフォン}=}(7)
{希哲13年1月22日}{デランチ}{希哲13年1月22日のツイスト}{デライト}{ツイスト}{命名}=}(6)
{希哲13年1月22日}{デランチ}{希哲13年1月22日のツイスト}{デライト}{ツイスト}{命名}=}(6)

{あれK#F85E/A-4686-C2A6}

デランチ」(Delaunch),最初思い付いた時は語感も良いし,分かりやすいし,デルンにもかかっているし上出来な気がしたのだが,デライト(Delite)はさらに〈delight〉(歓喜)という丁度良い英単語にもかかっていて簡潔と考えると,やはり奇跡的な命名だったんだなと思う。強いてデランチが勝っているところを挙げれば,目的の分かりやすさか。

=}