{デラング}{進捗記録}{交度}{デライト}{`whr_kw()`}{希哲15年8月23日の開発}{検索語変換}{どうとでもなる}{条件次第}{OR 検索}...=}(70)

{希哲15年8月23日7歩 K#F85E/A-E74C-ECC6}

全知検索整備についての検討終了

全文検索にはとりあえず pg_bigm採用しておくことにした。知名検索でも中間一致検索性能課題だったので,これも解決出来そうだ。後方一致検索に関しては,PostgreSQL 9.1 から reverse()組み込み函数として提供されるようになっているので問題ないだろう。

後縁実装どうとでもなるが,難しいのは用合いだ。全知検索窓をこれ以上ごちゃごちゃさせたくないので,まずは検索演算子として各種機能実装したい。これに関しても,だいぶまとまってきた

カンマAND 検索に使うという構想があったが,& ボタンとの兼ね合いもあるので,まずは無難&AND で AND 検索,|OROR 検索対応することにした。除外検索条件次第- を使えるようにしてもいいだろう。

部分一致検索については,省略記号 ...ダッシュ記法応用した ---対応する。

描写検索については,基本的には昨年7月27日3歩方針踏襲し,末尾に ?? を加える形で対応することにした。デラングとの兼ね合い検索寸片をどうするかという課題は残るが,デライトではそれほど多用するものではないので,まずは普通に引っかかるだけで十分だろう。

一つの可能性として,検索ボタンダブルクリックダブルクリック検索対象切り替える機能があってもいいかもしれない。

いずれにせよ,まずは既存の検索語変換交度whr_kw()まとめる作業から始めることになるだろう。

=}
{進捗記録}{as}{as_T}{希哲14年1月1日の進捗時限}{希哲14年1月1日の進捗}{希哲14年1月1日}{進捗時限記録}{進捗時限}{鎌括弧}{カンマ}...=}(15)
{開発}{開発記録}{Cμ 交度規約}{大理容}{希哲13年6月26日}{SQL 文字列}{カンマ}{mn.kitetu.com の SSL 捌き手証明書}{mn.kitetu.com}{文字列リテラル}=}(10)

{希哲13年6月26日の開発 K#F85E/A-5B28-74A6}

今日も大理容の前に作業が挿入された。大理容は更に3日延期。

ただ,内部構造前縁にも大きく影響するため悲観的には捉えていない。

Cμ 交度規約

SQL 文字列リテラルとして表現する時,先頭か末尾に半角スペースを入れた方が連結時に間違いがないが,どちらに入れるか少し迷っていた。カンマで繋ぐ時の事を考え,いったん先頭に入れるように統一してみることにした。

knm_TKNEST 函数の整備開始

輪郭の正規 URI をより統一された手法で扱うため,knm_TKNEST 函数の整備を開始した。

mn.kitetu.comSSL 証明書切れ

21時30分頃,ふと画面を見て mn.kitetu.comSSL 証明書切れに気付いた。20時頃に切れていたようで,作業はワイルドカード証明書を他から写し貼りして5分ほどで終了。

他の捌き手ワイルドカード証明書に移行していたため完全に忘れていた。

{カンマ}

{}