{Pg/}=}(1)
{dg_fg()}{希哲13年6月26日}{希哲13年6月26日の開発}{knm_T}{knm_ncd()}{希哲13年6月26日の進捗時限}{希哲13年6月26日の進捗}{輪郭の正規 URI}{進捗記録}{進捗時限}=}(12)

{希哲13年6月26日4歩 K#F85E/A-5B28-9493}

Pg/ の譜類整理が一段落したため,oln_fg() の書き直しに戻る。

その前に,輪郭の正規 URI に使う知名の処理を函数 knm_ncd() に集約することにした。現状,pg_vio.h に直接書いているが,サイトマップ等でも必要になるため。

ついでに,νSsrp_tag() にあった「英数字同士以外の間にある半角スペース」を削除する処理も入れたかったが,完全自動処理に適用するにはやや雑な処理であるため,一旦保留。

最初は独立函数で十分かと思ったが,効率上の観点から内部状態を持てるようにしておいた方がいいと判断,これまで単純な文字列として扱っていた知名knm_T として扱うことにした。

knm_T の初期設計で終了。


=}
{希哲13年6月25日}{ウェブページ表示速度}{gzip_types}{PageSpeed Insights}{デルンの最適化}{新月庭}{Pg/}{gzip 圧縮}{譜類整理}{Google 検索}=}(13)

{希哲13年6月25日の開発 K#F85E/A-5B28-CCBE}

昨日寝る前,ちょうど新月庭が始動しだした6月Google 検索理積み更新が行なわれていたことを知った。かなり影響の大きいものだったらしいが,吉と出るか凶と出るか。

これについて調べている時,PageSpeed Insights を思い出した。一時期これを利用して旧月庭の高速化に取り組んでいたが,旧月庭には根本的な問題が多すぎたため少し離れていた。

今日,久しぶりに新月庭で試してみると,諸場96点,個人機99点くらいの結果が出た。gzip 圧縮イチの出力する HTML と静的な JavaScript で効いていない問題に気付いた。どれも旧月庭の nginx.conf から写す時に抜けたり,gzip_types 設定の微妙な差によるものですぐ修正出来た。

修正後,諸場99点,個人機100点の結果が出た。

XPO/Pg/譜類整理

長い間適当だった XPO/Pg/ 以下の譜類整理を行い,見通しが大きく改善した。


{希哲13年6月25日}{希哲13年6月25日の開発}{希哲13年6月25日の進捗時限}{希哲13年6月25日の進捗}{進捗記録}{進捗時限}{Pg/}{進捗}=}(8)
{希哲13年6月25日}{希哲13年6月25日の開発}{tst.u}{希哲13年6月25日の進捗時限}{希哲13年6月25日の進捗}{進捗記録}{進捗時限}{Pg/}{進捗}=}(9)
{tst.u}{tst.so}{Pg/}=}(3)

{tst.u K#F85E/A-551B-22E2}

その名の通り,手定めから始まった kn の外充て函数実装で,現 XPO/Pg の前身。全ての函数をここにまとめて定義していた。

希哲13年6月25日の整理で個別の譜類に函数を抜き出し,削除。


{希哲13年6月25日}{希哲13年6月25日の開発}{src/}{bld/}{希哲13年6月25日の進捗時限}{希哲13年6月25日の進捗}{進捗記録}{進捗時限}{Pg/}{進捗}=}(10)
{Pg/}=}(1)
{Pg/}=}(1)
{Pg/}=}(1)
{Pg/}{SPI/}{希哲12年3月16日}{XPO/}{Pg}{XPO/Pg}
{}